DAZN News

【動画】阪神タイガース・佐藤輝明が2試合連発、千葉ロッテマリーンズ・岩下大輝が好投 | エキシビションマッチ結果 | プロ野球

読了時間 2分
2021-06-20-npb-tigers-sato 時事通信

7月30日、各地でプロ野球エキシビションマッチが行われた。

阪神タイガース対埼玉西武ライオンズの試合は、阪神が2-0で勝利した。佐藤輝明(阪神)が2試合連続本塁打を放っている。広島東洋カープ対千葉ロッテマリーンズの試合は、ロッテが10-5で勝利した。山口航輝(ロッテ)に一発が飛び出している。

阪神対西武

阪神は2-2の同点で迎えた8回、佐藤輝明の2試合連続となる本塁打で1点を勝ち越すことに成功。そのまま逃げ切った。投げては先発の小川一平が5回無失点と好投。2番手の石井大智は1回2失点だったが、7回からは岩田稔、馬場皐輔、岩貞祐太の継投策で西武打線を封じ込めた。

西武は0-2と2点ビハインドの6回、中村剛也と山川穂高の二者連続本塁打で同点に追いつく。しかし8回、十亀剣が佐藤輝に一発を浴び勝ち越しを許した。7回途中2失点(自責1)と好投した先発の渡邉勇太朗は、「一軍の打者相手に対しては初めての先発登板でしたので、いいステップにはなったかと思います」と振り返った。

広島対ロッテ

ロッテは0-2と2点ビハインドで迎えた5回、山口航輝の本塁打などで6点を奪い逆転に成功する。8回に1点を加え、9回にも安田尚憲の適時打などで3点を奪い12安打10得点と打線が結果を出した。2番手で登板した岩下大輝が3回無失点と好投している。

広島は長野久義と坂倉将吾がそれぞれ2本の適時打を放つなど、ロッテと同じ12安打だったものの5点止まり。先発の矢崎拓也が5回6失点、2番手の高橋昂也も4回4失点とともに打ち込まれた。

プロ野球 関連ページ

2021シーズン

セ・リーグ

パ・リーグ

プロ野球の視聴方法

DAZNでは、広島東洋カープを除く11球団の主催試合を視聴できる(広島のビジター戦は視聴可能)。また、それ以外にも明治安田生命Jリーグや欧州サッカー、F1™など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。

月額料金は1,925円 (税込)、加入後1ヶ月の無料体験期間がある。

登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ。
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力
  3. 登録完了後、すぐに一ヶ月無料体験がスタート

関連記事

最新ニュース