DAZN News

川崎F対名古屋の首位攻防2連戦、大阪ダービー…熱闘ライバルウィークとは | Jリーグ

読了時間 3分
DAZN_Jleague_2weeks_Campaign (C)J.LEAGUE/(C)DAZN

4月29日から5月16日からの18日間をDAZNは『DAZN RIVAL WEEKS(ダゾーンライバルウィークス)』と銘を打ってJリーグを盛り上げる。明治安田J1、J2、J3のカテゴリーを問わず対象試合は全19試合。『意地vs意地の2週間』と称し、全国各地を熱狂させる。

まず注目は4月29日と5月4日に組まれている川崎Fと名古屋の対決。今季の優勝争いを賑わす両チームがこの短期間で直接対決2連戦を行う。クラブ史上2度目のリーグ連覇を狙うと川崎Fと11年ぶり2度目の優勝を目指す名古屋の一戦は“2021覇権争い”。国内最高峰レベルのバトルが期待される。

その天王山に挟まれる形で行われるのが5月2日のセレッソ大阪とガンバ大阪の“大阪ダービー”だ。昨季に続き新型コロナウイルスの影響でリモートマッチになってしまったことが残念でならないが、レヴィー・クルピ監督が通算4度目の就任を果たしたC大阪のホームに、宮本恒靖監督が率いて4シーズン目となるG大阪が乗り込む。大阪で1番熱い日になることは間違いない。

5試合が組まれている“オリジナル10対決”の中で最注目カードは、Jリーグ開幕から28年目を迎える5月15日に実現する鹿島アントラーズと横浜F・マリノスのカード。Jリーグ発足時からあるチームの中でJ2降格を経験したことのない両チームが鹿島スタジアムでしのぎを削り合う。

また、同日には地域ごとのライバルがぶつかり合う“ダービー”も多く開催される。サンフレッチェ広島と徳島ヴォルティスの“中四国決戦や”大分トリニータとサガン鳥栖の“バトル・オブ・九州”、横浜FCと湘南ベルマーレの“神奈川ダービー”、ヴィッセル神戸とC大阪の“神阪ダービー”が実現する。

J2とJ3では様々なダービーが開催

J2やJ3に目を移しても熱い戦いがズラリと並ぶ。

J2では5月9日に4カードが組まれている。水戸ホーリーホックと栃木SCの“北関東ダービー”は、この両チームにザスパクサツ群馬を加えた3チームでの争い。いまやJ2名物の1つと言えるだろう。

そして、SC相模原と町田ゼルビアの“武相決戦”は互いにJFLを戦ってきてからのライバル関係で2014シーズン、2015シーズンの2年間にわたってJ3屈指の“ダービー”として盛り上がりを見せていた。その後、町田がJ2に昇格したことで空白の期間が続いたが、今季6年ぶりに実現。J2の舞台では初めての“武相決戦”となる。

J3は5月16日に2試合を実施。FC今治とカマタマーレ讃岐の“四国ダービー”、福島ユナイテッドとヴァンラーレ八戸の“東北ダービー”が開催される。地域の威厳をかけた熱く激しい戦いになるだろう。

この『ライバルウィーク』は、まだまだ日本では浸透していないが、毎年、メジャーリーグサッカー(MLS)では高い注目度を誇る。“ライバル同士の対戦”や“ダービーマッチ”を特定の期間に集中開催し、その期間限定の冠スポンサーを募るなど、普段よりも露出の機会が多くしリーグの盛り上げを図っている。

ヨーロッパや中南米と比べたら、ダービーマッチの意味合いが薄い日本においても、より地域同士やクラブ同士の“絶対に負けたくない”という意識が高まれば、いま以上の盛り上がりを見せそうだ。熱戦必至の『ライバルウィーク』から目が離せない。

2021Jリーグ関連ページ

2021 Jリーグ  ( 日程・結果 |  総合 J1 |  J2  |  J3

J1

J2

J3

Jリーグの視聴方法

DAZNでは、明治安田生命Jリーグ(J1、J2、J3)の全試合を実況・解説付きでライブ配信。それ以外にも欧州サッカー、プロ野球、F1™など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。

月額料金は1,925円 (税込)で、1ヶ月の無料体験期間がある。

登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ。
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力
  3. 登録完了後、すぐに1ヶ月無料体験がスタート

DAZN 関連記事

最新ニュース