DAZN News

【2021】各チームの力勝負は必見!第7戦フランスGPの舞台はポール・リカール・サーキット|開催日程・放送予定

読了時間 6分
2021-05-22 2019 France F1 Formula 1 Getty Images

2020シーズンのF1は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、7月上旬に開幕戦を迎え、12月中旬の第17戦アブダビGPで最終戦を迎えるという未曾有のシーズンとなった。

翌2021年のF1も3月にオーストラリアで開幕する予定だったが、昨今の感染症事情によりオーストラリアでの実施は11月へとスライドになり、第2戦予定だったバーレーンが繰り上がりで開幕戦に設定された。1シーズンあたり過去最多グランプリ数となる全23戦で世界を転戦する予定となっている。

F1第7戦フランスGP 概要

激動のアゼルバイジャンGPを終えて、戦いの舞台はフランスへ。2020年はコロナ禍により中止となったフランスGPが2年ぶりの開催となる。

前戦のアゼルバイジャンGPは、予想外の出来事が次々に起こる大波乱のレースだった。46周目までトップを快走し、勝利確実と思われたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がタイヤのバーストによりまさかのリタイア。中断後のリスタートではルイス・ハミルトン(メルセデス)が抜群の蹴り出しでトップに躍り出そうになるも、タイヤをロックアップさせてしまい、カーブを曲がることができずにコースアウトして優勝戦線から脱落した。

モナコに続き、2戦連続となった公道レースで苦戦を強いられたメルセデス。アゼルバイジャンGPでは両ドライバーともポイント圏内に入れなかったため、コンストラクターズランキングでレッドブルに26ポイント差をつけられてしまった。メルセデスが無得点でグランプリを終えたのは2018年のオーストリアGP以来で、チームのショックは決して小さくはないだろう。しかし、常設サーキットに戻ればメルセデスは速さを取り戻すはずと見る向きは多い。

完勝を収めたレッドブル陣営も、この2戦が良かったからと言って次が同じとは限らないと兜の緒を締めている。果たして絶対王者メルセデスは、本来の姿を取り戻せるのだろうか。

大荒れとなったレースで勝利をつかんだのはレッドブルのセルジオ・ペレスだった。レーシング・ポイントからレッドブルへ移籍後初勝利のペレスは、徐々にレッドブルのマシン特性を理解し始めている。ランキングでトップ争いを繰り広げる先述の2人がノーポイントに終わったことでその差は縮まっており、ペレスがここからタイトル争いに絡んでいけるかも見どころのひとつだ。

もう1人注目したいドライバーは、アゼルバイジャンGPで見事3位に入り、自身3度目の表彰台を獲得したピエール・ガスリー。F1というカテゴリーの中で着実に存在感を増してきているアルファタウリのエースドライバーは 、今週末のグランプリで母国に凱旋する。フランスGPでは1日当たり最大15000人の観客動員が可能となっており、これは今季の最多観客数の約3倍にあたる数字で、地元からの声援はきっと大きな後押しになるだろう。ガスリーの他にもエステバン・オコンとその所属チームであるアルピーヌが、ホームグランプリを戦うことになる。彼らの活躍にも期待したい。

角田裕毅(アルファタウリ)は前戦で自己最高の7位入賞を果たした。フランスGPの舞台ポール・リカール・サーキットは、F3やユーロフォーミュラ・オープンで走行した経験がある。ここまではトップカテゴリーでの戦いに苦戦した感もあるが、6戦中4戦が初めてのサーキットだったことを考えると、勝手知ったるサーキットを走る次戦はこれまで以上に期待が持てそうだ。

フランスGPを皮切りに、オーストリアでの連戦を含むヨーロッパ三連戦に突入するF1。重要な初戦で勝利をつかむのはいったい誰か。

コースの成り立ち

南仏のマルセイユ近郊に位置するポール・リカール・サーキット。1970年に地中海からもほど近い小高い丘の上に、サーキット名の由来でもあるポール・リカール氏によって建設された。

1.8kmにおよぶミストラル・ストレートが特徴的で、1971年にF1初開催。以降20年間で14回、フランスGPの舞台として使用されている。

1991年からはフランスGPの開催地がマニクールに移ったことで、しばらくF1から離れる時期が続くが、その期間にヘルマン・ティルケによる改修工事を実施。レーシングカーのみならず、市販車などの開発にも使えるよう、167通りのレイアウト設定が可能で、人工的にウエットコンディションを作り出すことも可能なハイテク・テスト・トラックとして生まれ変わった。

また、フランス国旗を彷彿とさせるコースに沿いの青と赤のラインは、グラベルの代わりとなる摩擦係数の高い路面となっており、コースアウトした車がクラッシュすることなく減速できるよう、安全性に関する様々な研究に基づいて作られている点も特徴だ。

2009年以降は、世界耐久選手権やユーロF3、2輪のレースなど、様々なカテゴリーのレースも開催できるように再整備を行い、2018年からフランスGPの舞台として、F1カレンダーに名を連ねている。

レース開催日程・DAZN配信予定

第7戦フランスGP/ポール・リカール・サーキット

F1

配信予定 配信内容 実況・解説
6月18日(金)
18:30~
フリー走行
1回目
解説:柴田久仁夫 田中健一
6月18日(金)
22:00~
フリー走行
2回目
解説:小倉茂徳 実況:笹川裕昭
6月19日(土)
19:00~
フリー走行
3回目
解説:小倉茂徳 実況:サッシャ
6月19日(土)
22:00~
予選
F1ゾーン:予選
解説:中野信治 実況:サッシャ
6月20日(日)
21:20~
決勝
F1ゾーン:決勝
解説:中野信治 実況:サッシャ

サーキット(ポール・リカール・サーキット)

2021-05-22 France Circuit F1 Formula 1

様々なレイアウトが可能なサーキットだが、2018年のフランスGP復活以降は1周5842メートルで、15のコーナーをつなぐコースが使用されている。

1コーナーに向かうメインストレートと、シケインで区切られたミストラル・ストレートの手前がDRS区間となっており、前車の後ろにつけば、オーバーテイクは比較的可能なサーキットだ。またコースサイドが広いため、ドライバーたちはコース幅を限界まで使って攻める姿が見られるだろう。

ロングストレートだけでなく、セクター1とセクター3には低速から高速までバリエーション豊富なコーナーが並んでおり、53周のレースを手にするには、マシンの総合力がカギを握る。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大により開催がキャンセルされたが、それ以前は2018年、2019年とルイス・ハミルトンが2年連続でポール・トゥ・ウィンを飾っている。

関連記事

チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月26日(金) ~27日(土) 3月28日(日)
第2戦 エミリア・ロマーニャGP 4月16日(金) ~17日(土) 4月18日(日)
第3戦 ポルトガルGP 4月30日(金) ~5月1日(土) 5月2日(日)
第4戦 スペインGP 5月7日(金) ~ 8日(土) 5月9日(日)
第5戦 モナコGP 5月20日(木) ~22日(土) 5月23日(日)
第6戦 アゼルバイジャンGP 6月4日(金) ~5日(土) 6月6日(日)
第7戦 フランスGP 6月18日(金) ~ 19日(土) 6月20日(日)
第8戦 シュタイアーマルクGP 6月25日(金) ~26日(土) 6月27日(日)
第9戦 オーストリアGP 7月2日(金) ~ 3日(土) 7月4日(日)
第10戦 イギリスGP 7月16日(金) ~ 17日(土) 7月18日(日)
第11戦 ハンガリーGP 7月30日(金) ~31日(土) 8月1日(日)
第12戦 ベルギーGP 8月27日(金) ~28日(土) 8月29日(日)
第13戦 オランダGP 9月3日(金) ~ 4日(土) 9月5日(日)
第14戦 イタリアGP 9月10日(金) ~ 11日(土) 9月12日(日)
第15戦 ロシアGP 9月24日(金) ~25日(土) 9月26日(日)
第16戦 シンガポールGP 10月1日(金) ~ 2日(土) 10月3日(日)
第17戦 日本GP 10月8日(金) ~ 9日(土) 10月10日(日)
第18戦 アメリカGP 10月22日(金) ~ 23日(土) 10月24日(日)
第19戦 メキシコGP 10月29日(金) ~ 30日(土) 10月31日(日)
第20戦 サンパウロGP 11月12日(金) ~ 13日(土) 11月14日(日)
第21戦 オーストラリアGP 11月19日(金) ~ 20日(土) 11月21日(日)
第22戦 サウジアラビアGP 12月3日(金) ~ 4日(土) 12月5日(日)
第23戦 アブダビGP 12月10日(金) ~ 11日(土) 12月12日(日)

F1の視聴方法

DAZNでは2021年もF1™に加えて、F2、F3の全レースが配信予定。さらにF1™各グランプリの予選、決勝時にはオリジナル番組『F1 ZONE』が配信される。メインフィード、オンボードカメラ、タイムフィード、ドライバートラッカーの4つのフィードを一つの画面で見ることができる画期的な番組だ。

毎週水曜日には、新コンテンツ「WEDNESDAY F1 TIME」が配信される。コース紹介や各コーナーの攻略法を交えたレースプレビュー、レース後に注目のF1ドライバー、角田裕毅選手がレースを振り返る。

また、各グランプリ後の金曜日には、未公開映像を交えながら、F1™中継の解説を務める小倉茂徳氏と田中健一氏が、ビハインド・ザ・シーンで各レースを振り返る『F1 LAB(ラボ)』が配信され、レース以外の日でもF1™に触れることができる。

DAZNの月額料金は1,925円 (税込)。加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力すれば登録完了、1ヶ月無料体験がスタート
  3. DAZNアプリをテレビ、タブレット、スマホにダウンロードすれば視聴開始できる

関連記事

最新ニュース