DAZN News

【動画】横浜DeNAベイスターズ嶺井博希が逆転タイムリー 中日ドラゴンズはサヨナラ勝ち | セ・リーグ | プロ野球

読了時間 4分
2022-08-19-npb-Baystars-Minei 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

8月19日、セ・リーグの試合が行われた。読売ジャイアンツ対阪神タイガースの試合は、阪神が4-0で勝利し2連勝を飾った。横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの試合は、DeNAが8-3で勝利し横浜スタジアムでの連勝を15に伸ばした。中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズの試合は、中日が4-3でサヨナラ勝ちを収めた。

巨人対阪神

阪神は両チーム無得点で迎えた7回、佐藤輝明の適時打で1点を先制する。8回にも佐藤輝の適時三塁打などで3点を奪い4-0。投げては先発の西勇輝が9回完封で今シーズン9勝目を挙げた。

先制打を放った佐藤輝は、「打ったのはたぶんフォーク。途中で投手が変わったので、しっかり落ち着いて集中することができました。いいところに落ちてくれてよかったです」と話した。

巨人は山﨑伊織が7回途中1失点と好投するも打線が振るわず。3安打無得点に終わった。

開催日 カード 予告先発 責任投手
8/19(金) 巨人
0-4 阪神
山﨑伊
西勇
勝:西勇
敗:山﨑伊
8/20(土) 巨人
阪神
堀田
藤浪
勝:
敗:
8/21(日) 巨人
阪神
  勝:
敗:

中日対ヤクルト

DeNAは1-2と1点ビハインドの4回、嶺井博希の適時二塁打で3点を奪い逆転に成功する。4-3と1点差に詰め寄られた直後の6回には宮﨑敏郎のソロ本塁打で5-3。さらに8回にはソトの本塁打で8-3と突き放した。投げては先発の大貫晋一が6回途中3失点で今シーズン10勝目を挙げた。

ダメ押しの一発を放ったソトは、「スライダーを狙っていたわけではなかったですが、しっかり振り抜くことができました。1打席目が大振りになっていたので、コンパクトなスイングを心掛けていました。貴重な追加点を奪うことができうれしいです」と振り返った。

広島は0-1で迎えた4回、坂倉将吾の本塁打などで2点を奪い逆転に成功。しかし先発の玉村昇悟が粘れず、その裏に3点を失い逆転されると追いつくことができなかった。

開催日 カード 予告先発 責任投手
8/19(金) 中日
4-3 ヤクルト
大野雄
小川
勝:R.マルティネス
敗:清水
8/20(土) 中日
ヤクルト
小笠原
勝:
敗:
8/21(日) 中日
ヤクルト
  勝:
敗:

DeNA対広島

中日は1-3と2点ビハインドの6回、1死満塁のチャンスで木下拓哉が2点適時打を放ち同点に追いつく。そのまま同点のチャンスで迎えた9回、無死満塁のチャンスを作ると最後は土田龍空が適時打を放ちサヨナラ勝ちを収めた。

同点打を放った木下は、「みんなが作ってくれたチャンスでしたので、打つことができて良かったです」と喜んだ。

ヤクルトは2回、相手のミスと小川泰弘の適時二塁打で3点を先制する。しかし小川は6回途中3失点とリードを守れず降板。9回に清水昇が1点を失いサヨナラ負け。

開催日 カード 予告先発 責任投手
8/19(金) DeNA
8-3 広島
大貫
玉村
勝:大貫
敗:玉村
8/20(土) DeNA
広島
石田
遠藤
勝:
敗:
8/21(日) DeNA
広島
  勝:
敗:

関連記事

●  【インタビュー】圧倒的な投高打低のシーズン。専門家が語る投手有利となった現代野球3つの要因

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース