DAZN News

【月間表彰】「個人としてもチームとしても、充実している」。川崎フロンターレ・登里享平インタビュー

2020_11_17_jleague_noborizato ©︎J.LEAGUE

思い切った仕掛けができた広島戦

ーー10月のDAZN月間ベストプレーヤーに選ばれました。10月はチームが5戦5勝の結果を残した中、気が抜けないタフなゲームが続いた印象があります。2位のセレッソ大阪との試合では先制点の起点となるパスを供給していたことが印象的です。

「セットプレーからの流れの得点でしたけど、今年はミツさん(戸田光洋コーチ)を中心にセットプレーを大事にしていて得点数も増えています。ただ、あの場面では決まりごとというか、大事な試合だったので、最終ラインに残っていたこともあってリスクマネジメントしつつ、一つのミスが命取りになることを踏まえてあそこのスペースに出そうと考えていました。得点につながってよかったですし、試合の流れを読んだというか、これまでのゲームへの慣れ、経験が生きたプレーだったと思います」

ーー今年は近年と比べて登里選手から逆サイドに展開するパスも増えていますよね。

「システム上の兼ね合いはあるとは思いますが、全体の一番遠いところを常に見ておくようにしていることで、パッと遠くを見た時に割と空いているところが見えるようになった。間接視野で相手のポジショニングをチェックしたりするところは、今年意識しているところではあります」

ーーもう一つ印象に残っているプレーとして、サンフレッチェ広島戦でのレアンドロ・ダミアン選手へのアシストは見事でした。

「高校時代や入団当初の突貫小僧と呼ばれていた時のプレーが出たと思います。ああいう形が得意でしたから。ただ、ここ最近は相手を見ることを意識していて、なかなか思い切った仕掛けができていませんでした。そんな中、今年はパワーの比重、パワーの出力を出すタイミングを意識している中で、ああいう仕掛けが出たのはすごく自信になりました。広島戦はスコアが動かない時間が長く、緊迫した展開だったので、アシストで貢献できたのは嬉しかったですね」

ーーまさに縦に突破したからこそ試合が動いた場面でしたね。

「アキ君(家長昭博)の立ち位置が良くて、相手が自分のボールを取りに来たらそのままアキ君にパスを出そうかと思っていたんですけど、先にパスコースを切ろうとする動きをしてくれたので、自分が見えていたスペースにボールを運ぶという選択をしました」

ーー登里選手は立ち位置の意識をすごく大事にされている印象があります。今年、三笘薫選手が活躍していますが、個人的には「三笘選手の活躍の裏に登里選手あり」と思っています。

「そう思っている人が一人でもいてくれたらオレは嬉しいです(笑)。薫だけでなく(長谷川)竜也や(齋藤)学もそうですけど、前の選手が1対1で仕掛けられる場面を作り出せるように動いたり、フリーランニングでコースを開けたりは考えています。最近はその結果、自分も生きるようにというのを考えていて、前を生かすことばかりではなく、使ってもらうことも踏まえながら、お互いの良さを引き出せるようにやっています。(車屋)紳太郎とも前の生かし方を話したりしていますね」

ーー今年は新型コロナウイルスの影響で難しいシーズンとなっていますが、登里選手は怪我なくプレーを続けています。自身の手応えはいかがですか?

「もちろん満足いくところだけではないですが、やはり手応えは感じています。まず目標としてタイトルがある中で、そこに貢献したいという気持ちを持ってやっていることがうまくつながっている感じがあります。個人としても充実していますし、チームとしてもいい成績を残せているので、今はいろいろな欲がどんどん出てきているところです。負けると今まで以上に悔しさが湧いてくるというか、勝ったとしても内容が悪ければチームの雰囲気的に満足していない選手が多い。勝負なので勝てば嬉しい気持ちもありますが、そういう思いがあるからこそ次の試合に向けてまた良くしていこうという意欲が出てきていると思います。個人的にもいい試合を、いいプレーをしたい気持ちがありますね」

ーー一方でいま感じている課題はありますか?

「ゴール前で欲が出過ぎて慌ててしまうので、落ち着きが欲しいですね。冷静にいこうと思ったら落ち着きすぎてゆっくりしてしまう。ミキ(山根視来)のような大胆さが必要かなと思います」

ーー山根選手が得点を取っていることは刺激になりますか?

「選手のタイプによって貢献の仕方は違うので自分のようなプレーも評価してもらえますけど、やはり自分としては数字でも評価してもらえるようにしていかないといけません。攻守において圧倒的な存在にもなりたいので、数字のところはこだわっていきたいですね」

ーーリーグ戦は優勝が目前に近づいてきています。

「優勝を決めて一回ホッとしたい気持ちも、やはりあります。ただ、それは少しのところで、毎試合毎試合楽しみなんですよね。どんなプレーができるのか、どんなゲームができるのか。不安とワクワクさがあって、自分たちに期待しているところもある。まだ残り試合がある中でプレッシャーはありますけど、今は良いムードでできていますし、自分たちにフォーカスしながらやっていければと思います」

1試合1試合、1秒1秒を大事にしながら

2020_11_9_jleague_nakamura2

ーーそんな中、先日、チームで長らくプレーしてきた中村憲剛選手が今シーズン限りでの現役引退を発表しました。改めて聞いたときはどんな気持ちでしたか?

「昨年、憲剛さんが怪我した後、復帰した時に本来の憲剛さんに戻れるのか、戻れないかで引退は決まるのかなと思っていました。ただ、復帰した後の清水戦でのプレーや練習を見ていても、戻れるというより、またパワーアップしている憲剛さんがいた。そういう感覚があったので、まだまだやるもんやと思っていました。だからこそ驚きました。FC東京戦の次の日に引退を発表するのを知っていたんですけど、そこでゴールを奪う憲剛さんを見て「すげー人やな」と思いましたし、サッカーの神に愛されているというか、そういう星の人なんだと思います」

ーー過去に自分のサッカー観に大きな影響を与えてくれたとおしゃってましたが、登里選手にとって中村選手はどんな存在ですか?

「サッカー観を知ったら知った分だけ、憲剛さんの凄さがよりわかってきました。到底近づけないような、追いつけないような領域の人やなと思います。もちろん、まだまだこれからですけど、今までもこれからも目標とする選手ということは変わらないですね」

ーー中村選手とプレーできるのは残り2ヶ月です。どんなプレーを見せていきたいですか?

「12年間一緒にいますけど、こうなったら1年目からもっと噛みしめとけばよかったなと思います。自分がフロンターレに入団した時は、ピッチ全体のプレーを考えるわけではなく個に執着していました。その中で憲剛さんに出会って、もっと早く気づけていればよかったなというのが正直な気持ちです。ただ、昔からいたから、こういう風になれたというのもあるかもしれない。そう思うと、憲剛さんと12年間、一緒にやれてこれたことがすごく自分にとって大きい。残り2ヶ月しかないですけど、盗めるだけのことを盗みたいなと思います。一つひとつのプレーを自分の頭の中に記憶しながら、今後につなげていけるようにしたいですね。それと、やはり負けて終わるような送り出し方はしたくない。これから勝つ瞬間を一緒に共有できたらいいですし、1試合1試合、1秒1秒を大事にしながらやっていきたいです」

文・インタビュー 林 遼平

埼玉県出身の1987年生まれ。東日本大震災を機に「あとで後悔するならやりたいことはやっておこう」と憧れだったロンドンへ語学留学。2012年のロンドン五輪を現地で観戦したことで、よりスポーツの奥深さにハマることになった。帰国後、フリーランスに転身。サッカー専門新聞「エルゴラッソ」の番記者を経て、現在は様々な媒体で現場の今を伝えている。

川崎フロンターレの試合日程

日時 対戦カード スタジアム 放送予定
1 2/22(土)15:03 サガン鳥栖 H 等々力 △ 0-0
2 7/4(土) 19:00 鹿島アントラーズ H 等々力 〇 2-1
3 7/8(水) 19:30 FC東京 A 味スタ 〇 4-0
4 7/11(土) 19:00 柏レイソル H 等々力 〇 3-1
5 7/18(土) 18:00 横浜FC A ニッパツ 〇 5-1
6 7/22(水) 19:30 ベガルタ仙台 A ユアスタ 〇 3-2
7 7/26(日) 19:00 湘南ベルマーレ H 等々力 〇 3-1
8 8/1(土) 19:00 ガンバ大阪 A パナスタ 〇 1-0
9 8/8(土) 19:00 大分トリニータ H 等々力 〇 2-0
10 8/15(土) 14:00 北海道コンサドーレ札幌 A 札幌ド 〇 6-1
11 8/19(水) 19:00 セレッソ大阪 H 等々力 〇 5-2
12 8/23(日) 18:00 名古屋グランパス A 豊田ス ● 0-1
13 8/29(土) 19:00 清水エスパルス H 等々力 〇 5-0
14 9/5(土) 18:00 横浜F・マリノス A 日産ス 〇 3-1
15 9/9(水) 18:30 ヴィッセル神戸 H 等々力 〇 3-2
16 9/13(日) 18:30 サンフレッチェ広島 H 等々力 〇 5-1
17 9/20(日) 19:00 浦和レッズ A 埼玉 〇 3-0
18 9/23(水) 19:00 横浜FC H 等々力 〇 3-2
19 9/27(日) 19:00 湘南ベルマーレ A BMWス 〇 1-0
20 10/3(土) 15:00 セレッソ大阪 A ヤンマー 〇 3-1
21 10/10(土) 18:00 ベガルタ仙台 H 等々力 〇 1-0
22 10/14(水) 19:00 サンフレッチェ広島 A Eスタ 〇 2-0
23 10/18(日) 19:00 名古屋グランパス H 等々力 〇 3-0
24 8/26(水) 19:00 ヴィッセル神戸 A ノエスタ △ 2-2
25 10/31(土) 18:00 FC東京 H 等々力 〇 2-1
26 11/3(火・祝) 14:00 北海道コンサドーレ札幌 H 等々力 ● 0-2
27 11/14(土) 17:00 鹿島アントラーズ A カシマ △ 1-1
28 11/21(土) 14:00 大分トリニータ A 昭和電ド DAZN
NHK大分
29 11/25(水) 18:30 ガンバ大阪 H 等々力 DAZN
30 11/18(水) 19:00 横浜F・マリノス H 等々力 DAZN
31 12/5(土) 14:00 清水エスパルス A アイスタ DAZN
NHK静岡
32 12/12(土) 14:00 サガン鳥栖 A 駅スタ DAZN
33 12/16(水) 19:00 浦和レッズ H 等々力 DAZN
34 12/19(土) 14:00 柏レイソル A 三協F柏 DAZN

2020Jリーグ関連記事

Jリーグの視聴方法

DAZNでは、明治安田生命Jリーグ(J1、J2、J3)の全試合を実況・解説付きでライブ配信。それ以外にも欧州サッカー、プロ野球、F1™など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。月額料金は1,925円(税込)、加入後は1ヶ月の無料体験期間がある。

登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力
  3. 登録完了後、すぐに1ヶ月無料体験がスタート

DAZN 関連記事

最新ニュース