DAZN News

【ミニコラム】大敗の中で聞かれた古賀太陽の頼もしき言葉。「自分がプレーで示さないと自分自身に示しがつかない」 | Jリーグ

読了時間 4分
2022_07_01_jleague_koga_taiyo ⓒJ.LEAGUE


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

大きな注目を集めた前節の横浜F・マリノス戦は、1つの言い訳もできぬほどの完敗に終わった。前半だけで3失点。勝てば勝点1差に詰め寄ることができた首位との直接対決を柏レイソルはみすみすと手放してしまった。

この結果に名将・ネルシーニョ監督は語気を強めることなく、むしろ淡々と厳しい言葉を並べた。

「ゲームの入りからロッカールームにいるような雰囲気のままピッチに入ってしまい、相手に気の緩みを突かれた。前半戦にチームとして取り組めていたことがまったく機能しなかった。戦う姿勢、選手個々のパーソナリティ、相手との駆け引き、球際でバトルする姿勢、そのすべてで精彩を欠いていた」

あえて厳しい言葉を使わせてもらうなら、“戦犯”の1人に挙げられるのが古賀太陽。今季はリーグ戦全試合でキャプテンマークを巻き先発する背番号4のパフォーマンスは本来の姿からは程遠かった。

まるでスパイクの裏に根が生えてしまったように動きが鈍く、エリア内の肝心なところでプレスに行けずシュートを許せば、売りにしているビルドアップで致命的なミスを犯し2失点目を献上。飲水タイムを挟んだ直後にはスローインから自サイドを破られ、3点目を与え、勝負を決定付けられた。

「今日の自分のプレーは酷かった。ポジショニングも1歩2歩で解決できるようなことができなかったし、(2失点目につながってしまった)何でもないパスがズレたところも含めて集中力が足りていなかった」

ただ、そんなゲーム直後のミックスゾーン。惨敗を喫したからこそ、頼もしい言葉を聞くことができたことは嬉しかった。数年前とは見違える逞しき姿と言葉がそこにはあった。

「してはいけないミスをしてしまうなど、本来チームを引っ張るべき存在にならないといけないのに逆に足を引っ張ってしまった。そこは自分の甘さに尽きると思うし、責任は感じている。だからこそ、もう1回やろうとする姿を自分が見せないといけない。そうでないと自分自身に示しがつかない」

自分が出た試合で敗れればとにかく落ち込み、失点に絡んでしまったらその場面を翌週まで引きずっていた若かりし頃の古賀はいなかった。

「いまは自分自身に矢印を向けることをすごく大事にしている。全部の試合に出させてもらっている分、プレーで示さないといけない。下を向いている時間はもったいないから、しっかりと反省はして次につなげていきたい」

今節は2位・鹿島アントラーズをホームに迎えての一戦。再び昇るか、このまま沈むか、その瀬戸際にいる太陽王をもう一度引き上げるのは古賀しかいないだろう。1週間前に味わった感情と真逆のモノを味わうべく、若きキャプテンはメラメラと闘志を燃やしている。

文・ 須賀大輔 

1991年生まれ、埼玉県出身。学生時代にサッカー専門新聞『ELGOLAZO』でアルバイトとして経験を積み、2016年からフリーライターとして活動。ELGOLAZOでは柏レイソルと横浜FCの担当記者を経て、現在はFC東京と大宮アルディージャの担当記者を務めている。

関連記事

勝点差「4」の上位対決。柏レイソル対鹿島アントラーズの見どころ | 日程・放送・配信予定 | Jリーグ

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


2022Jリーグ関連ページ

2022 Jリーグ  ( 日程・結果 |  総合 J1 |  J2  |  J3

J1

J2

J3

最新ニュース