DAZN News

連勝の横浜FCが自動昇格圏内をがっちりキープ。劇的勝利の大分は5位に浮上し、ホームで大敗の群馬はJ2残留に黄色信号灯る | 9月24日結果まとめ | Jリーグ

読了時間 3分
2022_09_24_yokohamafc ⓒJ.LEAGUE


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

24日、各地でJ2、J3の試合が行われた。

4試合が行われたJ2の中で一番最初にキックオフを迎えたのはザスパクサツ群馬とレノファ山口の一戦。台風の影響で降っていた雨も上がり、晴れ間がのぞく中でのゲームはアウェイの山口が主導権を握ってゲームを進める。前半のうちに池上丈二と梅木翼のゴールで2点を先行すると後半には高井和馬がハットトリック。その後、1点は返されたがアディショナルタイムに岸田和人がネットを揺らし、6ゴールの大勝を飾った。

一方で、ホームで惨敗を喫した群馬はJ2残留に向けて手痛い1敗。残り4試合も厳しい道のりが待ち受けていそうである。

その次にキックオフした東京ヴェルディとモンテディオ山形のゲームは、開始と同時に降り注いでいた雨と雷の影響で21分で中断。その後、約1時間半のブレイクを挟み、再開された。

ピッチの一部にはまだ水たまりが残っていたが、ゲームは後半に動く。セットプレーの流れで前線に残っていたCBンドカ・ボニフェイスがヘディングシュートを突き刺した東京Vが先制した。スコアに動きが出てからは徐々にオープンな展開となり、両チームのゴール前での攻防が続くが、次の1点が生まれることなくタイムアップ。東京Vが連勝を飾ったのに対し、山形はJ1参入プレーオフ争いに向けて痛い敗戦となった。

ナイトゲームでの開催となった2試合は、J1昇格を目指す2チームが勝点3を積み上げた。

ホームにヴァンフォーレ甲府を迎えた大分トリニータは、前半にペレイラのゴールで先制するも後半に入って追い付かれ、そのままアディショナルタイムに突入。3試合連続での引き分けが頭をよぎり始めた。それでも攻め続けた大分に歓喜の瞬間が訪れたのは90+5分でのラストプレー。井上健太のクロスから最後は長沢駿が押し込み、劇的な勝利を飾った。

また、自動昇格を目指す横浜FCは敵地でV・ファーレン長崎と対戦。前半にマルセロ・ヒアンのJリーグ初ゴールで先制すると、終了間際にGKスベンド・ブローダーセンが脳震盪で交代するアクシデントに見舞われたが、後半早々に主将の長谷川竜也が左足のスーパーミドルを決め、勝利を手繰り寄せた。この結果、勝点を74に伸ばし、明日に試合を控える首位のアルビレックス新潟と3位のファジアーノ岡山にプレッシャーをかけることに成功した。

2試合が行われたJ3は、下位に沈むガイナーレ鳥取が昇格争いを演じる鹿児島ユナイテッドにホームで大勝。前半に澤上竜二の2ゴールで先手を取ると、後半も攻撃の手を緩めず4点を追加。守っても無失点に抑え、6-0の完勝を収めた。もう1試合の愛媛FCと藤枝MYFCのゲームはアウェイチームが勝利。藤枝が昇格戦線に生き残った。

■9月24日開催 結果

・J2第38節
群馬 1-6 山口
東京V 1-0 山形
長崎 0-2 横浜FC
大分 2-1 甲府

・J3第26節
鳥取 6-0 鹿児島
愛媛 0-1 藤枝

関連記事

【コラム】 圧巻だった遠藤と守田のダブルボランチ。無意識レベルの補完関係がいい守備からいい攻撃を体現した | 日本代表

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?


2022Jリーグ関連ページ

2022 Jリーグ  ( 日程・結果 |  総合 J1 |  J2  |  J3

J1

J2

J3

最新ニュース