DAZN News

ラスト2枠はMFまたはFW。大岩剛監督が今大会登録可能な23名を発表しなかったワケを明かす | AFC U23アジアカップ ウズベキスタン2022| U-21日本代表

読了時間 3分
2021_12_17_japan_oiwa (C)J.LEAGUE

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

6月1日に開幕する『AFC U23アジアカップ ウズベキスタン2022』に臨むU-21日本代表。24日にJFAから発表された大会メンバーは、今大会の最大登録可能選手の23名よりも2名少ない21名が発表されている。

同日、オンライン取材に応じた大岩剛監督は、この選考について以下のように明かしている。

「(Jリーグでは、)これから明日、週末と2試合を戦う。選手のコンディションや怪我の状況を鑑みて、残りの2人を発表させていただく形を取らせていただいている」。

今回の招集メンバーは、GKが3人、DFが8人と守備陣の頭数は足りているものの、中盤から前線にかけた選手は、MFが8名、FWが3名とやや不足気味。その点を踏まえて最後の2枠には、「中盤から前線にかけての選手をこの後、発表できればと思っている」と方針も明かしている。

また今回選ばれたMF松木玖生(FC東京)やMF松岡大起(清水エスパルス)ら21名の選考基準については、「今回のアジアカップでは最大で6試合。中2日のタフなゲームが待っているので、しっかりコンディションよくタフに戦える選手たちを選考をした」ことを強調している。

まず大岩監督は、中2日での3連戦となるグループリーグ突破を目指し、そしてその先に待つアジアの頂点に向けて「全力で優勝を目指していく」と重要な大会と位置づけている。6月3日にU-23UAE代表とのグループステージ初戦を迎える大岩ジャパン。3月に行われた『Dubai Cup U-23』を制覇している勢いのまま、この大会でも再び栄冠を掴めるか。アジアの頂点を目指す戦いが始まる。

今回発表されたメンバーは以下の通り。

ポジション 名前 所属クラブ
GK 小久保 玲央ブライアン SLベンフィカ
GK 佐々木 雅士 柏レイソル
GK 鈴木 彩艶 浦和レッズ
DF 内野 貴史 フォルトゥナ・デュッセルドルフ
DF 西尾 隆矢 セレッソ大阪
DF 加藤 聖 V・ファーレン長崎
DF 馬場 晴也 東京ヴェルディ
DF 半田 陸 モンテディオ山形
DF 畑 大雅 湘南ベルマーレ
DF 鈴木 海音 栃木SC
DF チェイス・アンリ VfBシュトゥットガルト
MF 松岡 大起 清水エスパルス
MF 斉藤 光毅 ロンメルSK
MF 小田 裕太郎 ヴィッセル神戸
MF 山本 理仁 東京ヴェルディ
MF 藤田 譲瑠チマ 横浜F・マリノス
MF 三戸 舜介 アルビレックス新潟
MF 松木 玖生 FC東京
FW 藤尾 翔太 徳島ヴォルティス
FW 細谷 真大 柏レイソル
FW 鈴木 唯人 清水エスパルス

パリ五輪世代関連記事


DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース