DAZN News

【注目ドライバー】テールエンダーで奮闘も…浮上を目指すニコラス・ラティフィ|ウィリアムズ|F1

読了時間 8分
2021-03-12 Latifi Williams F1 Formula 1 Getty Images

経歴

欧州へ活動の場を移しF1を目指す

1995年生まれのニコラス・ラティフィは、13歳からカートキャリアをスタートさせ、母国カナダやアメリカでその腕を磨いた。また、2012年にはイタリアF3でフォーミュラデビューを果たすと同時に、フォードマスタングGTといったスポーツカーのレースにも参戦するなど、幅広いキャリアを築いている。

その後、本格的に活動の場をヨーロッパへ移し、イギリスF3やフォーミュラ・ルノー3.5に参戦。勝利こそなかったが、時折表彰台に上がるなど勝負強さを見せ、着々とカテゴリーをステップアップしていった。

2014年には第21戦アブダビGPフィーチャーレースから急遽GP2(現F2)に参戦を発表。翌2015年も8レースにスポット参戦して経験を積み、2016年からはレギュラードライバーとしてエントリーすることに。

F2で4シーズンの武者修行を経てF1へ

2020-07-22 Formula 1 F1 Latifi

2016年は開幕戦で2位表彰台を獲得したものの、その後はポイント獲得に苦戦し、総合16位に終わった。だが翌2017年は第12戦ドイツGPスプリントレースで念願の初勝利を果たすなど、総合5位で躍進のシーズンとなった。

F2では3シーズン目となる2018年は総合9位の成績だったが、翌年は開幕5戦で3勝と絶好のシーズンスタートを決め、その後も後半戦にかけて表彰台を複数回獲得。ランキング2位になりタイトル目前の位置まで上り詰めた。

また、F2フル参戦と同じく2016年から、ルノーのテストドライバーを務めていたラティフィ。2018年にはフォース・インディア(現レーシング・ポイント)のテストドライバーに就任し、金曜日のフリー走行を担当するなど、F1マシンの走行経験を積み重ねていた。そしてF2の好成績とF1での経験も評価され、2020年シーズンから、前年までテストドライバーを務めたウィリアムズで悲願のF1デビューを果たすこととなった。

低迷する名門で苦闘続き

1970年代よりプライベーターとしてF1に参戦し、数々のタイトルを獲得してきたウィリアムズだったが、近年はマシンのポテンシャル不足が顕著となり、テールエンダーの位置が目立つ状況に。また、ウィリアムズの相棒ジョージ・ラッセルが実力者ということもあり、2020シーズンは予選でラッセル相手にラティフィは16戦すべて(ラッセルがメルセデスよりスポット参戦したサクヒールGPは除く)、予選でポジションが下という状況に。

ラティフィはオーストリア、イタリア、エミリア・ロマーニャの3GPであわやポイント奪取の11位フィニッシュとなったが、一度も入賞できずにシーズンを終えることになった。

父マイケルはカナダの富豪であり、ウィリアムズのシャシーにも父が運営する食品会社「SOFINA」などがスポンサーとして刻まれている。一時は“ペイドライバー”とも言われたラティフィだが、下位チームで奮闘を続けていることから、今ではバックグラウンドとは関係なくF1で一定の評価を得ている状況だ。

迎える2021シーズン、F1でのレギュラードライバー2年目となるラティフィは成長を見せたいところ。名門ウィリアムズはコンストラクターズ最下位の位置から脱せるかどうか。そのためには、カナダ人ドライバーの躍進は欠かせない要素となる。

プロフィール

ニコラス・ラティフィ

2021-03-13 Latifi Williams F1 Formula 1

1995年6月29日生まれ|カナダ国籍|ウィリアムズ(2020~)

通算成績(2020年終了時点)

  • 出走/17回 
  • 優勝/0回 
  • PP/0回 
  • FL/0回
チーム名 勝利数 年間成績
2020年 ウィリアムズ 0勝 21位

2020年の成績

  • 年間:0ポイント/21位 
  • 優勝/0回
  • PP/0回
  • FL/0回
レース名 決勝順位
第1戦オーストリアGP 11位
第2戦シュタイアーマルクGP 17位
第3戦ハンガリーGP 19位
第4戦イギリスGP 15位
第5戦70周年記念GP 19位
第6戦スペインGP 18位
第7戦ベルギーGP 16位
第8戦イタリアGP 11位
第9戦トスカーナGP Ret.
第10戦ロシアGP 16位
第11戦アイフェルGP 14位
第12戦ポルトガルGP 18位
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11位
第14戦トルコGP Ret.
第15戦バーレーンGP 14位
第16戦サクヒールGP Ret,
第17戦アブダビGP 17位

関連記事

チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 ポルトガルGP 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月20日(木) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 フランスGP 6月18日(金) ~ 19日(土) 6月20日(日)
第8戦 シュタイアーマルクGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 トルコGP 10月1日(金) ~ 2日(土) 10月3日(日)
第17戦 日本GP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第18戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第19戦 メキシコGP 10月29日(金) ~ 30日(土) 10月31日(日)
第20戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第21戦 オーストラリアGP 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第22戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第23戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

F1の視聴方法

DAZNでは2021年もF1™に加えて、F2、F3の全レースが配信予定。さらにF1™各グランプリの予選、決勝時にはオリジナル番組『F1 ZONE』が配信される。メインフィード、オンボードカメラ、タイムフィード、ドライバートラッカーの4つのフィードを一つの画面で見ることができる画期的な番組だ。

毎週水曜日には、新コンテンツ「WEDNESDAY F1 TIME」が配信される。コース紹介や各コーナーの攻略法を交えたレースプレビュー、レース後に注目のF1ドライバー、角田裕毅選手がレースを振り返る。

また、各グランプリ後の金曜日には、未公開映像を交えながら、F1™中継の解説を務める小倉茂徳氏と田中健一氏が、ビハインド・ザ・シーンで各レースを振り返る『F1 LAB(ラボ)』が配信され、レース以外の日でもF1™に触れることができる。

DAZNの月額料金は1,925円 (税込)。加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力すれば登録完了、1ヶ月無料体験がスタート
  3. DAZNアプリをテレビ、タブレット、スマホにダウンロードすれば視聴開始できる

関連記事

最新ニュース