DAZN News

【注目ドライバー】将来のチャンピオン候補、英国の大器ジョージ・ラッセル|ウィリアムズ|F1

読了時間 5分
2021-03-12 Russell Williams F1 Formula 1 Getty Images

経歴

順風満帆なキャリアのスタート

英国ノーフォーク州で生まれたジョージ・ラッセルは、8歳からカートのキャリアをスタートする。めきめきと頭角を現したラッセルは、3年後2009年に国内のカート選手権で2冠を果たすと、翌年には3つの選手権でタイトルを獲得し、知名度を高めていった。

その後もカートで数々のタイトルを獲得したのち、2014年にフォーミュラ・ルノー2.0でシングルシーターデビュー。総合4位と上々の結果を残し、さらに同年に参戦したイギリスF4では見事にチャンピオンを獲得。F3へのステップアップを果たした。

2シーズンを過ごしたF3ではチャンピオンにはなれなかったものの、ルーキーシーズンに総合6位。翌2016年は勝ち星を増やして総合3位に入ったことでさらに評価を高め、メルセデスのジュニア・ドライバー・プログラム入りが発表された。

GP3→F2→F1へ毎年ステップアップ

2017年にはGP3に参戦。シーズンを通して上位争いを繰り広げ、4勝を挙げて初年度でタイトルを獲得。第9戦のベルギーGPフィーチャーレースでは、優勝に加えてポールポジションとファステストラップを記録する「ハットトリック」を達成した。

F2にステップアップした2018年もラッセルの勢いは留まるところを知らず、全24戦中11戦で表彰台を獲得し、2位ランド・ノリスに70ポイント近い差をつけ、参戦初年度でチャンピオンに輝いた。

王座をF2で争いながら、メルセデスのリザーブドライバーを務めていたラッセルだが、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが好成績を残すなかで、メルセデスのレギュラーシート獲得は叶わず、メルセデスのパワーユニットを使用するウィリアムズから2019年にデビューすることとなった。

競争力の劣るマシンで奮闘

ロバート・クビサをチームメイトに戦ったF1でのデビューシーズン、2019年は競争力の低いウィリアムズのマシンで奮闘するも、ライバルチームとの争いは苦戦を強いられた。ほぼすべてのレースでテールエンダーが定位置になりながらも、F1優勝経験を持つベテランの同僚に対しても、常に上回る速さを見せた。そのため、ラッセルの評価が下がるようなことはなかった。

2020シーズンは、ルーキーのニコラス・ラティフィをチームメイトに迎えた。ラッセルは下位チームながら目に見える奮闘を見せ、ウィリアムズのマシンを駆って予選では9度に渡ってQ2進出を果たした。

2020年第16戦はメルセデスからスポット参戦

2020-12-10 Russell Formula 1 F1 Sakhir

そして改めてその実力を示したのは第16戦サクヒールGPだ。このレースの直前、メルセデスのルイス・ハミルトンが新型コロナウイルス陽性となったため、レース欠場が確定。メルセデスはジュニア・ドライバー・プログラム育ちのラッセルをスポット参戦で起用することを公表。一方でウィリアムズはF2参戦中のジャック・エイトキンをラッセルの穴埋め役としてレースに送り出した。

ラッセルはチャンピオンマシンに乗り、サクヒールGPでは金曜から土曜にかけてのフリー走行でトップタイムを連発。だが予選では僅差でバルテリ・ボッタスに敗れ、2番手スタートとなった。なお、ラッセルがF1キャリアにおいて、予選で同僚に敗れたのはF1キャリア37戦目でこれが初のことだった。

決勝ではオープニングラップでボッタスを抜き、以降はラップリーダーとしてレースをリード。あわや初優勝かとも思える状況だったが、終盤に起こったまさかのピットミス+タイヤのパンクという不運の連続で順位を大きく下げ、そこからオーバーテイクを連発するも9位でレースを終えた。2ポイント+ファステストラップの1ポイントを奪取し、これがラッセルにとってここまで唯一のF1キャリア入賞となっている。

改めてF1でトップレベルの実力者であることを示したラッセルは2021シーズン、低迷するウィリアムズを再び浮上させることができるのか大きな期待を集めることになる。

プロフィール

ジョージ・ラッセル

2021-03-13 Russell Williams F1 Formula 1

1998年2月15日生まれ|イギリス国籍|ウィリアムズ(2019~)、メルセデス(2020※第16戦サクヒールGPのみスポット参戦)

通算成績(2020年終了時点)

  • 出走/38回 
  • 優勝/0回 
  • PP/0回 
  • FL/1回
チーム名 勝利数 年間成績
2019年 ウィリアムズ 0勝 20位
2020年 ウィリアムズ/メルセデス 0勝 18位

2020年の成績

  • 年間:3ポイント/18位 
  • 優勝/0回
  • PP/0回
  • FL/1回
レース名 決勝順位
第1戦オーストリアGP Ret.
第2戦シュタイアーマルクGP 18位
第3戦ハンガリーGP 18位
第4戦イギリスGP 12位
第5戦70周年記念GP 18位
第6戦スペインGP 17位
第7戦ベルギーGP Ret.
第8戦イタリアGP 14位
第9戦トスカーナGP 11位
第10戦ロシアGP 18位
第11戦アイフェルGP Ret.
第12戦ポルトガルGP 14位
第13戦エミリア・ロマーニャGP Ret.
第14戦トルコGP 16位
第15戦バーレーンGP 12位
第16戦サクヒールGP 9位※
第17戦アブダビGP 15位

※メルセデスからスポット参戦

関連記事

チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 ポルトガルGP 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月20日(木) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 フランスGP 6月18日(金) ~ 19日(土) 6月20日(日)
第8戦 シュタイアーマルクGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 トルコGP 10月1日(金) ~ 2日(土) 10月3日(日)
第17戦 日本GP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第18戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第19戦 メキシコGP 10月29日(金) ~ 30日(土) 10月31日(日)
第20戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第21戦 オーストラリアGP 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第22戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第23戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

F1の視聴方法

DAZNでは2021年もF1™に加えて、F2、F3の全レースが配信予定。さらにF1™各グランプリの予選、決勝時にはオリジナル番組『F1 ZONE』が配信される。メインフィード、オンボードカメラ、タイムフィード、ドライバートラッカーの4つのフィードを一つの画面で見ることができる画期的な番組だ。

毎週水曜日には、新コンテンツ「WEDNESDAY F1 TIME」が配信される。コース紹介や各コーナーの攻略法を交えたレースプレビュー、レース後に注目のF1ドライバー、角田裕毅選手がレースを振り返る。

また、各グランプリ後の金曜日には、未公開映像を交えながら、F1™中継の解説を務める小倉茂徳氏と田中健一氏が、ビハインド・ザ・シーンで各レースを振り返る『F1 LAB(ラボ)』が配信され、レース以外の日でもF1™に触れることができる。

DAZNの月額料金は1,925円 (税込)。加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力すれば登録完了、1ヶ月無料体験がスタート
  3. DAZNアプリをテレビ、タブレット、スマホにダウンロードすれば視聴開始できる

関連記事

最新ニュース