DAZN News

【2022】鈴鹿にF1が帰ってくる!王者は総合連覇確定なるか?初の母国凱旋レース、角田裕毅の躍進にも期待…第18戦日本GP|開催日程・放送予定

読了時間 7分
2021-04-24 F1 Formula 1 Japan Suzuka 2018 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2021シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響もあり、日本やシンガポール、カナダ、オーストラリアなどでの開催が断念する運びに。それでも全世界を転戦し、全22レースを消化した。

迎えた2022年は全23戦で実施される予定だったが、2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻を行ったことから、ロシアGPが開催中止に。その後代替開催を断念し、昨季と同様に全22戦で行われることが確定した。

F1第18戦日本GP 概要

いよいよ鈴鹿にF1日本GPが帰ってくる。7年ぶりの日本人F1ドライバー角田裕毅の存在、そしてホンダの支援を受けるレッドブルのマックス・フェルスタッペンの戴冠が近づいている状況など、日本のファンにとっては3年ぶりの開催に加えて注目の要素が満載だ。

レースは何が起こるかわからない。前戦シンガポールGPで、すでにチャンピオン確定の可能性があったフェルスタッペンだが、予選で燃料不足により最終アタックができず、8番手からスタートすることになった。

さらに決勝ではスタートで出遅れ順位を落とすなど、今季ここまで圧倒的な強さを見せていたフェルスタッペンにしては、らしくない焦りの見えるレースとなった。最終的にフェルスタッペンは7位でレースを終えたため、チャンピオン獲得は次戦以降に持ち越されることになり、日本GPでの戴冠が現実味を増した。

シンガポールGPを終えた時点でのフェルスタッペンのポイントは431。スプリントフォーマットでの1戦を含む残り5戦で獲得できる最大ポイントは138なので、138ポイント以上差が開いてしまったドライバーは優勝戦線から脱落した。

フェルスタッペン以外で優勝の可能性を残すのは、フェラーリのシャルル・ルクレールと僚友セルジオ・ペレスの2名のみ。しかし、2位のルクレールにしてもフェルスタッペンとの差は104ポイント、3位ペレスは106ポイントと大差がついてるため、現実的にはフェルスタッペン戴冠のカウントダウンが始まっている。

日本GPでのフェルスタッペンのドライバーズタイトル獲得の条件は、優勝さらにファステストラップポイント獲得で無条件に決定する。ファステストラップポイントを逃した場合でも、ルクレールが3位以下になればチャンピオンが確定する。

フェルスタッペンは最低6位でもタイトル獲得の可能性はあるが、その場合はルクレールがノーポイント、ペレスの獲得ポイントが2ポイント以下でなければならない。他のドライバーの状況によってタイトルが確定する可能性はあるが、チャンピオンらしく勝利で戴冠を決めてもらいたいところだ。

日本のファンが心待ちにするのは、フェルスタッペンの連覇決定の瞬間だけではない。7年ぶりの日本人F1ドライバーとして2021年から参戦している角田裕毅が、初めての母国GPに臨む。参戦1年目はコロナ禍につき日本GPは中止を余儀なくされたため、角田にとって日本GPは初の舞台だ。鈴鹿で日本のファンの前で走るのが夢だったと本人も公言している通り、待ちに待ったF1ドライバーとしての凱旋となる。参戦2年目の今シーズンはマシンの不調もあり、チームとともに苦しいシーズンを過ごしている角田。来季もアルファタウリ残留が決定しているが、チーム内において求められる要求は当然高くなると予想される。

正念場となる来シーズンに向けても、ここ日本GPで12戦ぶりのポイントを獲得し、悪い流れを断ち切りたい。長年の夢である鈴鹿でのF1、そして日本のファンからの熱い声援があれば、それは十分可能なはずだ。

新レギュレーション導入によって、勢力図が一変した今シーズンのF1。タイトルレースも佳境に入り、フェルスタッペン戴冠の瞬間が近づくタイミングで開催を迎える3年ぶりの日本GP。日本のファンのみならず世界中が注目する一戦が、いよいよ始まる。

コースの成り立ち

2020-12-17 Suzuka Japan Grand Prix F1 Formula 1

ホンダの創業者・本田宗一郎の野望を叶えるべく1962年に建設された鈴鹿サーキットは、日本のモータースポーツの聖地として多くのファンに愛され、今年60周年を迎える。開業当時の日本は、高速道路も普及していないような道路環境だったが、世界中のサーキットを参考に、珍しい立体交差のあるレイアウトのコースを完成させた。

F1初開催は1987年。日本人初のフルタイムドライバーとなった中島悟の凱旋や、エンジンサプライヤーとしてのホンダの活躍、アイルトン・セナなど人気ドライバーの登場もあり、F1ブームを巻き起こした。

その後も、セナとアラン・プロストの一騎打ちや、キミ・ライコネンの大逆転勝利、トヨタの初ポールポジション、鈴木亜久里・小林可夢偉が母国で3位表彰台を獲得するなど、記憶に残るレースがいくつも生まれており、シーズン終盤に開催されることからワールドチャンピオン決定の舞台になることも多くあった。

また、難易度の高いテクニカルなコースは、世代を問わずドライバーの人気を集めており、ミハエル・シューマッハやセバスチャン・ベッテルなど、歴代のチャンピオンたちがお気に入りコースの一つに鈴鹿の名前を挙げている。

3年ぶりの開催となる今年の見どころは、何と言っても角田裕毅の凱旋だろう。日本人ドライバーが母国GPに出走するのは、2014年以来8年ぶりとなる。日本のF1ファンにとっては待ちに待った週末がいよいよ間近に迫る。

レース開催日程・DAZN配信予定

第18戦:日本GP

日時 内容 解説・実況
10月7日(金)
12:00
フリー走行
1回目
解:中野信治
実:サッシャ
リ:小倉茂徳
10月7日(金)
15:00
フリー走行
2回目
解:中野信治
実:サッシャ
リ:小倉茂徳
10月8日(土)
12:00
フリー走行
3回目
解:中野信治
実:サッシャ
リ:小倉茂徳
10月8日(土)
15:00
予選 解:中野信治
実:サッシャ
10月9日(日)
12:00
F1パレード
10月9日(日)
14:00
決勝 解:中野信治
実:サッシャ

サーキット(鈴鹿サーキット)

2022-09-18 Japan Suzuka Circuit Formula 1 F1

世界的にも珍しい8の字型のレイアウトを持つこのサーキットは1周5.807kmで、2本のストレートと18のコーナーで構成される。

メインストレートは下り坂になっており、S字からダンロップコーナーを含むセクター1は、わずかなミスが次のコーナーに影響するため、ラップタイムを大きく左右ポイントとなっている。セクター2の立体交差を過ぎると進行方向は左回りとなり、ヘアピンとスプーンカーブを抜けるとバックストレートが続く。ストレートエンドに位置する130Rを全開で抜け、シケインを通過して、1周となる。

コース幅があまり広くないため、オーバーテイクの難易度は高いものの、狙いどころはDRSが設置されるメインストレートと、ヘアピンの2か所が中心となるだろう。

また、多くのドライバーが称賛するS字コーナーでは、強力なダウンフォースによって路面に吸い付くようにコーナーを駆け抜けるF1マシンが見られる。また、コース内でトラブルが発生した際に活躍するコースマーシャルの皆さんの迅速な対応や、観客を盛り上げる様子にもぜひ注目してほしい。

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月18日(金) ~19日(土) 3月20日(日)
第2戦 サウジアラビアGP 3月25日(金) ~26日(土) 3月27日(日)
第3戦 オーストラリアGP 4月8日(金) ~4月9日(土) 4月10日(日)
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4月22日(金) ~ 23日(土) 4月24日(日)
第5戦 マイアミGP 5月6日(木) ~7日(土) 5月8日(日)
第6戦 スペインGP 5月20日(金) ~21日(土) 5月22日(日)
第7戦 モナコGP 5月27日(金) ~ 28日(土) 5月29日(日)
第8戦 アゼルバイジャンGP 6月10日(金) ~11日(土) 6月12日(日)
第9戦 カナダGP 6月17日(金) ~ 18日(土) 6月19日(日)
第10戦 イギリスGP 7月1日(金) ~ 2日(土) 7月3日(日)
第11戦 オーストリアGP 7月8日(金) ~9日(土) 7月10日(日)
第12戦 フランスGP 7月22日(金) ~23日(土) 7月24日(日)
第13戦 ハンガリーGP 7月29日(金) ~ 30日(土) 7月31日(日)
第14戦 ベルギーGP 8月26日(金) ~ 27日(土) 8月28日(日)
第15戦 オランダGP 9月2日(金) ~3日(土) 9月4日(日)
第16戦 イタリアGP 9月9日(金) ~ 10日(土) 9月11日(日)
第17戦 シンガポールGP 9月30日(金) ~10月 1日(土) 10月2日(日)
第18戦 日本GP 10月7日(金) ~ 8日(土) 10月9日(日)
第19戦 アメリカGP 10月21日(金) ~ 22日(土) 10月23日(日)
第20戦 メキシコGP 10月28日(金) ~ 29日(土) 10月30日(日)
第21戦 サンパウロGP 11月11日(金) ~ 12日(土) 11月13日(日)
第22戦 アブダビGP 11月18日(金) ~ 19日(土) 11月20日(日)

最新ニュース