DAZN News

【2022】メルボルンで3年ぶりF1開催、第3戦オーストラリアGP|開催日程・放送予定

読了時間 6分
2022-04-06 Australia Albert Park F1 Formula 1 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2021シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響もあり、日本やシンガポール、カナダ、オーストラリアなどでの開催が断念する運びに。それでも全世界を転戦し、全22レースを消化した。

迎えた2022年もF1は世界じゅうを転戦する見通し。もちろん昨今の感染症事情によりスケジュールについては変動の可能性もあるが、現状では1シーズンあたり過去最多グランプリ数となる、全23戦で行われる予定となっている。

F1第3戦オーストラリアGP 概要

中東での開幕2連戦を終え、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとフェラーリのシャルル・ルクレールという新たな基軸が見えてきた今シーズンのF1。続く第3戦の舞台は3年ぶりの開催となるオーストラリアGPだ。

開幕戦バーレーンGPではルクレール、第2戦サウジアラビアGPではフェルスタッペンと、ここまで1勝ずつを分け合っている両者。バーレーンGPでフェルスタッペンのマシンにトラブルが出たため、ポイントではルクレールが20ポイント先行しているものの、過去2戦では随所で抜きつ抜かれつの激しいバトルを繰り返しており、現時点での実力は互角と見られる。F1新時代の一騎打ちは早くも過熱している。

1996年以降シーズンの開幕戦を担っていたオーストラリアGPは、今季は第3戦として行われる。コロナ禍による2度の中止を経て、3年ぶりの開催を待つアルバート・パーク・サーキットではレイアウトの変更やコースの改修に加え、前例のない4カ所のDRS区間が設けられる。

その主たる目的はオーバーテイクの促進にあり、接近戦を増やしてレースをよりエキサイティングにするという、今季のレギュレーション変更が目指したものとの親和性も高い。平均時速も上がり、高速コーナーも増える今季のオーストラリアGPを両者はいかに戦うのだろうか。

サウジアラビアGPでは異なる戦略を取ったレッドブルとフェラーリ。フェラーリが大きなダウンフォースを得るセッティングを選択した一方、レッドブルはこれを削る選択をした。結果フェラーリは低中速コーナーで優れたパフォーマンスを発揮したが、ストレートではレッドブルに差をつけられることになった。タイヤの劣化など複雑に要素が絡み合い、最終的にレースを制したのはレッドブル。新しく生まれ変わるオーストラリアGPに両者がどのようなセッティングで臨むのかは非常に興味深いものがある。実力が拮抗している今季の争いにおいては、ほんの些細な差が勝負を分けることも十分に考えられる。

他のドライバーに目を向けると、サウジアラビアGPでキャリア初のポールポジションを獲得したセルジオ・ペレスは、ピットインでの不運がなければ1勝目を挙げていた可能性が高く、今後も期待が持てる。また、2戦ともに2位、3位と確実に表彰台を獲得しているカルロス・サインツにも十分チャンスはありそうだ。

一方心配なのはメルセデス勢で、サウジアラビアではルイス・ハミルトンがまさかの予選Q1敗退。メルセデス製パワーユニットでQ3に進んだのはジョージ・ラッセルのみと、明るい兆しが見えない。昨季までの絶対王者が目を覚ますのはいつになるだろうか。

開幕戦でレッドブル勢唯一の入賞を果たしながら、サウジアラビアGPではマシントラブルによりスタートできなかった角田裕毅も鬱憤を晴らしたいところ。さらに、新型コロナウイルス感染により開幕2連戦を欠場していたセバスチャン・ベッテルが、現役ドライバー中最多3回の優勝を誇るオーストラリアGPで復帰の見込みだ。見どころが満載の新時代のオーストラリアGPは、まもなく開催を迎える。

オーストラリアGPの成り立ち

2020-03-14-F1-Australia GP

舞台はメルボルンにあるアルバート・パーク・サーキット。今年は第3戦だが1996年以降、ほとんどの年で開幕戦の舞台となっているため、「開幕=オーストラリアGP」という印象の方も多いだろう。

この市街地コースでは、毎年F1以外のレースは行われていないのだが、中止となった2021年にサーキットのレイアウト変更を実施。コーナーの角度を緩くしたり、右・左と続く連続シケインを全開走行可能ななだらかなカーブに変更。よりレースを盛り上げるために、平均走行速度もラップタイムも早める方針で、大型改修を行った。

コース幅が狭く、ストレートが短いため、比較的コース上での追い抜きは少ないオーストラリアGPだが、レイアウト改修に加えて、2022年の新たなマシン規定のもと、はたしてどのようなバトルが繰り広げられるのか、とても興味深い。

レース開催日程・DAZN配信予定
第3戦オーストラリアGP/アルバート・パーク・サーキット
 

配信予定 配信内容 実況・解説
4月8日(金)
12:00
フリー走行
1回目
解説:小倉茂徳 実況:サッシャ
4月8日(金)
15:00
フリー走行
2回目
解説:田中健一 実況:サッシャ
4月9日(土)
12:00
フリー走行
3回目

解説:柴田久仁夫 解説:サッシャ

4月9日(土)
15:00
予選
F1ゾーン:予選
解説:中野信治 実況:サッシャ
4月10日(日)
14:00
決勝
F1ゾーン:決勝
解説:中野信治 実況:サッシャ
 

サーキット(アルバート・パーク・サーキット)

2022-04-07 Australia Albert Park Circuit F1 Formula 1

オーストラリアのメルボルンにあるアルバート・パーク内の湖を周回する道路を使った半公道サーキット。1周は5.303km、全58周で行われる。

常設のサーキットではないため、ランオフエリアが狭く、路面が滑りやすいことから、荒れたレース展開になることでも知られている。

今回はDRSが4カ所あり、そのDRSが2度続くセクションが大まかに2つとなる。そのため、第1戦と第2戦でマックス・フェルスタッペンvsシャルル・ルクレールが展開したように、DRS計測地点で相手の後ろに付け、そこから2つのDRSを使ってどうオーバーテイクを仕掛けるのかという点が大きな注目ポイントとなる。

これまでにオーストラリアGPで複数回優勝したことがあるのは、3回のセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)と、2回のルイス・ハミルトン(メルセデス)の2名のみ。そして、ダニエル・リカルド(マクラーレン)にとっては母国GPとなる。

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月18日(金) ~19日(土) 3月20日(日)
第2戦 サウジアラビアGP 3月25日(金) ~26日(土) 3月27日(日)
第3戦 オーストラリアGP 4月8日(金) ~4月9日(土) 4月10日(日)
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4月22日(金) ~ 23日(土) 4月24日(日)
第5戦 マイアミGP 5月6日(木) ~7日(土) 5月8日(日)
第6戦 スペインGP 5月20日(金) ~21日(土) 5月22日(日)
第7戦 モナコGP 5月27日(金) ~ 28日(土) 5月29日(日)
第8戦 アゼルバイジャンGP 6月10日(金) ~11日(土) 6月12日(日)
第9戦 カナダGP 6月17日(金) ~ 18日(土) 6月19日(日)
第10戦 イギリスGP 7月1日(金) ~ 2日(土) 7月3日(日)
第11戦 オーストリアGP 7月8日(金) ~9日(土) 7月10日(日)
第12戦 フランスGP 7月22日(金) ~23日(土) 7月24日(日)
第13戦 ハンガリーGP 7月29日(金) ~ 30日(土) 7月31日(日)
第14戦 ベルギーGP 8月26日(金) ~ 27日(土) 8月28日(日)
第15戦 オランダGP 9月2日(金) ~3日(土) 9月4日(日)
第16戦 イタリアGP 9月9日(金) ~ 10日(土) 9月11日(日)
第17戦 ロシアGP 9月23日(金) ~ 24日(土) 9月25日(日)
第18戦 シンガポールGP 9月30日(金) ~10月 1日(土) 10月2日(日)
第19戦 日本GP 10月7日(金) ~ 8日(土) 10月9日(日)
第20戦 アメリカGP 10月21日(金) ~ 22日(土) 10月23日(日)
第21戦 メキシコGP 10月28日(金) ~ 29日(土) 10月30日(日)
第22戦 サンパウロGP 11月11日(金) ~ 12日(土) 11月13日(日)
第23戦 アブダビGP 11月18日(金) ~ 19日(土) 11月20日(日)

最新ニュース