DAZN News

【サッカー日本代表】パリ五輪世代候補 注目選手メンバーリスト【DF編】

読了時間 5分
2022_5_22_u-21japan_DF (C)J.LEAGUE

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

DF

4バックをメインとする大岩ジャパンにおいて、CBの柱はA代表候補にも入ったことがある西尾隆矢(セレッソ大阪)。その相方をJ2で活躍する攻撃センスの高い馬場晴也(東京ヴェルディ)、総合力で勝負する鈴木海音(栃木SC)、空中戦に強い木村誠二(モンテディオ山形)らが狙う構図だ。

一方、SBは明確な特徴を持つ選手が多い。右のレギュラー候補は半田陸(モンテディオ山形)と成瀬竣平(ファジアーノ岡山)。前者は身体能力とリーダーシップ、後者は攻撃センスと左右に対応できる汎用性を持ち合わせる。左は畑大雅(湘南ベルマーレ)と加藤聖(V・ファーレン長崎)がポジションを争う。前者はアメリカにルーツを持つスプリンターで右サイドにも対応可能。後者は貴重なレフティーで正確なキックが魅力だ。

注目選手

西尾隆矢(セレッソ大阪)

2022_5_22_u-21japan_nishio

生年月日:2001年5月16日
今季成績:13試合0得点(5月20日時点)

3月に開催されたドバイカップではいち早く環境に適応。食事面や時差ぼけに悩まされる選手が見られた中、何事にも動じないメンタリティーを持つ西尾は「昔の遠征を思い出すような懐かしさがある」とむしろ楽しむ余裕さえ見せていた。パリ五輪世代のCB陣では唯一A代表候補に選出されており、J1クラブでレギュラーを張っている選手も彼以外にいない。そういった経験値を生かすことで、若き日本代表でもリーダーシップを発揮していきたい。

畑大雅(湘南ベルマーレ)

2022_5_22_u-21japan_hata

生年月日:2002年1月20日
今季成績:8試合0得点(5月23日時点)

「楽しみな選手だからアウェイゲームにも連れてきたんです」。入学直後かつベンチ外にも関わらずAチームに帯同した無名のサイドバックについて尋ねると、辛口で知られる市立船橋高校の恩師・朝岡隆蔵監督(現・ジェフユナイテッド千葉U-18A監督)の表情が緩んだ。高校1年生の頃からアメリカ人の祖父とボクサーの父から受け継いだスピードを評価された一方、身体と技術に関しては未熟だった。だが、努力を重ね、世代屈指のサイドバックに変貌を遂げた。プロ入り後は右サイドから左サイドに主戦場を移し、プレーの幅を広げつつある。

成瀬竣平(ファジアーノ岡山)

2022_5_22_u-21japan_naruse

生年月日:2001年1月17日
今季成績:8試合0得点(5月23日時点)

もともと2列目の選手とあって、サイドバックながらアグレッシブな攻撃が最大のストロングポイント。縦に仕掛ける強気な姿勢と高精度のクロスで相手の脅威となる。また、器用な一面も持ち合わせる。3月のドバイカップではチーム事情もあって左サイドバックで起用されると、サウジアラビアとの優勝決定戦では前日練習でもやっていなかった右サイドハーフを無難にこなした。複数ポジションをこなせるのは、大会に挑む上で大きなアドバンテージとなるはずだ。

馬場晴也(東京ヴェルディ)

2022_5_22_u-21japan_baba

生年月日:2001年10月24日
今季成績:13試合0得点(5月23日時点)

かつて屈辱を味わった試合がある。2017年のU-17W杯、久保建英(RCDマジョルカ)らと一学年上のチームに加わり第2戦のフランス戦に先発出場した馬場は、相手のエースストライカーであるアミーヌ・グイリ(OGCニース)を抑えられず、前半だけで交代を余儀なくされた。その大会以降、膝の怪我で代表から遠ざかる時期を経て、今季は開幕から安定したプレーを披露。「今は楽しんでプレーしている」と話す男が、今後のパリ世代を牽引するDFとなれるか注目だ。

半田陸(モンテディオ山形)

2022_5_22_u-21japan_handa

生年月日:2002年1月1日
今季成績:14試合0得点(5月23日時点)

小学校時代に80mハードルで山形県No.1になった経歴を持つように運動能力は天性のモノ。身長は174cmほどだが、キャプテンとして挑んだ2019年のU-17W杯でCBを任されたのも、そのためだ。あれから3年、現在のU-21日本代表ではサイドバックを任されている。主将候補でもある高速サイドバックは、新たなポジションで世界に打って出るために「ステップのベースを作る作業をしっかりやってきた」と語り、自身の現在地を確認すべく久しぶりの国際大会を見据えている。

名前 所属 生年月日
成瀬竣平 ファジアーノ岡山 2001/1/17
内野貴史 フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2001/3/7
大畑歩夢 浦和レッズ 2001/4/27
西尾隆矢 セレッソ大阪 2001/5/16
木村誠二 モンテディオ山形 2001/8/24
岡哲平 明治大学 2001/9/6
加藤聖 V・ファーレン長崎 2001/9/16
バングーナガンデ佳史扶 FC東京 2001/9/24
馬場晴也 東京ヴェルディ 2001/10/24
半田陸 モンテディオ山形 2002/1/1
畑大雅 湘南ベルマーレ 2002/1/20
大嶽拓馬 柏レイソル 2002/8/8
鈴木海音 栃木SC 2002/8/25
チェイス・アンリ VfBシュツットガルト 2004/3/24

パリ五輪世代関連記事

2022年3月7日に初のトレーニングを行った若き日本代表は、2024年に開催されるパリ五輪を目指すチームとなる。3月にはドバイカップに参加し、優勝を飾るなど、素晴らしいスタートを切ってみせた。そんなチームが6月に迎えるのがU-23アジアカップ。6月1日に開幕する大会で日本はグループDに入り、初戦でUAE、第2戦でサウジアラビア、第3戦でタジキスタンと対戦する。この大会を勝ったところで五輪の出場権が決まるわけではないが、チームを強化していく上でも重要な戦いになることは間違いない。新たな若き日本代表の奮闘に期待だ。

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース