DAZN News

日本サッカー協会の田嶋幸三会長、新型コロナウイルスの検査で陽性反応

読了時間 2分
2020_3_17_tashima (C)J.LEAGUE

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長に、新型コロナウイルス検査で陽性反応が検出された。17日に、JFAが発表した。

Jリーグは17日、都内のJFAハウスで行われた理事会後に記者会見を行う予定だった。しかし、この会見が開始直前に急遽中止に。会見場のあるJFAハウス内に新型コロナウイルスの感染、または感染者と濃厚接触した可能性のある人物がいることが判明したためとしていた。

その後、JFAは日本サッカー協会の会長を務める田嶋氏が新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表。

田嶋会長は2月28日より海外出張で、ベルファストでのIFAB年次総会に出席。続いて3月2日アムステルダムでのUEFA理事会では、2023年女子ワールド・カップ招致プレゼンテーションを行っている。また翌3日のUEFA総会には、UEFA全加盟協会の役員が出席するUEFA総会に参加。なお、3月初頭のアムステルダム、ヨーロッパでは新型コロナウイルスに対して現在程の緊張感はなく、ハグ、握手、ビズなども行っている状況だったとのことだ。

3月5日からは、アメリカに訪問しShe Believes Cupなでしこの試合を視察、翌6日は2023年女子ワールド・カップ招致活動でニューヨークを訪問。そして8日に帰国した後、何日かJFAの会議にも出席したとしている。田嶋会長が受診している文京区保健所によると、発症したのは14日で、検査結果が判明したのが17日火曜日午後とのことだ

また、3日に開催されたUEFA総会に参加した役員のうち、すでにセルビア協会会長とスイス協会会長も陽性反応が検出されていることが報じられている。なお田嶋会長は、多少の熱と肺炎の症状があるとのことだが、元気とのこと。

国際サッカー連盟理事や日本オリンピック委員会(JOC)副会長など、国内外のスポーツ団体で要職を務めており、さらなる感染の拡大が心配される。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスによって明治安田生命Jリーグや日本代表活動が中断している中、田嶋会長の感染によりどういった影響を及ぼすのかが注目される。

最新ニュース