DAZN News

東京ヤクルトスワローズがオスナの犠飛でサヨナラ勝ち、横浜DeNAベイスターズ・今永昇太が完封勝利 | セ・リーグ | プロ野球

読了時間 4分
2022-05-17-npb-swallows-aoki-osuna 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

5月17日、セ・リーグの試合が行われた。読売ジャイアンツ対広島東洋カープの試合は、巨人が3-2でサヨナラ勝ちを収めた。東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの試合は、ヤクルトが2-1でサヨナラ勝ち。首位をキープしている。中日ドラゴンズ対横浜DeNAベイスターズの試合は、DeNAが4-0で完封勝ち。連敗を3で止めた。

巨人対広島

巨人は0-2と2点ビハインドで迎えた9回、無死満塁のチャンスを作るとポランコが適時打を放ち1-2と1点差に詰め寄る。さらに中島宏之が適時打を放ちサヨナラ勝ちを収めた。先発のメルセデスは8回2失点と好投するも勝ち負けつかず。3番手の畠世周が2勝目を挙げた。

広島は2回、1死二、三塁から末包昇大が適時を放ち2点を先制。投げては先発の遠藤淳志が8回まで無失点ピッチング。しかし、9回に崩れ無死満塁のピンチを招き降板。2番手のターリーが連打を浴びサヨナラ負けとなった。

開催日 カード 予告先発 責任投手
5/17(火) 巨人
3-2 広島
メルセデス
遠藤
勝:畠
敗:遠藤
5/18(水) 巨人
広島
山﨑伊
床田
勝:
敗:
5/19(木) 巨人
広島

 
勝:
敗:

ヤクルト対阪神

ヤクルトは0-1と1点ビハインドの9回、1死一、三塁から青木宣親の適時二塁打で同点。続くオスナが犠飛を放ちサヨナラ勝ち。先発のサイスニードが7回1失点と好投。その後、清水昇と大西広樹がともに1回無失点で繋いだ。大西が今シーズン2勝目を挙げた。

阪神は5回、糸原健斗のソロ本塁打で1点を先制する。しかし追加点を奪うことができず、9回に岩崎優が2点を失いサヨナラ負けとなった。本塁打を放った糸原は、「打ったのはチェンジアップ。なかなか得点が入らない中で、何がなんでも出塁する気持ちで打席に立ちました。最高の結果になって良かったです」と喜んだ。

開催日 カード 予告先発 責任投手
5/17(火) ヤクルト
2-1 阪神
サイスニード
西勇
勝:大西
敗:岩崎
5/18(水) ヤクルト
阪神
高橋
西純
勝:
敗:
5/19(木) ヤクルト
阪神

 
勝:
敗:

中日対DeNA

DeNAは1-0で迎えた6回、牧秀悟の本塁打で1点を加え2-0。8回には牧と大和の適時打でさらに2点を加え4-0。投げては今永昇太が9回を1人で投げぬき完封勝利を収めた。DeNAは連敗を3で止めた。

中日は今永の前に1点も奪うことができず完封負け。先発の小笠原慎之介が8回4失点で今シーズン2敗目を喫した。小笠原は、「打たれた僕が悪いです」と一言で振り返った。

開催日 カード 予告先発 責任投手
5/17(火) 中日
0-4 DeNA
小笠原
今永
勝:今永
敗:小笠原
5/18(水) 中日
DeNA
松葉
ロメロ
勝:
敗:
5/19(木) 中日
DeNA

 
勝:
敗:

関連記事

3、4月度月間MVPが発表、セは大瀬良大地と岡本和真、パは佐々木朗希と西川遥輝

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース