DAZN News

【移籍情報】鹿島アントラーズ、上田綺世がセルクル・ブルッヘに完全移籍「成長したいという思いから決断」 | Jリーグ

読了時間 2分
2022-0610-japan-ueda (C)Getty Images

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

鹿島アントラーズは1日、日本代表FW上田綺世がベルギーのセルクル・ブルッヘに完全移籍することで合意したことを発表した。

2019年7月に鹿島でプロデビューした上田は、2020シーズンに明治安田生命J1リーグで26試合に出場して10ゴールを記録。2021シーズンは同29試合で14ゴールを挙げるなど、着実な成長を見せた。また、2019年にデビューした日本代表では、ここまで9キャップを記録している。

23歳で初の海外挑戦が決まった上田は、鹿島の公式サイトを通じて、「世界を見渡した時に決して若いとは言えない自分が、プロサッカー選手として新しい環境に身を置き、成長したいという思いから、この決断をしました」と移籍の理由を説明し、関係者への感謝を綴った。

「シーズン途中でチームを離れることの意味は、理解しています。決めた以上、結果で示していくしかないことも分かっています。ともに戦った選手、スタッフ、ファン・サポーター、パートナー、地域の方々、すべてのアントラーズファミリーに対し、感謝の思いしかありません。勝利のために必要なプレーを追求していくという、自分が考えるフットボールの本質と向き合い、一瞬一瞬を大切にして、この先も戦っていきます。応援、ありがとうございました」

1899年に創設されたセルクル・ブルッヘは、1900年代前半に3度リーグ制覇。昇格4シーズン目となった昨季のジュピラー・プロ・リーグでは、10位でシーズンを終えている。

関連記事

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース