DAZN News

香川、三笘、伊東…日本人選手がベルギーで二番目の勢力に。日本学者の見解「監督にとって夢」| ジュピラー・プロ・リーグ

読了時間 3分
union-mitoma-kaoru (C)Getty Images

ベルギーリーグ(ジュピラー・プロ・リーグ)で空前の日本フィーバーが起きている。

ヘンクの伊東純也がリーグ屈指のウインガーとして地歩を固めれば、参戦1年目の三笘薫はユニオン・サン・ジロワーズの首位躍進に貢献。ベルギーで5シーズン目を戦うシャルルロワのプレーメーカー、森岡亮太も質の高いプレーを見せつづけている。

この冬の移籍市場で、新たに香川真司(PAOK→シント=トロイデン)、坂元達裕(C大阪→オーステンデ)、町田浩樹(鹿島→ユニオン)、渡辺剛(FC東京→コルトレイク)の参戦が決まり、ベルギーリーグでプレーする日本人選手は「15人」まで膨れ上がった。これは最大勢力となっているフランス(35人)に次ぐ多さだ。

言葉も文化もまったく異なる国のリーグに、なぜ日本人選手が殺到しているのか。ベルギーの国営放送局(VRT)が運営するスポーツチャンネル『Sporza』が、日本学者のミハエル・ハウスピ氏による見解を紹介している。

「彼らはグループを最優先にする、控えめで非常に勤勉な労働者です。ベルギーを欧州サッカーへの良い入門として、より大きなコンペティションへの踏み台として見ているんです」

受け皿となっているベルギー側のメリットはなにか。同氏は「彼らは落ち着いていて、礼儀正しく、グループを個人よりも上に置いています。フットボールの監督にとっての夢です」と解説する。

これまで日本人選手のベルギー行きに何度か関与したというハウスピ氏は続ける。

「ヨーロッパに到着したとき、彼らはスポーツプランを優先します。日本のJリーグよりジュピラー・プロ・リーグでは稼げません。ベルギーでの時間を自分たちのキャリアへの投資と見なしているんです。カナダ人のデイビッド(元ヘント)やブキャナン(クルブ・ブルッヘ)に少し似ていますね」

日本人選手が数多くプレーするベルギーリーグは約半月のウインターブレイクを経て、今週末からいよいよ再開する。

ベルギー1部リーグ所属の日本人選手一覧(22年1月14日現在)

ポジション 名前 所属クラブ 市場価値
FW 伊東純也 ヘンク 750万ユーロ
MF 三好康児 アントワープ 280万ユーロ
MF 三笘 薫 ユニオン 250万ユーロ
MF 森岡亮太 シャルルロワ 200万ユーロ
MF 香川真司 シント=トロイデン 120万ユーロ
MF 坂元達裕 オーステンデ 120万ユーロ
FW 原 大智 シント=トロイデン 90万ユーロ
DF 橋岡大樹 シント=トロイデン 90万ユーロ
DF 町田浩樹 ユニオン 85万ユーロ
FW 林 大地 シント=トロイデン 80万ユーロ
DF 渡辺 剛 コルトレイク 80万ユーロ
FW 鈴木武蔵 ベールスホット 70万ユーロ
GK シュミット・ダニエル シント=トロイデン 65万ユーロ
DF 松原 后 シント=トロイデン 50万ユーロ
MF 伊藤達哉 シント=トロイデン 20万ユーロ

関連記事

●   鹿島の町田浩樹がユニオン・サン・ジロワーズと期限付き移籍合意

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース