DAZN News

【2022】北米ラウンド2戦目は高地メキシコシティ決戦!第20戦メキシコGP|開催日程・放送予定

読了時間 6分
2021-10-27 Mexico Autodromo Hermanos Rodriguez Mexico City Circuit F1 Formula 1 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2021シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響もあり、日本やシンガポール、カナダ、オーストラリアなどでの開催が断念する運びに。それでも全世界を転戦し、全22レースを消化した。

迎えた2022年は全23戦で実施される予定だったが、2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻を行ったことから、ロシアGPが開催中止に。その後代替開催を断念し、昨季と同様に全22戦で行われることが確定した。

F1第20戦メキシコGP 概要

2022年のヨーロッパラウンドを終え、第17戦シンガポールGP、第18戦日本GPとアジア2連戦を消化し、今季のF1は再び北米へ。第19戦アメリカGPから2週連続グランプリとなり、第20戦メキシコGPが実施される。

メキシコGPの成り立ち

メキシコの英雄的なレーサーの名が付けられたエルマノス・ロドリゲス(ロドリゲス兄弟)サーキット。当時のメキシコ大統領の顧問を務めていたロドリゲス兄弟の父親が進言したことで、1959年に建設がスタートした。

メキシコGPが正式にF1カレンダーに組み込まれたのは1963年。その後1970年まで8回連続で開催され、なかでも1965年の最終戦となったメキシコGPは、ホンダにとってF1初優勝の舞台になった。リッチー・ギンサーが駆るアイボリーホワイトの葉巻型マシンが、先頭でチェッカーフラッグを駆け抜けた後、チーム監督の故 中村良夫氏が、『Veni Vidi Vici (来た、見た、勝った)』と言うジュリアス・シーザーの言葉を引用して、Honda本社に勝利の電報を伝えたエピソードも残っている。

1986年に再びメキシコGPが復活するも、1992年まで7年間開催したのち、再度カレンダーから消滅。2015年に三度復活を果たし、シーズン終盤のタイトル争いの舞台として、人気を集めている。2015年の復活には、国民的な人気を誇るセルジオ・ペレス(レッドブル)の存在が非常に大きく、コース改修を経て、開催が決定。毎年多くの観客がサーキットを訪れ、母国の英雄に熱烈な声援を送っている。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により開催がキャンセルとなり、2021年は2年ぶりのメキシコGPが行われた。今年、2022年は22回目のメキシコGPとなる。

レース開催日程・DAZN配信予定

第20戦 メキシコGP / エルマノス・ロドリゲス・サーキット

配信予定 配信内容 実況・解説

2022年10月28日(金)

フリー走行
1回目
未定
2022年10月28日(金) フリー走行
2回目

未定

2022年10月29日(土) フリー走行
3回目
未定
2022年10月29日(土) 予選
F1ゾーン:予選
未定
2022年10月30日(日) 決勝
F1ゾーン:決勝

未定

サーキット(エルマノス・ロドリゲス・サーキット)

2021-10-27 Mexico Autodromo Hermanos Rodriguez Mexico City Circuit F1 Formula 1

標高2200mを超える高地に位置するこのサーキットは、他のサーキットよりも空気が薄く、マシンやドライバーの身体にも負担が多いことで知られている。

全長4.304kmとコース自体は比較的短く、そのため予選ではクリーンラップを取るのが難しく、決勝はモナコGPに次ぐ71周の周回数で行われる。

特徴的な1コーナーに向かうロングストレートは、現在のF1開催サーキットではロシアのソチ・オートドロームに次いで2番目に長く、ここでDRSを使うことが一番のオーバーテイクポイントになる。

その他にも、最終セクターには元々あった野球場のスタンドを活用したスタジアムセクションなど、特徴的なレイアウトが魅力で、多くの観客が詰めかけるため、例年は表彰台もそのエリアに設置される。

2021年メキシコGP結果

2021-11-08 Verstappen Perez Red Bull F1 Formula 1

3番手スタートのマックス・フェルスタッペンが、良い蹴り出しからフロント・ローのメルセデス2台をターン1でアウトから抜き去り、トップで最初のコーナーに飛び込む。このとき、バルテリ・ボッタスが1コーナーでダニエル・リカルドと接触してスピン。

この混乱に伴い後方ではエステバン・オコンと接触した角田裕毅、ミック・シューマッハが走行できずマシンを止める形に。レースはオープニングラップからセーフティーカー突入となった。角田とシューマッハは無念のリタイアとなっている。

レースは5周目から再開。フェルスタッペン、ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレス、ピエール・ガスリーの順番で、フェルスタッペンが2番手ハミルトンを徐々に突き放していく展開となった。

レース中盤で2番手ハミルトンはタイヤのデグラデーションに苦しみ、3番手ペレスとの差が詰まっていく状況に。ハミルトンは30周目にピットに入り、ハードに履き替えた。

34周目にフェルスタッペンもピットストップを行い、ハミルトンの7秒前でコースに戻っている。その後トップに浮上したペレスは41周目まで粘り、タイヤ交換してピットアウトすると2番手ハミルトンの9秒後方でコースに復帰。これでフェルスタッペン、ハミルトン、ペレスの上位3名は71周目まで、あとはハードタイヤで走り切る流れとなる。

ここから3番手走行のペレスは2番手ハミルトンよりも速いペースで周回を重ね、徐々にその差を詰めていく。58周目にはその差が2秒を切った。地元メキシコのファンはスタンド総立ちでペレスに大歓声を送る。

だが終盤はバックマーカーをかわす状況も重なり、ハミルトンとペレスは1秒~2秒差を前後しながら駆け引きを続ける。

優勝はフェルスタッペンで、今シーズン9勝目をマークした。ホンダのパワーユニットとしてはホンダ第1期、1965年のF1初優勝となったメキシコGPの舞台で、ホンダラストイヤーでの勝利となった。

2番手争いはファイナルラップまで続いたものの、ハミルトンはペレスの猛追を最後までしのぎ切り、2位ハミルトン、3位ペレスで決着。ペレスは母国メキシコで初の表彰台となった。

4位ガスリー、5位カルロス・サインツ、6位シャルル・ルクレール、7位セバスチャン・ベッテル、8位キミ・ライコネン、9位フェルナンド・アロンソ、10位ランド・ノリスまでがポイントを手にしている。

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月18日(金) ~19日(土) 3月20日(日)
第2戦 サウジアラビアGP 3月25日(金) ~26日(土) 3月27日(日)
第3戦 オーストラリアGP 4月8日(金) ~4月9日(土) 4月10日(日)
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4月22日(金) ~ 23日(土) 4月24日(日)
第5戦 マイアミGP 5月6日(木) ~7日(土) 5月8日(日)
第6戦 スペインGP 5月20日(金) ~21日(土) 5月22日(日)
第7戦 モナコGP 5月27日(金) ~ 28日(土) 5月29日(日)
第8戦 アゼルバイジャンGP 6月10日(金) ~11日(土) 6月12日(日)
第9戦 カナダGP 6月17日(金) ~ 18日(土) 6月19日(日)
第10戦 イギリスGP 7月1日(金) ~ 2日(土) 7月3日(日)
第11戦 オーストリアGP 7月8日(金) ~9日(土) 7月10日(日)
第12戦 フランスGP 7月22日(金) ~23日(土) 7月24日(日)
第13戦 ハンガリーGP 7月29日(金) ~ 30日(土) 7月31日(日)
第14戦 ベルギーGP 8月26日(金) ~ 27日(土) 8月28日(日)
第15戦 オランダGP 9月2日(金) ~3日(土) 9月4日(日)
第16戦 イタリアGP 9月9日(金) ~ 10日(土) 9月11日(日)
第17戦 シンガポールGP 9月30日(金) ~10月 1日(土) 10月2日(日)
第18戦 日本GP 10月7日(金) ~ 8日(土) 10月9日(日)
第19戦 アメリカGP 10月21日(金) ~ 22日(土) 10月23日(日)
第20戦 メキシコGP 10月28日(金) ~ 29日(土) 10月30日(日)
第21戦 サンパウロGP 11月11日(金) ~ 12日(土) 11月13日(日)
第22戦 アブダビGP 11月18日(金) ~ 19日(土) 11月20日(日)

最新ニュース