DAZN News

【交流戦特集】佐藤輝明に似合うのは「4番・サード」。解説者・今岡真訪が語る虎の若き主砲の魅力|プロ野球

読了時間 6分
20220521_NPB_tigers_SATO 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

日本生命セ・パ交流戦2022が5月24日に開幕する。新型コロナウイルスの影響により2年ぶりに開催された昨年の交流戦は、オリックス・バファローズが11年ぶり2回目の優勝。リーグ間の成績は、セ・リーグが12年ぶりに勝ち越して幕を閉じた。

今年は千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希の完全試合に始まり、福岡ソフトバンクホークス・東浜巨がノーヒットノーランを達成。中日ドラゴンズ・大野雄大は延長10回の2アウトまで“完全試合”を達成するなど、圧倒的な『投高打低』となっている。

そこでDAZN NEWSでは、解説者にセ・パの注目選手についてインタビューを実施。今回は今岡真訪氏に阪神タイガースの佐藤輝明選手について伺った。※成績は5月14日時点

4番・サード・佐藤輝明

──いよいよ5月24日から日本生命セ・パ交流戦2022が開幕します。今回は阪神タイガースの佐藤輝明選手について伺いたいと思います。昨シーズンは終盤に調子を落としましたが、今シーズンは改めて怪物ぶりを発揮しています。

今岡真訪(以下、今岡)  佐藤の本領発揮は、ポジションが固定されてからだと思っています。チーム事情で仕方がないですが、主力選手の一人なので固定しなければいけません。

──今年はライトとサードで起用されています。

今岡  ライトでシーズンに入りましたが、大山悠輔をファーストで起用するときは佐藤がサードを務めています。それこそ5月に入ってからは、今日はライト、次の日はサードのように日替わりで違うポジションを務めています。

打順についても4番でシーズンに入り、2番や3番も務めました。今は昔と違って、あまり打線を固定する野球をしていないですが、それでももう少し固めてあげた方がやりやすいでしょう。

ただ、打順については色々と試してみた結果、4番として使っていくと思います。あとはポジションだけですね。技術は間違いなくある選手なので、起用法が固まればもっと結果を残すでしょう。

例えば巨人の岡本和真も、最初の頃はファーストを守ったりサードを守ったりしていました。それが今はサード一本でやっている。同じように佐藤が落ち着くところはサードだと思っています。

──2年目ですでにチームには欠かせない存在ですね。

今岡  もう主力選手です。昨年は出場することが大事でした。だからどんなポジションでも、どんな打順でもとにかく出場する。その経験を経て、今の彼はスター選手の階段を駆け上がる準備が整いました。これからさらに結果を残すでしょうね。

昨年の6本塁打を超えられるか?

20220521_NPB_tigers_SATO

──昨年の交流戦は新人最多の6本塁打を記録しました。今年もパ・リーグのパワーピッチャーたちを相手にどんな結果を残すか楽しみです。

今岡  今年の佐藤はここまでそつなくこなしている印象です。ただ、交流戦で調子を上げるきっかけを掴むかもしれない。パ・リーグはいい投手が多いので、彼らを打つことで自分のギアを上げていくでしょう。

──今岡さんからみて楽しみにしている佐藤選手の対戦相手はいますか?

今岡  やっぱり佐々木朗希や千賀滉大など、いい真っ直ぐを持っている選手との対戦ですね。佐藤があの真っ直ぐをどう打つか。彼らの武器をホームランにできれば、より自信が持てるでしょう。

僕もバッターだったのでわかりますが、早い球を投げる投手との対戦は嫌。だからこそ、そこに目がいきます。結局は真っ直ぐが打てるかどうかですよ。

──変化球を待つのではなく、真っ直ぐを待って、それをヒットにできるかどうか?

今岡  そうです。佐々木朗希は真っ直ぐは常時160キロ以上、フォークボールは150キロに迫る。あのフォークボールに三振してしまうから「フォークボールをなんとかしろ」という人もいますが、あの球は打てない。やっぱりバッターは真っ直ぐを仕留められるかどうかです。

──好投手の真っ直ぐを打てるとノってくる?

今岡  ノってきますし、それがホームランならなおいいですね。交流戦は普段対戦しない相手と戦います。そこに新鮮さがある。だからこそここで調子を上げることはあると思います。それは選手だけでなく、チーム全体としてもです。

──特に阪神はペナントレースで苦戦を強いられています。この交流戦で浮上のきっかけをつかみたいですね。

今岡  今年はセ・リーグもパ・リーグも上と下の差がかなり離れています。だからこそ交流戦でその差がさらに広がるのか、縮まるのかは注目しています。

交流戦だと、阪神が勝ってセ・リーグの他の5球団が負けることも起こる。そうなると一気に差を縮められます。もちろん逆もある。差を詰めるチャンスでもあり、逆に背中が見えなくなってしまう可能性もある戦いですね。

──大事な交流戦で、佐藤選手に期待する部分は?

今岡  間違いなくホームランです。ヒットを打てる選手はたくさんいます。佐藤の魅力はホームランが打てるところ。狙っていい場面では、積極的に狙ってほしいですね。ヒットは他の選手に任せ、もちろん状況によってバッティングは変わるものですが、佐藤にはホームランを打ってもらいたい。積極的にいってほしいですね。

インタビュー= 川嶋正隆

1986年5月9日生まれ、福岡県福岡市出身。大学卒業後に携帯サイト『超ワールドサッカー』でライター兼編集者として勤務。2018年からフリーライターとしての活動を開始し、2020年からは念願かなってDAZN NEWSでプロ野球を担当している。

関連ページ

日本生命セ・パ交流戦2022| 日程・放送・中継・配信予定|プロ野球

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース