DAZN News

【2022】レッドブルはお膝元で頂点に立てるのか…今季はスプリントレースも実施、第11戦オーストリアGP|開催日程・放送予定

読了時間 9分
2022-07-09 Verstappen Red Bull F1 Formula 1 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2021シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響もあり、日本やシンガポール、カナダ、オーストラリアなどでの開催が断念する運びに。それでも全世界を転戦し、全22レースを消化した。

迎えた2022年は全23戦で実施される予定だったが、2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻を行ったことから、ロシアGPが開催中止に。その後代替開催を断念し、昨季と同様に全22戦で行われることが確定した。

第11戦オーストリアGP 概要

波乱のイギリスGPを終えたばかりだが、すぐさま第11戦オーストリアGPが始まる。

全22戦で争われる今シーズンは、このオーストリアGPが終わった段階で半分を戦い終えたことになる。事実上の折り返し地点となるこの一戦は、どのような展開になるのだろうか。

前戦イギリスGPでは現在ランキング首位に立つレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトラブルにより7位、フェラーリのカルロス・サインツがF1初優勝を成し遂げた。

トップ3は結果による順位の変動こそなかったものの、それぞれわずかながらポイント差に変化があった。依然、首位フェルスタッペンは2位セルジオ・ペレスに対し34ポイント差をつけて頭ひとつ抜け出ている。しかし2位以下はペレスが147ポイント、シャルル・ルクレールが138ポイント、総合4位に浮上したサインツが127ポイントと、約10ポイント差ずつしかない接戦になっている。

イギリスGPで3位表彰台を獲得したメルセデスのルイス・ハミルトンも、リタイアを喫した僚友ジョージ・ラッセルに18ポイントまで迫る形となったため、上位勢はいずれもが今後一戦一戦、気の抜けないレースとなるはずだ。

次戦オーストリアGPの舞台は、レッドブルのお膝元であるレッドブルリンク。コーナー数は今季F1カレンダーの中で最も少ない「10」。そのほとんどが高速コーナーという超高速サーキットだ。全長が4.318kmと短いこともあり、ラップ・レコードも最も速い。このタイムは2020年に当時マクラーレンに所属していたサインツのもので、F1初優勝の勢いそのままに再び好結果を掴める可能性もあるだろう。

ただ、ホームグランプリであるレッドブル勢も黙ってはいないはずだ。ここ4年で3度優勝しているフェルスタッペンは、今季の戦いぶりを見ても絶対的な優勝候補だ。

ランキング2位のペレスも、わずかながらフェルスタッペンとの差を詰めることに成功しており、長いシーズンを考えればまだまだタイトルを狙える位置にいるため鼻息は荒い。

前戦では戦略ミスによって、逆にペレスとの差が開いてしまったルクレールは、タイトルを狙うならばもう一度ここで存在感を示しておきたい。そして、母国GPで表彰台を獲得し、その結果以上に力強い走りで復活を印象付けたハミルトンも見過ごせない存在だ。

また、次戦のオーストリアGPは今季2度目となるスプリントフォーマットで行われる。前回同フォーマットで行われたエミリア・ロマーニャGPではスプリントレース、決勝ともにフェルスタッペンが勝利。決勝ではペレスも2位に入ったことでレッドブル勢がポイントを荒稼ぎした。そして、この勝利からレッドブル破竹の6連勝がスタートとなった。結果的に流れを引き寄せるきっかけとなったスプリントフォーマットでの一戦。今回は誰が勝利を引き寄せるのか。今後の展開にも大きく影響しそうなオーストリアGPに注目が集まる。

第11戦:オーストリアGPスケジュール

日時 内容 解説・実況
7月8日(金)
20:30
フリー走行
1回目
解:柴田久仁夫
実:笹川裕昭
7月9日(土)
0:00
予選 解:小倉茂徳
実:笹川裕昭
7月9日(土)
19:30
フリー走行
2回目
解:小倉茂徳
実:サッシャ
7月9日(土)
23:30
スプリントレース 解:中野信治
実:サッシャ
7月10日(日)
22:00
決勝 解:中野信治
実:サッシャ

サーキット(レッドブルリンク)

2021-05-22 Austria Circuit F1 Formula 1

レッドブルリンクは1周が4.318kmと距離が短いこともあり、最速ラップは65秒ほど。予選Q1ではトラックに出たマシンによる渋滞が起こることも。

予選時にはちょっとしたミスでタイムを落とした場合、グリッド順が大きく変わる可能性もある。それだけに、ドライバーにとってはミスなく予選時から前方のポジションを確保したいところ。トラフィックを避けながらアタックするタイミングも重要となる。

決勝のDRSゾーンは3カ所設定されており、各セクションでオーバーテイクのチャンスが訪れることになる。中でもストレートエンドのターン3でインを突けるかどうかが大きなポイント。今季はレギュレーションが変わり、昨季よりも接近戦が見られるだけに、2つのDRS区間を利用してターン4で仕掛けるという展開も期待できそうだ。

高速と低速の特性をうまく複合させた、チャレンジングなコースでもある一方、オーストリアカラーのあしらいが特徴であるターン9~10はトラックリミットの違反が取られやすいことから、その点は留意が必要と言える。

2021年 第9戦オーストリアGP 順位・結果

2021-07-04 Verstappen Red Bull F1 Formula 1

決勝ではスタート直後のターン3でエステバン・オコンが行き場を失って接触し、マシンを止めることに。オープニングラップを終える前にセーフティーカー導入となった。

レースは4周目から再開となり、ターン4で2番手ランド・ノリスに仕掛けたセルジオ・ペレスがコースアウト。3位走行中だったが、10番手まで順位を落とした。

トップのマックス・フェルスタッペンはファステストラップを連発しながら2番手ノリスとのリードを広げる。メルセデス勢は3番手、4番手でノリスを抜けずにいる状況が続いた。その後方では5番手ピエール・ガスリー 6番手角田裕毅とアルファタウリの2台が追う流れに。

角田は12周目の終わりにピットに入り、ソフトからハードに履き替えてコースに復帰。だがその後、アントニオ・ジョビナッツィ、ニコラス・ラティフィを抜けずにペースを落とし、ピットアウトしたダニエル・リカルドやペレス、シャルル・ルクレールに前へと行かれてしまう。そして角田がピットインした際にコース上のホワイトラインをまたいだとして、5秒のタイムペナルティが科されることに。

トップグループではボッタス、ハミルトンがピットに入った後、フェルスタッペンが34周目の終わりにハードタイヤへと交換。この時点でトップはフェルスタッペン、2番手は13秒差でハミルトン、さらに5秒差で3番手ボッタスという展開になった。

だがハミルトンはマシンのフロアにダメージを負い、フェルスタッペンを追い詰めるようなペースを創出できず。52周目にハミルトンはボッタスに2番手を譲る形に。ペースの速いノリスもハミルトンを抜き、表彰台圏内の3番手に復帰した。

角田は52周目の終わりに2度目のピットインを行い、+5秒の静止もあり14番手にポジションを落とす。そして2度目のピットでもラインをまたいだとして、再び5秒ペナルティを科されてしまった。

27秒差でトップを独走するフェルスタッペンは60周目の終わりに2度目のピットインを行い、ファステストラップの1ポイントも狙いに出る。

結局フェルスタッペンがそのままトップでチェッカーを受け、2021年の5勝目をマークした。ファステストラップも獲得し、1レース最大となる26ポイントを持ち帰ることに。レッドブルとしては第5戦モナコGPから5連勝となっている。

2位ボッタス、3位ノリスが表彰台に上がり、4位ハミルトン、5位サインツ、6位ペレス、7位リカルド、8位ルクレール、9位ガスリー、10位フェルナンド・アロンソとなった。

終盤にキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルが絡んで順位を大きく落としたこともあり、角田は12番手にポジションを上げてフィニッシュ。2度目の5秒加算ペナルティも含め12位完走となった。

第9戦オーストリアGP・決勝
1/マックス・フェルスタッペン/レッドブル/1:23:54.543
2/バルテリ・ボッタス/メルセデス/+17.973
3/ランド・ノリス/マクラーレン/+20.019
4/ルイス・ハミルトン/メルセデス/+46.452
5/カルロス・サインツ/フェラーリ/+57.144
6/セルジオ・ペレス/レッドブル/+57.915
7/ダニエル・リカルド/マクラーレン/+60.395
8/シャルル・ルクレール/フェラーリ/+61.195
9/ピエール・ガスリー/アルファタウリ/+61.844
10/フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ/+1 LAP
11/ジョージ・ラッセル/ウィリアムズ/+1 LAP
12/角田裕毅/アルファタウリ/+1 LAP
13/ランス・ストロール/アストンマーティン/+1 LAP
14/アントニオ・ジョビナッツィ/アルファロメオ/+1 LAP
15/ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ/+1 LAP
16/キミ・ライコネン/アルファロメオ/+1 LAP
17/セバスチャン・ベッテル/アストンマーティン/+1 LAPS
18/ミック・シューマッハ/ハース/+2 LAPS
19/ニキータ・マゼピン/ハース/+2 LAPS
Ret./エステバン・オコン/アルピーヌ/+70 LAPS

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月18日(金) ~19日(土) 3月20日(日)
第2戦 サウジアラビアGP 3月25日(金) ~26日(土) 3月27日(日)
第3戦 オーストラリアGP 4月8日(金) ~4月9日(土) 4月10日(日)
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4月22日(金) ~ 23日(土) 4月24日(日)
第5戦 マイアミGP 5月6日(木) ~7日(土) 5月8日(日)
第6戦 スペインGP 5月20日(金) ~21日(土) 5月22日(日)
第7戦 モナコGP 5月27日(金) ~ 28日(土) 5月29日(日)
第8戦 アゼルバイジャンGP 6月10日(金) ~11日(土) 6月12日(日)
第9戦 カナダGP 6月17日(金) ~ 18日(土) 6月19日(日)
第10戦 イギリスGP 7月1日(金) ~ 2日(土) 7月3日(日)
第11戦 オーストリアGP 7月8日(金) ~9日(土) 7月10日(日)
第12戦 フランスGP 7月22日(金) ~23日(土) 7月24日(日)
第13戦 ハンガリーGP 7月29日(金) ~ 30日(土) 7月31日(日)
第14戦 ベルギーGP 8月26日(金) ~ 27日(土) 8月28日(日)
第15戦 オランダGP 9月2日(金) ~3日(土) 9月4日(日)
第16戦 イタリアGP 9月9日(金) ~ 10日(土) 9月11日(日)
第17戦 シンガポールGP 9月30日(金) ~10月 1日(土) 10月2日(日)
第18戦 日本GP 10月7日(金) ~ 8日(土) 10月9日(日)
第19戦 アメリカGP 10月21日(金) ~ 22日(土) 10月23日(日)
第20戦 メキシコGP 10月28日(金) ~ 29日(土) 10月30日(日)
第21戦 サンパウロGP 11月11日(金) ~ 12日(土) 11月13日(日)
第22戦 アブダビGP 11月18日(金) ~ 19日(土) 11月20日(日)

最新ニュース