DAZN News

【2022】サマーブレイク明けお馴染みのスパ・フランコルシャン&名物オー・ルージュ…第14戦ベルギーGP|開催日程・放送予定

読了時間 8分
2020-07-28 Belgium Formula 1 F1 2019 Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

2021シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響もあり、日本やシンガポール、カナダ、オーストラリアなどでの開催が断念する運びに。それでも全世界を転戦し、全22レースを消化した。

迎えた2022年は全23戦で実施される予定だったが、2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻を行ったことから、ロシアGPが開催中止に。その後代替開催を断念し、昨季と同様に全22戦で行われることが確定した。

F1第14戦ベルギーGP 概要

約1カ月のサマーブレイクを経て、シーズンが再開するF1。第14戦ベルギーGPでは、再び熱い戦いが繰り広げられるだろう。

開幕から20週間で13レースという過酷なスケジュールを消化してきたF1。シーズン序盤こそフェラーリの強さが際立っていたものの、徐々に勢いを取り戻したレッドブルが首位に立っている。サマーブレイク前最後の一戦となったハンガリーGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが10番手スタートから勝利をつかみ取り、さらにその差を広げることになった。現在、ドライバーズランキング首位のフェルスタッペンと2位シャルル・ルクレールの間には80ポイントの差があり、コンストラクターズランキングでも首位レッドブルが97ポイントもの大量リードを築いている。

レッドブルとタイトルを争うフェラーリはここまで、マシンの信頼性や戦略の問題によってライバルの後塵を拝してきた。しかし、マシンに競争力があるのは間違いがなく、ポールポジション獲得回数はフェルスタッペンが3回であるのに対し、ルクレールは最多の7回。ただ、勝利数になるとフェルスタッペンが8勝、ルクレールが3勝と、レースでの勝負強さが見られない。80ポイントという差は3回のレース全てで勝利し、かつフェルスタッペンがノーポイントに終わったとしても、挽回できない大きな差だ。もはや取りこぼしはひとつも許されない。サマーブレイクの間にフェラーリが軌道修正し、レースでの力強さを取り戻すことができたなら、再びレッドブルを脅かす存在になれるだろう。

前半戦最後の2レースでダブル入賞と復活の兆しを見せるメルセデスも、後半戦に向けて注目のチームだ。ハンガリーGPでジョージ・ラッセルは自身初、チームとしても今季初のポールポジションを獲得。7度タイトルを獲得しているルイス・ハミルトンは現在5戦連続で表彰台入りを果たしており、その輝きを取り戻しつつある。レッドブルとの差は決して小さくないが、完全復活を果たしタイトルレースを席巻する姿に期待したい。

次戦ベルギーGPの舞台は超高速のスパ・フランコルシャンだ。全長約7kmに及ぶコースは現行カレンダー最長で、名物コーナー「オー・ルージュ」では高低差約80mを高速で駆け抜ける。複数のストレートと高速・低速コーナーを備えるため、トップスピードとコーナーリング性能の間で適切なセッティングを各チームは探ることになる。

また、山間部にあるため天候が変わりやすく、この「スパ・ウェザー」がレースに影響を及ぼすことも珍しくない。このチャレンジングなサーキットを愛するドライバーは多く、フェルスタッペンはスパを「世界で一番好きなサーキット」と公言している。タイトル争いの主導権を握るフェルスタッペンは、独走に待ったをかけるべく集う刺客を振り切ることができるだろうか。サマーブレイク明けの再開初戦で勢力図に動きはあるのか。タイトルの行方を占う一戦が始まる。

レース開催日程・DAZN配信予定

第14戦:ベルギーGP

配信予定 配信内容 実況・解説

8月26日(金)21:00

フリー走行
1回目
解説:柴田久仁夫 田中健一
8月27日(土)0:00 フリー走行
2回目
解説:小倉茂徳 田中健一
8月27日(土)20:00 フリー走行
3回目
解説:小倉茂徳 実況:笹川裕昭
8月27日(土)23:00 予選
F1ゾーン:予選
解説:中野信治 田中健一

8月28日(日)22:00/配信開始21:20

決勝
F1ゾーン:決勝
解説:中野信治 実況:サッシャ
 

サーキット(スパ・フランコルシャン)

2020-07-27 Belgium Formula 1 F1 Course

1周は7.004kmで、決勝レースは44周で行われる。

ホームストレートは短いがここはDRS区間となっており、ターン1の右ヘアピンであるラ・スルスで仕掛けるケースも散見される。

そしてターン1を曲がった後、名物とも言えるオー・ルージュの坂を駆け上がっていく。その先に待ち受けるケメル・ストレートはオー・ルージュからトップスピードが持続されるうえにDRS区間でもあり、最大のオーバーテイクポイントとなる。

2000年のベルギーGPではミカ・ハッキネンが周回遅れのリカルド・ゾンタを挟みながら、ライバルのミハエル・シューマッハを抜くという離れ業を見せたことでも有名。このシーンは“F1史上最高のオーバーテイク”の一つとしていまだ語り草になっている。

セクター2からは緩やかな中速コーナーが続き、ターン15からセクター3に入り、ホームストレートへと戻っていく。トップスピードのストレート、そしてターンの多さから、速さとダウンフォースのどちらも求められるコースだけに、バランスや総合力が問われる。

そして、同サーキットは山の中にあるうえ、コース長が長いことも相まって天候が目まぐるしく変わりやすい点も見どころの一つ。通称“スパ・ウェザー”はもはや風物詩であり、レース展開に大きく影響する要素でもある。2021年はウェットの予選となり、決勝でもレース前から雨が振り続ける展開に。ディレイの後にセーフティーカー先導で周回を行うも雨が強まり、3周のみで決勝が打ち切られるという事態になった。

2021年 ベルギーGP 順位・結果

2021-08-29 Verstappen Red Bull F1 Formula 1

決勝のレース直前、スパ・フランコルシャンは雨が降るコンディションとなり、セルジオ・ペレスがレコノサンスラップ中にコントロールを失い、タイヤバリアにぶつかるというアクシデントに見舞われた。

決勝スタート時間は強い雨によりディレイとなり、25分後ろ倒しとアナウンスされ、雨が強い中フォーメーションラップが始まる。2周周回したところで、雨が強いために赤旗中断へと切り替わった。

決勝は2時間半ほどの中断を経て、現地時間18時17分より再開とアナウンスされた。レコノサンスラップ中にクラッシュしたペレスもマシン修復が間に合い、最後尾からのスタートとなる。

セーフティーカー先導でフォーメーションラップに入るもまだ雨は弱まらず。3周目の途中で再び赤旗と判断された。

そして現地時間18時45分、レースは3周目を終えた段階でレース続行不可と正式に発表される。入賞者の獲得ポイントは半分となるが、優勝はマックス・フェルスタッペン。表彰台の顔ぶれは予選の順番通り2位ジョージ・ラッセル、3位ルイス・ハミルトンとなった。

4位ダニエル・リカルド、5位セバスチャン・ベッテル、6位ピエール・ガスリー、7位エステバン・オコン、8位シャルル・ルクレール、9位ニコラス・ラティフィ、10位カルロス・サインツの順番となった。

角田裕毅は16番グリッドスタートのはずだったが、セルジオ・ペレスが最後尾に回ったため決勝15位となっている。

2021年第12戦ベルギーGP・決勝結果
1/マックス・フェルスタッペン/レッドブル/3:27.071
2/ジョージ・ラッセル/ウィリアムズ/+2.151
3/ルイス・ハミルトン/メルセデス/+3.518
4/ダニエル・リカルド/マクラーレン/+5.951
5/セバスチャン・ベッテル/アストンマーティン/+7.894
6/ピエール・ガスリー/アルファタウリ/+10.275
7/エステバン・オコン/アルピーヌ/+11.791
8/シャルル・ルクレール/フェラーリ/+12.490
9/ニコラス・ラティフィ/ウィリアムズ/+15.634
10/カルロス・サインツ/フェラーリ/+16.961
11/フェルナンド・アロンソ/アルピーヌ/+20.259
12/バルテリ・ボッタス/メルセデス/+21.946
13/アントニオ・ジョビナッツィ/アルファロメオ/+23.530
14/ランド・ノリス/マクラーレン/+26.085
15/角田裕毅/アルファタウリ/+28.781
16/ミック・シューマッハ/ハース/+30.900
17/ニキータ・マゼピン/ハース/+32.687
18/ランス・ストロール/アストンマーティン/+34.838
19/キミ・ライコネン/アルファロメオ/+36.054
20/セルジオ・ペレス/レッドブル/+38.205

関連記事

直近のDAZN番組表(F1)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


チーム・ドライバー

日程・番組表

  レース フリー走行・予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3月18日(金) ~19日(土) 3月20日(日)
第2戦 サウジアラビアGP 3月25日(金) ~26日(土) 3月27日(日)
第3戦 オーストラリアGP 4月8日(金) ~4月9日(土) 4月10日(日)
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4月22日(金) ~ 23日(土) 4月24日(日)
第5戦 マイアミGP 5月6日(木) ~7日(土) 5月8日(日)
第6戦 スペインGP 5月20日(金) ~21日(土) 5月22日(日)
第7戦 モナコGP 5月27日(金) ~ 28日(土) 5月29日(日)
第8戦 アゼルバイジャンGP 6月10日(金) ~11日(土) 6月12日(日)
第9戦 カナダGP 6月17日(金) ~ 18日(土) 6月19日(日)
第10戦 イギリスGP 7月1日(金) ~ 2日(土) 7月3日(日)
第11戦 オーストリアGP 7月8日(金) ~9日(土) 7月10日(日)
第12戦 フランスGP 7月22日(金) ~23日(土) 7月24日(日)
第13戦 ハンガリーGP 7月29日(金) ~ 30日(土) 7月31日(日)
第14戦 ベルギーGP 8月26日(金) ~ 27日(土) 8月28日(日)
第15戦 オランダGP 9月2日(金) ~3日(土) 9月4日(日)
第16戦 イタリアGP 9月9日(金) ~ 10日(土) 9月11日(日)
第17戦 シンガポールGP 9月30日(金) ~10月 1日(土) 10月2日(日)
第18戦 日本GP 10月7日(金) ~ 8日(土) 10月9日(日)
第19戦 アメリカGP 10月21日(金) ~ 22日(土) 10月23日(日)
第20戦 メキシコGP 10月28日(金) ~ 29日(土) 10月30日(日)
第21戦 サンパウロGP 11月11日(金) ~ 12日(土) 11月13日(日)
第22戦 アブダビGP 11月18日(金) ~ 19日(土) 11月20日(日)

最新ニュース