DAZN News

【2020年度】新型コロナウイルスの影響で、第100回天皇杯は大幅に変更|日程・大会方式

読了時間 2分
20200424_EmperorCup (C)J.LEAGUE

国内3大タイトルの1つとされ、毎年正月に開催される決勝が風物詩となっている天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会。節目となる第100回目を迎える2020年度は、全国88チームのノックアウト方式で5月23日(土)、24日(日)に開幕が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響により度重なる延期の末、大会日程・方式に大きな変更が加えられた。

レギュレーション変更

4月23日に、日本サッカー協会(JFA)が第100回天皇杯の変更方針を発表した。5月の理事会で決議が必要なものの、同発表では開幕戦は9月16日(水)に設定。さらに、大会方式にも大幅な変更が加えられ、参加チームは50チームに絞った7回戦のノックアウト方式となった。

新型コロナウイルスの影響で、大幅に過密日程を強いられているJリーグのレギュラーシーズン消化が考慮され、Jリーグからは2020シーズンの明治安田生命J1リーグの上位2チームのみが準決勝から参加となる。都道府県代表として内定しているJ3クラブも含め、その他のJリーグクラブは参加しないことになった。なお、4月23日の発表時点ではJ1上位2チームの決定方法は検討中とされている。

なお、J1クラブ以外が大会を制覇した場合にはAFCチャンピオンズリーグ出場権が与えられることになるが、一方でいずれのクラブもAFCライセンス未取得のため、同出場権はJ1クラブに権利が振り替えられる。

日程

試合 開催日 備考
1回戦 9月16日(水)  ※都道府県代表32チーム出場
2回戦 9月23日(水)  ※アマチュアシード、都道府県代表15チーム出場
3回戦 10月28日(水)  
4回戦 12月12日(土)、13日(日)  
準々決勝 12月19日(土)、20日(日)  
準決勝 12月27日(日)  ※J1リーグ 2チーム出場
決勝 1月1日(金・祝)  

大会方式

50チームによるノックアウト方式となる。50チームの内訳は下記の通り。
・Jリーグ2チーム(2020シーズン成績上位/決定方法検討中)
・アマチュアシード1チーム(Honda FC/JFL)
・都道府県代表47チーム(所属する第1種加盟チームで、Jクラブを含まない)

関連記事

最新ニュース