DAZN News

【交流戦特集】千賀滉大に芽生えたエースの自覚。解説者・飯田哲也がみる成長の跡|プロ野球

読了時間 5分
20220520_NPB_Hawks_SENGA 球団提供


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

日本生命セ・パ交流戦2022が5月24日に開幕する。新型コロナウイルスの影響により2年ぶりに開催された昨年の交流戦は、オリックス・バファローズが11年ぶり2回目の優勝。リーグ間の成績は、セ・リーグが12年ぶりに勝ち越して幕を閉じた。
 
今年は千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希の完全試合に始まり、福岡ソフトバンクホークス・東浜巨がノーヒットノーランを達成。中日ドラゴンズ・大野雄大は延長10回の2アウトまで“完全試合”を達成するなど圧倒的な『投高打低』となっている。
 
そこでDAZN NEWSでは、DAZNの解説陣にセ・パの注目選手についてインタビューを実施。今回は飯田哲也氏に福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手について伺った。

※成績は5月12日時点

エースとしての責任感

──いよいよ5月24日から日本生命セ・パ交流戦2022が開幕します。今回は福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大選手について伺いたいと思います。「ぶっちぎりでキャリアハイ」を宣言した千賀投手ですが、ここまでの投球をどのようにご覧になられていますか?
 
飯田哲也(以下、飯田) 見ている印象としては、マイナーチェンジしているように思います。今年はシンカー系のボールを覚えて、試合でも使っていますよね。その影響からなのかフォークの落ちが悪い気がしています。
 
千賀といえば『お化けフォーク』が代名詞でしたが、今年は少しフワッとした軌道で落ちている。だからストレートとカットを中心にスライダーとシンカー、カーブを使って抑えている印象です。
 
やはりフォークボールは、肘にかなりの負担がかかってしまう。野球人生を考えたときに、フォークばかりに頼るよりも負担の少ない球種を使って抑える方がいいのは事実です。
 
──ただ、代名詞のフォークがなくても今の千賀投手は抑えられています。
 
飯田 彼の場合は球威あるストレートが武器です。あのストレートがあるからこそ、他の球種が生きてくる。そんなにコントロールがいい選手ではないので、バッターにとってはあの暴れる豪速球は怖いですよね。
 
──シンカー以外で、今年の千賀投手の変化はありますか?

飯田 メカニック的な変化はないように見えます。ただ、昨年はケガで1年間戦うことができずに悔しい思いをした。だから今年は1年間投げ抜いて、結果を残すと意気込んでいる。それが「ぶっちぎりでのキャリアハイ」宣言だと思います。

チームを勝たせるエースとして、責任感が出てきているように思います。それに投手陣を引っ張る存在としての自覚も出てきている。それが今年の成績に繋がっていると思います。

千賀vsヤクルト打線に注目

20220520_NPB_Hawks_SENGA

──昨年はケガの影響で出場できなかったため、千賀投手にとっては2年ぶりの交流戦となります。非常に楽しみですね。

飯田 おそらくセ・リーグの各チームは「千賀は来るな」と思っているはずです。裏ローテに当たれと考えているでしょう。今の千賀は相手チームにプレッシャーをかけられる選手です。圧倒的な成績を残してくれると期待しています。

──どの球団も千賀投手とは対戦したくない?

飯田 予告先発に千賀滉大とあれば、パ・リーグのチームでも嫌だと思います。山本由伸や佐々木朗希も同じです。

本来であれば、相手のエースに自分たちもエースをぶつけるのがセオリーですが、千賀や山本、佐々木の時にわざとエースを外すチームがあるかもしれません。相手の戦い方を変えてしまうほど、彼らの力は突出していますね。

──飯田さんが監督を務めるとして、千賀投手の攻略方法は?

飯田 ずっとファウルで粘らせます。球を前に飛ばさなくていいから、とにかく粘れと。あれだけの投手なんで、ヒットを打てても連打は難しい。ムキになって打ちにいくと、千賀の術中にはまるので、とにかく球数を投げさせます。

大体100球を超えるくらいで変わるはず。それにコントロールがよくなくて、いつでもストライクが取れるタイプの投手ではありません。粘ると四球を取れる可能性が高まる。出塁してからは、ちょろちょろして集中力をなくさせる。それくらいしないと難しい相手ですね。

──飯田さんから見て楽しみにしている、千賀投手の対戦相手は?

飯田 昨年日本一になったヤクルトですね。村上宗隆や山田哲人がいるあの打線を千賀がどう止めるか。ヤクルトはかなり粘るチームなので、ファールで逃げられると、千賀でも苦しくなる。パ・リーグは、どちらかといえば振ってくる選手が多いので、力勝負でいけます。でもセ・リーグのチームは粘って、球数を投げさせるやり方をしてくる。千賀としてはそれをさせない投球ができるかがポイントです。

インタビュー= 川嶋正隆

1986年5月9日生まれ、福岡県福岡市出身。大学卒業後に携帯サイト『超ワールドサッカー』でライター兼編集者として勤務。2018年からフリーライターとしての活動を開始し、2020年からは念願かなってDAZN NEWSでプロ野球を担当している。

関連ページ

日本生命セ・パ交流戦2022| 日程・放送・中継・配信予定|プロ野球

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース