DAZN News

【動画】埼玉西武ライオンズ・森友哉に一発 福岡ソフトバンクホークスが首位攻防戦の初戦を制す | パ・リーグ | プロ野球

読了時間 5分
2022-07-05-npb-Lions-Mori 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

7月5日、パ・リーグの試合が行われた。東北楽天ゴールデンイーグルス対福岡ソフトバンクホークスの試合は、ソフトバンクが6-2で首位攻防戦の初戦を制した。千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズの試合は、ロッテが2-1でサヨナラ勝ちを収めた。オリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズの試合は、西武が5-4で延長戦を制した。

楽天対ソフトバンク

ソフトバンクは3回、柳田悠岐と柳町達の連続適時打で4点を先制する。5回に渡邉陸が2​点本塁打を放ち6-0。投げては先発の大関友久が6回2失点で試合を作ると7回からは森唯斗、又吉克樹、モイネロと繋いで逃げ切った。大関は今シーズン6勝目をマークしている。

先制打を放った柳田は、「大関(友久)が頑張っているので何とか先制点をという思いで打席に入りました。コンパクトなスイングでしっかり捉えることができました。先制することができて良かったです」と喜んだ。

楽天は先発の則本昂大が5回6失点をと試合を作れず3敗目を喫した。打線はわずか2安打。太田光の適時打などで2点を返すのが精一杯だった。則本は、「試合を作ることができませんでした。申し訳ないです」と厳しい表情で話した。

開催日 カード 予告先発 責任投手
7/5(火) 楽天
2-6 ソフトバンク
則本
大関
勝:大関
敗:則本
7/7(木) 楽天
ソフトバンク
  勝:
敗:

ロッテ対日本ハム

ロッテは0-1と1点ビハインドで迎えた7回、佐藤都志也の本塁打で同点に追いつく。そのまま1-1の同点で迎えた延長10回、1死三塁のチャンスを作ると荻野貴司が適時打を放ちサヨナラ勝ち。4番手のゲレーロが今シーズン3勝目をマークした。

同点本塁打を放った佐藤は、「打ったのはストレートです。なんとか出塁しようと思いきって行きました。前の打席ノーアウト満塁の場面で打てなかったのでなんとかやり返してやろうと思って打席に入ったので良かったです」と喜んだ。

日本ハムは2回、野村佑希の本塁打で1点を先制する。しかし追加点を奪うことができずサヨナラ負け。先発のポンセは6回まで無失点投球だったものの7回に被弾した。

開催日 カード 予告先発 責任投手
7/5(火) ロッテ
2-1 日本ハム
本前
ポンセ
勝:ゲレーロ
敗:ロドリゲス
7/6(水) ロッテ
日本ハム
ロメロ
上原
勝:
敗:
7/7(木) ロッテ
日本ハム
  勝:
敗:

オリックス対西武

西武は0-1と1点ビハインドの7回、オグレディの本塁打などで3点を奪い逆転に成功する。その裏、同点に追いつかれるも8回に森友哉の一発で再びリードを奪う。しかしまたしても追いつかれ4-4のまま試合は延長戦へと突入。迎えた12回、愛斗がソロ本塁打を放ち勝ち越し。最後は宮川哲が締め接戦を制した。

一発を放った森は、「追いつかれた直後の先頭打者だったので、出塁を意識していました。打った瞬間、手応えはバッチリでした」と話した。

オリックスは2回、杉本裕太郎の本塁打で1点を先制する。その後、2度リードを許すも追いつく粘りを見せたが、最後はビドルが被弾した。6回3分の1を投げ3失点の内容だった先発の宮城大弥は、「先頭打者を出してしまっているイニングも多かったですし、追い込んでから打たれてしまったところもそうですが、ここという場面で初球に甘く入ってしまったことは反省しないといけませんし、投げ切れなかったことが悔しいです」とコメントした。

開催日 カード 予告先発 責任投手
7/5(火) オリックス
4-5 西武
宮城
松本
勝:本田/セ:宮川
敗:ビドル
7/6(水) オリックス
西武
ワゲスパック
平井
勝:
敗:
7/7(木) オリックス
西武
  勝:
敗:

関連記事

U-23NPB選抜メンバー発表 根尾昂や安田尚憲、清宮幸太郎らが選出

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース