DAZN News

【2022】3年ぶりのモントリオールF1開催、激しい接近戦に注目!第9戦カナダGP|開催日程・放送予定

読了時間 7分
2022-06-15 2019 Circuit Gilles Villeneuve Canada Montreal F1 Formula 1 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2021シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響もあり、日本やシンガポール、カナダ、オーストラリアなどでの開催が断念する運びに。それでも全世界を転戦し、全22レースを消化した。

迎えた2022年は全23戦で実施される予定だったが、2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻を行ったことから、ロシアGPが開催中止に。その後代替開催を断念し、昨季と同様に全22戦で行われることが確定した。

第9戦:カナダGP概要

ここまでタイトルレースを牽引してきたレッドブルとフェラーリが、明暗を分ける形になったアゼルバイジャンGP。頭一つ抜け出たレッドブルは3年ぶりの開催となるカナダGPで、さらにその差を広げることができるだろうか。

今季、好スタートを切って一躍タイトルレースの主役に躍り出たフェラーリだったが、ここ数戦ではトラブルが頻発している。前戦のアゼルバイジャンGPでも、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツがマシントラブルによりリタイアを余儀なくされた。

対照的にレッドブルは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがワンツーフィニッシュを達成。ファステストラップポイントを含め、ひとつのグランプリで獲得できる最大ポイントをチームにもたらした。これによってレッドブルとフェラーリの差は80ポイントに広がり、ドライバーズランキングでもペレスがルクレールをかわして2位に浮上している。まだ全22戦のうち8戦を終えたところで、先はわからないとはいえ、次戦カナダGPでも差を広げられるようであれば、フェラーリのタイトル獲得はより難しくなってくるだろう。

一方、勢いに乗り6連勝を狙うレッドブル陣営では、チームメイト同士のバトルも熱を帯びていきそうだ。アゼルバイジャンGPではマシンの状態によりバトルを回避した両者だが、現在2人の差はわずか21ポイント。どちらもタイトルを狙える可能性が十分にあるため、チームとしては2人のドライバーのマネジメントも必要になってくるだろう。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年、2021年と中止が続いたカナダGP。今年は待ちに待った3年ぶりの開催となる。戦いの舞台ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、長いストレートを低速コーナーでつなぐ典型的なストップ・アンド・ゴーサーキットだ。

そのレイアウトからオーバーテイクのチャンスも多く、エキサイティングなバトルが楽しめるだろう。ストレートでの最高速を確保するため低ダウンフォース仕様で臨むマシンは、それと引き換えにグリップを失う。歴代の猛者たちが数多くクラッシュを喫したことから「チャンピオンの壁」と呼ばれている最終シケインは、今年もドライバーたちを苦しめるだろう。

最高速がものを言うサーキットで、ランキング首位の座を確固たるものにしたいレッドブル。ライバルの独走をなんとしても阻止したいフェラーリ。両者の差は広がるのか、それとも縮まるのか。また、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで、現役ドライバー中最多7回の優勝を誇るルイス・ハミルトンの復活はあるのか?日本との時差がもっとも大きく、日本のファンにとっては睡眠不足と戦いながらの観戦になるカナダGP。だが、眠い目をこすりながらでも見る価値のあるグランプリということは間違いない。

コースの成り立ち

2022-06-15 2019 Circuit Gilles Villeneuve Canada Montreal F1 Formula 1

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットが完成したのは1978年。モントリオールを流れるセント・ローレンス川の中洲に、当時はサーキット・イル・ノートルダムの名前で建設された。中洲はノートルダム島という人工島で、1976年のモントリオールオリンピックでは、ボート競技の会場にもなった場所であり、五輪後は水と緑に囲まれた市民が集う公園となっていた。

F1初開催もサーキット完成と同じく1978年。それ以来、40年以上に渡って、カナダGPの舞台として様々な名勝負が生まれてきた。

1982年には、その年のベルギーGP予選で事故死したカナダの国民的英雄、ジル・ヴィルヌーヴの功績を称えて、サーキット名にその名前を冠することとなった。

このサーキットでは、印象的な初優勝を挙げたドライバーが多く、1年目から速さを見せつけた2006年のルイス・ハミルトンや、マシンが大破する大クラッシュの翌年(2008年)にポーランド人としてF1初優勝を果たしたロバート・クビサ、完走13台という波乱のレースを制した2014年のダニエル・リカルドなど、様々なストーリーが紡がれてきた。

市街地からのアクセスも良く、例年多くのF1ファンが駆け付けるジル・ヴィルヌーヴ・サーキット。しかし、新型コロナウイルスの影響で2020年から2年連続で開催がキャンセルとなり、今年は3年ぶりのF1開催となる。

レース開催日程・DAZN配信予定

第9戦カナダGP/ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット

※解説・実況は変更になる可能性があります。

日時 内容 解説・実況
6月18日(土)
​3:00
フリー走行
1回目
解:柴田久仁夫
実:サッシャ
6月18日(土)
​6:00
フリー走行
2回目
解:田中健一
実:サッシャ
6月19日(日)
2:00
フリー走行
3回目
解:小倉茂徳
実:サッシャ
6月19日(日)
​5:00
予選 解:中野信治
実:サッシャ
6月20日(月)
3:00
決勝 解:中野信治
実:サッシャ

サーキット(ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット)

2022-06-13 Canada Circuit Gilles Villeneuve Montreal circuit F1 Formula 1

4つの長いストレートを、ヘアピンとシケインで繋いだようなレイアウトとなっており、急減速と急加速を繰り返すため、ブレーキ性能とパワーが求められる。1周は4,361mと平均的だが、平均速度は時速200km近くに達し、最高速は時速350kmにもなる。

ストレートが長いため、スリップストリームを使った追い抜きは比較的容易となり、最終コーナーのシケインでは今年も多くの追い抜きが見られるだろう。しかし、このシケインは要注意だ。外側には「チャンピオンズ・ウォール」と呼ばれるコンクリートウォールがあり、コース幅ギリギリを攻めるとあえなく壁の餌食となってしまう。これまでミハエル・シューマッハやナイジェル・マンセル、ジャック・ヴィルヌーブといった歴代のワールドチャンピオンがその壁にぶつかってきたことから、その名が付いている。

2029年までの開催契約を結んでおり、ヨーロッパとはひと味違う、北米でのF1が今後も楽しめることだろう。

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月18日(金) ~19日(土) 3月20日(日)
第2戦 サウジアラビアGP 3月25日(金) ~26日(土) 3月27日(日)
第3戦 オーストラリアGP 4月8日(金) ~4月9日(土) 4月10日(日)
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4月22日(金) ~ 23日(土) 4月24日(日)
第5戦 マイアミGP 5月6日(木) ~7日(土) 5月8日(日)
第6戦 スペインGP 5月20日(金) ~21日(土) 5月22日(日)
第7戦 モナコGP 5月27日(金) ~ 28日(土) 5月29日(日)
第8戦 アゼルバイジャンGP 6月10日(金) ~11日(土) 6月12日(日)
第9戦 カナダGP 6月17日(金) ~ 18日(土) 6月19日(日)
第10戦 イギリスGP 7月1日(金) ~ 2日(土) 7月3日(日)
第11戦 オーストリアGP 7月8日(金) ~9日(土) 7月10日(日)
第12戦 フランスGP 7月22日(金) ~23日(土) 7月24日(日)
第13戦 ハンガリーGP 7月29日(金) ~ 30日(土) 7月31日(日)
第14戦 ベルギーGP 8月26日(金) ~ 27日(土) 8月28日(日)
第15戦 オランダGP 9月2日(金) ~3日(土) 9月4日(日)
第16戦 イタリアGP 9月9日(金) ~ 10日(土) 9月11日(日)
第17戦 シンガポールGP 9月30日(金) ~10月 1日(土) 10月2日(日)
第18戦 日本GP 10月7日(金) ~ 8日(土) 10月9日(日)
第19戦 アメリカGP 10月21日(金) ~ 22日(土) 10月23日(日)
第20戦 メキシコGP 10月28日(金) ~ 29日(土) 10月30日(日)
第21戦 サンパウロGP 11月11日(金) ~ 12日(土) 11月13日(日)
第22戦 アブダビGP 11月18日(金) ~ 19日(土) 11月20日(日)

最新ニュース