DAZN News

延長12回を制したヤクルトが20年ぶり6度目の日本一!高津臣吾監督が神戸の空を舞う | 日本シリーズ結果 | プロ野球

読了時間 3分
2021-11-27-NPB-swallows-TAKATSU 時事通信


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

日本シリーズ第6戦のオリックス・バファローズ対東京ヤクルトスワローズは、2-1で勝利したヤクルトが20年ぶり6度目の日本一に輝いた。

オリックス対ヤクルト

決戦の地をほっともっとフィールド神戸に移して迎えた第6戦。依然として後がない戦いが続くオリックスは、初戦で好投したエースの山本由伸で逆王手を狙う。対する、日本一まで後1勝のヤクルトは、このシリーズ初先発の高梨裕稔をマウンドに送り出した。

両投手が好投するなか、迎えた5回に試合が動く。ヤクルトは2死二塁の場面で、塩見泰隆が山本の投じた初球のフォークボールを引っ張る。これが三遊間を抜けて二塁のオスナが生還し、沢村賞投手から先制点をもぎ取った。

しかしオリックスはその裏に反撃に出ると、2死二塁で福田周平が高梨の投じた6球目のフォークを拾う。これが遊撃手の頭上を超え、さらに左翼手・青木宣親の返球がそれる間に若月健矢が生還して、すぐさま同点とした。

追いついてもらった山本は、6回に今度は自身の投球で味方のエラーを帳消しにする。2つのエラーから無死一、二塁のピンチを迎えるも、サンタナをダブルプレーに仕留め、中村悠平を遊ゴロに討ち取り無失点で切り抜けた。

その山本は9回のマウンドにも上がると2死から宮本丈を遊ゴロに仕留める。打者35人に対し、141球、被安打6、11奪三振、2四死球、1失点と圧巻の投球を見せてマウンドを下りた。

対するヤクルトも、5回途中からマウンドに上がったスアレスがイニングを跨ぎ2.1回を投げて無失点。そのあとを受けた清水昇も、ランナーを溜めながらも8回、9回を無失点に抑えて、試合は延長戦へと突入した。

延長戦でもお互いに強力中継ぎ陣を注ぎ込んでスコアボードに0を並べていく。しかし12回、ヤクルトは2死から塩見が出塁し、さらに暴投により二塁に進塁。すると代打の川端慎吾が左安打を放ち、塩見が快速を飛ばして本塁生還。ヤクルトが勝ち越しに成功した。

2021-11-27-NPB-swallows-SHIOMI

ヤクルトは10回2死からマウンドに上がる守護神のマクガフが12回も続投。先頭の伏見寅威を三振に仕留める。山足達也には死球を与えるが、福田周平を中飛に打ち取ると、 最後は宗佑磨を二ゴロに仕留めてゲームセット。勝利したヤクルトが20年ぶり6度目の日本一に輝いた。

開催日 カード 予告先発 責任投手
11/20(土) オリックス
4-3 ヤクルト
山本
奥川
勝:比嘉
敗:マクガフ
11/21(日) オリックス
0-2 ヤクルト
宮城
高橋
勝:高橋
敗:宮城
11/23(火) ヤクルト
5-4 オリックス
小川
田嶋
勝:石山/セ:マクガフ
敗:吉田凌
11/24(水) ヤクルト
2-1 オリックス
石川
山﨑颯
勝:石川/セ:マクガフ
敗:増井
11/25(木) ヤクルト
5-6 オリックス

山﨑福
勝:山岡/セ:平野佳
敗:マクガフ
11/27(土) オリックス
1-2 ヤクルト
山本
高梨
勝:マクガフ
敗:吉田凌

関連ページ

●  直近のDAZN番組表(プロ野球)
直近のDAZN番組表(全般)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?


セ・リーグ

パ・リーグ

最新ニュース