DAZN News

3、4月度月間MVPが発表、セは大瀬良大地と岡本和真、パは佐々木朗希と西川遥輝 | プロ野球

読了時間 3分
2022-04-10-npb-Marines-R.Sasaki 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

5月13日、日本野球機構(NPB)は3、4月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表。セ・リーグからは広島東洋カープの大瀬良大地と読売ジャイアンツの岡本和真が、パ・リーグからは千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希と東北楽天ゴールデンイーグルスの西川遥輝が選出された。

2018年5月以来、自身2度目の受賞となった大瀬良は、6試合でリーグトップタイの4勝、防御率2.25をマーク。全試合でクオリティ・スタートを達成し、2完投を記録。チームのスタートダッシュの原動力となった。

岡本和はプロ8年目で初の受賞。10本塁打、25打点はいずれもリーグトップの記録で、4試合連続本塁打を放つなど、チームを牽引した。

初受賞の佐々木朗は5試合でリーグトップタイの3勝、同トップの60奪三振、防御率1.50をマーク。4月10日にはプロ野球史上16人目となる完全試合を達成するなど、圧巻のパフォーマンスを発揮した。

今シーズンから楽天に加入した西川は、1番打者に定着し、打率.333、5本塁打、21打点、7盗塁の好成績を残した。勝負所の一発も光り、プロ12年目での初受賞となった。

大瀬良大地(広島・2度目)
[成績] 6試合 4勝1敗 投球回44 防御率2.25 奪三振34 自責点11

岡本和真(巨人・初受賞)
[成績] 28試合 打率.264 28安打 10本塁打 25打点

佐々木朗希(ロッテ・初受賞)
[成績] 5試合 3勝0敗 投球回36 防御率1.50 奪三振60 自責点6

西川遥輝(楽天・初受賞)
[成績] 23試合 打率.333 28安打 5本塁打 21打点 7盗塁

関連記事

●  埼玉西武ライオンズの増田達至が通算150セーブを達成、NPB史上18人目

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

【番組表】直近の注目コンテンツは?
【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース