DAZN News

【注目チーム】ガスリー&角田裕毅の新たなラインナップに…上位進出に照準|アルファタウリ|F1

2021-02-19 Yuki Tsunoda Gasly Alphatauri Formula 1 F1 Red Bull Content Pool

2005年にレッドブルがF1参戦を果たした1年後、同チームのイタリア語読みであるトロ・ロッソとしてチーム発足。トロ・ロッソとしての活動は2019年でピリオドが打たれ、2020年からは名称が『スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ』となった。

歴史

トロ・ロッソがF1にフル参戦を果たしたのは2006年のこと。1985年~2005年まで30年活動したイタリアのプライベーター、ミナルディを買収して誕生した。

2005年より先にレッドブルがF1へと参入し、トロ・ロッソはその1年遅れで誕生した。レッドブルはドライバーの育成プログラムにも力を注ぎ、トロ・ロッソに若手を登用して実力が認められればレッドブルのドライバーに昇格する、という手法を用いた。

レッドブルのBチームという位置づけでもあったトロ・ロッソはなかなか上位フィニッシュすることができず、初年度の2006年は1ポイントでコンストラクターズ9位、2007年は8ポイントで7位という成績に終わった。

レッドブルより先にF1初優勝

大きな驚きをもたらしたのは2008年のイタリアGPだった。前年2007年よりトロ・ロッソのシートに収まったセバスチャン・ベッテルがキャリア初のポールポジションを獲得すると、決勝ではそのままポールトゥウィンを果たし、参戦3年目のトロ・ロッソにF1初勝利をもたらした。親チームとも言えるレッドブルよりもトロ・ロッソが先に表彰台の真ん中に立つという状況に。前身のミナルディ時代を通しても初のポディウム頂点となった。

また、優勝したベッテルは21歳72日でのF1史上最年少ポールポジション(当時)、21歳73日で史上最年少優勝(当時)という歴史的な初優勝でもあった。このシーズン、トロ・ロッソは39ポイントを奪取しコンストラクターズランキング6位で終えている。

2008年に初勝利をマークしたトロ・ロッソだったが、この後は上位争いから遠ざかる展開が続く。2009年からはコンストラクターズにおいて10位、9位、8位、9位、8位と続き、2013年限りでパワーユニットはフェラーリエンジンからルノーエンジンに変更となった。

2014年以降はコンストラクターズ7位、7位と続き、フェラーリのPOに1年のみ戻った2016年も7位でシーズンを終える。再びルノーエンジンとなった2017年も7位となり、2018年からはエンジンが第4期のホンダに変更。2018年はシーズン9位と順位を落としたものの、2019年からはレッドブル&トロ・ロッソがそろってホンダエンジンを積むことになった。

2019年はドイツGPでダニール・クビアトが3位表彰台に立ち、第20戦ブラジルGPでは終盤でルイス・ハミルトンを抜いたピエール・ガスリーが2位に浮上し、ハミルトンを抑えきって2位フィニッシュ(ハミルトンは後にペナルティを受けて順位降格)を果たし、2人のドライバーがそれぞれ表彰台を経験。チームとしてトロ・ロッソは年間85ポイントをもぎ取り、コンストラクターズ6位でシーズンを終えた。そしてトロ・ロッソとしての名称は2019年でピリオドが打たれ、レッドブルのファッションブランドであるアルファタウリを新たな冠として、2020年からスクーデリア・アルファタウリ・ホンダとして再スタートを切った。

2020年の成績

チーム名の変更とともにカラーリングも白とダークブルーを基調としたデザインに変更となり、2020シーズンへと挑んだ新生アルファタウリ。

だがマクラーレン、レーシング・ポイント、ルノー、フェラーリに比べて上位へと進出するだけの力を欠き、序盤戦はガスリーによるオーストリアGP、イギリスGPでの7位が最上位フィニッシュとなった。

そんなアルファタウリに大きな歓喜が訪れたのは第8戦イタリアGPだった。ガスリーがセーフティーカー導入のタイミングでタイヤ交換を選択して順位を上げると、シャルル・ルクレールのクラッシュにより、レースは一度中断となる。

再スタートでガスリーは2番手に浮上したあと、リーダーのルイス・ハミルトンはピットストップペナルティによって首位から脱落。28周目からガスリーはトップを走行すると、カルロス・サインツの猛追を振り切ってトップでフィニッシュチェッカーを受けた。アルファタウリにとってはF1初勝利。また、前身のトロ・ロッソ時代を含めるとセバスチャン・ベッテルがF1初勝利を果たした2008年のイタリアGPまで遡ることになる。この勝利は2018年からタッグを組んだホンダのパワーユニットを搭載しての記念すべき50戦目という節目でもあった。

この後もガスリーは予選では時折Q3でもメルセデス、レッドブルに次ぐ好タイムをマークするなど、抜群の速さを見せる。ガスリーに比べてポイント奪取数で見劣りしていたクビアトも第13戦エミリア・ロマーニャGPでは驚異的な追い上げを見せ、4位フィニッシュを果たした。

だがマクラーレン、レーシング・ポイント、ルノー、フェラーリと接近した力を示しながらも安定して上位へと進出する頻度に欠け、107ポイントのコンストラクターズ7位で2020シーズンを終えることとなった。

そして2021シーズンはガスリー&角田裕毅のドライバーズラインナップとなることが決定。パワーユニットのホンダは2021シーズン限りでF1活動を終えると公表しており、アルファタウリにとってはさらなる上位進出が期待されるホンダラストシーズンとなる。

ドライバー

ピエール・ガスリー

2020-09-10 Formula 1 F1 Gasly ALPHATAURI

1996年2月7日生まれ|フランス国籍|トロ・ロッソ(2018)、レッドブル(2019)、トロ・ロッソ(2019)、アルファタウリ(2020~)

通算成績(2020年終了時点)

  • 出走/64回 
  • 優勝/1回 
  • PP/0回 
  • FL/2回

2020年の成績

  • 年間:75ポイント/10位 
  • 優勝/1回
  • PP/0回
  • FL/0回
レース名 決勝順位
第1戦オーストリアGP 7位
第2戦シュタイアーマルクGP 15位
第3戦ハンガリーGP Ret,
第4戦イギリスGP 7位
第5戦70周年記念GP 11位
第6戦スペインGP 9位
第7戦ベルギーGP 8位
第8戦イタリアGP 1位
第9戦トスカーナGP Ret.
第10戦ロシアGP 9位
第11戦アイフェルGP 6位
第12戦ポルトガルGP 5位
第13戦エミリア・ロマーニャGP Ret.
第14戦トルコGP 13位
第15戦バーレーンGP 6位
第16戦サクヒールGP 11位
第17戦アブダビGP 8位

プロフィール

角田裕毅

2021-02-19 Yuki Tsunoda Alphatauri Formula 1 F1

2000年5月11日生まれ|日本国籍|アルファタウリ(2021~)

※これまでF1での出走はなし

関連記事

チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 ポルトガルGP 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月21日(金) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 カナダGP 6月11日(金) ~ 12日(土) 6月13日(日)
第8戦 フランスGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 シンガポールGP 10月1日(金) ~ 2日(土) 10月3日(日)
第17戦 日本GP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第18戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第19戦 メキシコGP 10月29日(金) ~ 30日(土) 10月31日(日)
第20戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第21戦 オーストラリアGP 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第22戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第23戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

F1の視聴方法

DAZNでは2021年もF1™全レース配信予定。またメインフィード、オンボードカメラ、ドライバーズ・トラッカー、ライブタイミングを一つの画面で見ることができるオリジナル番組「F1 ZONE」や、「F1 LAB(ラボ)」といったコンテンツを配信。さらにレース後にはハイライト映像が配信され、また2週間見逃し配信が視聴可能だ。 また、F1™以外にもJリーグ、欧州サッカー、プロ野球など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。

DAZNの月額料金は1,925円 (税込)。加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力すれば登録完了、1ヶ月無料体験がスタート
  3. DAZNアプリをテレビ、タブレット、スマホにダウンロードすれば視聴開始できる

関連記事

最新ニュース