DAZN News

【注目チーム】伊の古豪アルファロメオ、2022年はボッタス&チョウ・グァンユにラインナップ一新|アルファロメオ|F1

読了時間 6分
2022-03-10 Zhou Guanyu Alfa Romeo Alfaromeo F1 Formula 1 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

現チームの前身は1993年よりF1に参戦してきたザウバーであり、ネーミングライツにより2019年からアルファロメオ・レーシングとしてF1にフル参戦。現在のエントリー名称は『アルファロメオ・レーシング・オーレン』となる。

F1初年度の王者がネーミングライツで2019年から再スタート

長らくF1で活動してきたザウバーが、2018年は「アルファロメオ・ザウバーF1チーム」の名前でエントリー。このシーズンは48ポイントを奪取し、コンストラクターズ8位でシーズンを終えた。

買収や譲渡を介したわけではないが、ネーミングライツによって2019年よりザウバーの冠が外れることに。新たなチーム登録名は「アルファロメオ・レーシング」となり、2007年のワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンを迎え、アントニオ・ジョビナッツィとのラインナップでシーズンを迎えた。

2019年、57ポイントを手にしてコンストラクターズ8位でシーズンを終えることに。2020年は同様に総合8位ながら、獲得ポイントはわずか8と、低迷する結果となった。

2021年はウィリアムズに抜かれ総合9位

2021-03-12 Raikkonen Alfa Romeo Alfaromeo F1 Formula 1

2021年はなかなか上位勢と対等に戦うことができず、シーズンを通じてライコネンが入賞4回、ジョビナッツィが入賞2回でシーズン13ポイント奪取に留まった。ウィリアムズが23ポイントで総合8位に浮上し、アルファロメオは9位にポジションを下げた。

シーズン中盤には元王者ライコネンがF1からの引退を表明し、同じフィンランド出身のバルテリ・ボッタスが2022年から加わることが発表された。

ジョビナッツィは2022年のシートが未確定のまま終盤戦を迎える。するとF2で年間3位となりスーパーライセンス取得条件をクリアした中国人ドライバー、チョウ・グァンユが2022年のレギュラードライバーになると公式発表された。

これでアルファロメオは2022年ボッタス&チョウのラインナップとなり、顔ぶれが一新することとなった。

F1草創期のワークスとは異なる?

ザウバーF1チームのネーミングライツにより、アルファロメオ・レーシングとなった同チームだが、F1においてアルファロメオと言えば1950年~1951年、1963年、1965年、1979年~1985年と草創期から何度もF1に参戦していたことでも知られる。

2019年よりF1にフル参戦しているアルファロメオの運営組織は、ザウバー・モータースポーツAGとなる。F1黎明期の1950~1951年、2名の王者を輩出した古豪、名門ワークスチームのアルファロメオとは母体が異なる。

もともとアルファロメオは1920年代よりモータースポーツに力を注いでおり、後の1947年にフェラーリを立ち上げたエンツォ・フェラーリ氏は1920~1930年代にかけてアルファロメオのレース部門総責任者だった。

1950年、F1初年度の時点でアルファロメオは本家のワークスチーム、スクーデリア・フェラーリは分家のセミワークスチームという位置付けだった。F1初年度の1950年、アルファロメオはジュゼッペ・ファリーナ、ファン・マヌエル・ファンジオなどを擁し、3勝をマークしたファリーナが初代ワールドチャンピオンに輝いている。

翌1951年もアルファロメオは圧倒的な強さを見せつけ、2年目は3勝をマークしたファンジオが王座を獲得している。また、このときは追う立場だった弟分、フェラーリが第5戦イギリスGPでアルファロメオのファンジオを下し、フロライン・ゴンサレスが表彰台の頂点に立った。フェラーリがF1初優勝を果たした後、総帥エンツォ・フェラーリが「私は母を殺してしまった!」と口にしたエピソードはいまだ語り草となっている。

アルファロメオはF1開始から2年連続で王者を生み出すも、資金不足に伴い1951年でF1から撤退してしまう。

F1開始の2年間以外は低迷

1960年~1971年にかけてはエンジンサプライヤーとしてF1に携わり、1963年、1965年にはアルファロメオ・スペシャルという名称でF1にスポット参戦したことも。

その後1979年よりアウトデルタとしてF1に復帰。1980年からはマールボロ・チーム・アルファロメオとなり、1984年からはベネトン・チーム・アルファロメオに改称。だがこの間、チームは優勝争いに絡むことができず、1985年をもってF1から撤退している。

なお、1984~1985年はベネトン・チーム・アルファロメオという名称となっているが、後にF1でタイトルを獲得したベネトンはトールマンを買収して1986年より発足したため、アルファロメオ運営のレーシングチームとは系譜が異なる。

ドライバー

バルテリ・ボッタス

2022-01-07 Bottas Alfa Romeo Alfaromeo F1 Formula 1

1989年8月28日生まれ|フィンランド国籍|ウィリアムズ(2013~2016)、メルセデス(2017~)、アルファロメオ(2022~)

通算成績(2021年終了時点)

  • 出走/179回 
  • 優勝/10回 
  • PP/20回 
  • FL/19回

2021年の成績

  • 年間:226ポイント/3位
  • 優勝/1回
  • PP/4回
  • FL/4回
レース名 決勝順位
第1戦バーレーンGP 3位
第2戦エミリア・ロマーニャGP Ret.
第3戦ポルトガルGP 3位
第4戦スペインGP 3位
第5戦モナコGP Ret.
第6戦アゼルバイジャンGP 12位
第7戦フランスGP 4位
第8戦シュタイアーマルクGP 3位
第9戦オーストリアGP 2位
第10戦イギリスGP 3位
第11戦ハンガリーGP Ret.
第12戦ベルギーGP 12位
第13戦オランダGP 3位
第14戦イタリアGP 3位
第15戦ロシアGP 5位
第16戦トルコGP 1位
第17戦アメリカGP 6位
第18戦メキシコGP 15位
第19戦サンパウロGP 3位
第20戦カタールGP Ret.
第21戦サウジアラビアGP 3位
第22戦アブダビGP 6位

チョウ・グァンユ

2022-01-07 Zhou Guanyu Alfa Romeo Alfaromeo F1 Formula 1

1999年5月30日生まれ|中国国籍|アルファロメオ(2022~)

※これまでのF1の出走はなし

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月18日(金) ~19日(土) 3月20日(日)
第2戦 サウジアラビアGP 3月25日(金) ~26日(土) 3月27日(日)
第3戦 オーストラリアGP 4月8日(金) ~4月9日(土) 4月10日(日)
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4月22日(金) ~ 23日(土) 4月24日(日)
第5戦 マイアミGP 5月6日(木) ~7日(土) 5月8日(日)
第6戦 スペインGP 5月20日(金) ~21日(土) 5月22日(日)
第7戦 モナコGP 5月27日(金) ~ 28日(土) 5月29日(日)
第8戦 アゼルバイジャンGP 6月10日(金) ~11日(土) 6月12日(日)
第9戦 カナダGP 6月17日(金) ~ 18日(土) 6月19日(日)
第10戦 イギリスGP 7月1日(金) ~ 2日(土) 7月3日(日)
第11戦 オーストリアGP 7月8日(金) ~9日(土) 7月10日(日)
第12戦 フランスGP 7月22日(金) ~23日(土) 7月24日(日)
第13戦 ハンガリーGP 7月29日(金) ~ 30日(土) 7月31日(日)
第14戦 ベルギーGP 8月26日(金) ~ 27日(土) 8月28日(日)
第15戦 オランダGP 9月2日(金) ~3日(土) 9月4日(日)
第16戦 イタリアGP 9月9日(金) ~ 10日(土) 9月11日(日)
第17戦 シンガポールGP 9月30日(金) ~10月 1日(土) 10月2日(日)
第18戦 日本GP 10月7日(金) ~ 8日(土) 10月9日(日)
第19戦 アメリカGP 10月21日(金) ~ 22日(土) 10月23日(日)
第20戦 メキシコGP 10月28日(金) ~ 29日(土) 10月30日(日)
第21戦 サンパウロGP 11月11日(金) ~ 12日(土) 11月13日(日)
第22戦 アブダビGP 11月18日(金) ~ 19日(土) 11月20日(日)

最新ニュース