DAZN News

「足の裏を相手に見せて危険な状態になった」。鹿島戦でのFC東京FWディエゴ・オリヴェイラの微妙な判定は意外な見解に|Jリーグジャッジリプレイ

読了時間 3分
2021_10_26_jleague_tokyo (C)J.LEAGUE


📢1ヶ月お試し無料でDAZNを視聴する📢

鹿島の攻撃シーンだ。CKから中央でDF町田浩樹が左足で合わせると、ゴール前でFWディエゴ・オリヴェイラにディフレクト。そのこぼれ球を拾おうとしたDF関川郁万とディエゴ・オリヴェイラに接触があり、両者が倒れ込むことになった。これに対して鹿島の選手たちが相手のファウルをアピール。リプレイで見ると、ディフレクトした際にディエゴ・オリヴェイラの左腕に当たっており、その後ディエゴ・オリヴェイラはクリアしようとして関川の足も蹴っているように見える。

結局二つのプレーはどちらもファウルを取られず、VARの介入もなかったが、この判定は妥当だったのかを議論した。

まず、平畠氏は「ハンドのところは鹿島がアピールするのはわかる」と主張。ただ、「今のルールでは微妙かなと。避けづらいかなと感じた」とし、ハンドに関してはノーファウルで妥当ではないかと意見を口にした。続けて平畠氏は「どちらかというと後の方がもしかしたらPKになる可能性があるかもしれないなと思いました」と語り、2つ目のプレーに関してはPK判定の可能性を主張した。

原氏は「味スタにいた桑原さんに聞いた方がいいのでは」とMCを務める桑原学氏に逆質問。これに対して桑原氏は「手に当たったのは結構動いたので当たったなというのはわかりました」と回答し、2つ目に関しては「どのくらい深く当たったのかわからなかったですね」と自身の見解を述べた。話を聞いていた原氏は「足で蹴った方はPKだと思う」と平畠氏の意見に同調した。

三者の意見を聞いた上で、審判員ゲストの奥谷氏は「ハンドに関しては不自然な位置に腕があったとも思えないし、急にボールが来て避けようとしたのでノーハンドで正しかったと思う」と主張。続けて、その後のファウルかどうか微妙な判定については関川側がポイントになると見解を述べた。

「関川選手の足裏が気になります。結果的に足の裏を相手に見せて危険な状態になったという判断をされたのではないかなと。関川選手が先にボールにコンタクトはしていますが、危険であるということでディエゴ・オリヴェイラ選手のファウルにはしなかったと思います」

この回答について原氏は「オレは反対。どっちつかずのボールだから相手に行っているのではなく、ボールの方に行って先に触っているわけだから。先に触っていなければファウルだと思うけど、僕は関川はボールの方に向かってプレーしたと思います」とし、足裏の判定は厳しいと意見を口にした。

最後に奥谷氏の見解としては関川側のファウルを取っていたと結論を下している。

今後はどんなシーンがピックアップされるのか。『Jリーグジャッジリプレイ』に注目したい。


📢1ヶ月お試し無料でDAZNを視聴する📢

Jリーグジャッジリプレイ

  • 配信:DAZN 
  • 配信日:毎週火曜日
  • MC:桑原学

DAZNの視聴方法

DAZNではスポーツのライブ

中継&見逃し配信している。サッカーをはじめ、野球やモータースポーツなど、多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。月額料金は1,925円(税込)、1ヶ月の無料体験期間がある。

DAZNの無料体験に登録する方法は簡単だ。DAZNのサイトで必要な情報を登録するだけで、すぐに視聴できる。登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ。
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力
  3. 登録完了後、すぐに1ヶ月無料体験がスタート

DAZN 関連記事

最新ニュース