DAZN News

横浜DeNAベイスターズ・今永昇太が5回無失点、福岡ソフトバンクホークス・真砂勇介に一発 | エキシビションマッチ結果 | プロ野球

読了時間 2分
2021-07-07-npb-baystars-Imanaga 時事通信

7月30日、各地でプロ野球エキシビションマッチが行われた。

東北楽天ゴールデンイーグルス対横浜DeNAベイスターズの試合は、1-1の引き分けに終わった。今永昇太(DeNA)が5回1失点と好投を見せた。福岡ソフトバンクホークス対東京ヤクルトスワローズの試合は、1-1の引き分け。真砂勇介(ソフトバンク)に一発が飛び出した。

楽天対DeNA

楽天は2回、黒川史陽の適時打で1点を先制する。投げては先発の石橋良太が5回1失点と試合を作ると、そこからは4人の継投策でDeNA打線を封じ込めた。適時打を放った黒川は、「打ったのはスライダーいいピッチャーなので甘いボールがきたら一発で仕留めようと思って打席に入りました。追い込まれてから一発で仕留めることができて良かったです」と真顔で話した。

DeNAは0-1と1点ビハインドの5回、代打・伊藤光の適時打で同点に追いつく。先発の今永昇太は5回1失点と好投。6回からは三上朋也、田中健二朗、平田真吾、シャッケルフォードがそれぞれ1回無失点と好投している。適時打を放った伊藤は、「石橋投手は高校の2つ下の後輩なので、負けられない気持ちで打席に向いました」と話した。

ソフトバンク対ヤクルト

ソフトバンクは2回、真砂勇介の本塁打で1点を先制する。しかしその後は安打が生まれない。ようやく9回に2安打で2死一、二塁のチャンスを作るも中谷将大が三振に倒れ無得点に終わった。先発の東浜巨は4回無失点、被安打2、奪三振5と好投。降板後に「ストライクゾーンでしっかりと勝負出来たし、感覚的にも今日は良かった」と振り返った。

ヤクルトは0-1と1点ビハインドの6回、坂口智隆の適時打で1点を返し同点に追いつく。投手陣は先発の石川雅規が2回1失点、2番手の原樹理が4回無失点、最後は木澤尚文が3回無失点と結果を出した。

プロ野球 関連ページ

2021シーズン

セ・リーグ

パ・リーグ

プロ野球の視聴方法

DAZNでは、広島東洋カープを除く11球団の主催試合を視聴できる(広島のビジター戦は視聴可能)。また、それ以外にも明治安田生命Jリーグや欧州サッカー、F1™など多彩なスポーツコンテンツを楽しむことができる。

月額料金は1,925円 (税込)、加入後1ヶ月の無料体験期間がある。

登録方法は以下の通り:

  1. DAZN  にアクセスし、登録ページへ。
  2. 登録フォームに必要項目(氏名、メールアドレス、支払情報)を入力
  3. 登録完了後、すぐに一ヶ月無料体験がスタート

関連記事

最新ニュース