DAZN News

日本生命セ・パ交流戦2020中止が決定…ペナント開幕は6月以降を目標に準備|プロ野球

読了時間 1分
2020-04-17-npb-hawks 時事通信

プロ野球の12球団代表者によるオンライン会議が17日に行われ、日本生命セ・パ交流戦 2020の中止が決定した。開幕については6月以降を目標に調整して行くとのこと。

2005年から行われているセントラルリーグとパシフィックリーグによるセ・パ交流戦。リーグ戦では実現しない球団の対戦が見られることから、ファンの間では人気のイベントとなっていた。

2020年シーズンは5月26日から6月14日にかけて1カード3試合の各チーム18試合が組まれていたが、新型コロナウイルスの影響で開幕の見通しが立っていないため、中止することが決まったようだ。なお、交流戦が中止となるのは2005年に始まっていらい初めてのこと。

また、今回の12球団代表者会議では開幕についても話し合いが行われ、両リーグともに5月中の開幕は断念し、6月以降の開幕を目指して進めていくことが決定した。

当初は3月20日にセ・パ両リーグ一斉開幕となるはずだったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月10日以降の開幕に延期した。しかしその後もウイルスの蔓延は続き、4月24日に再設定した開幕日も延期され4月下旬から5月上旬を目標に進められていた。

関連記事

最新ニュース