DAZN News

冨安健洋の連続出場が「23試合」でストップ。ふくらはぎの筋肉疲労でラツィオ戦は招集外 | ボローニャ | セリエA

読了時間 1分
2021-2-12-Takehiro Tomiyasu-Bologna (C)Getty Images

セリエA開幕からフル出場を続けていた唯一のフィールドプレーヤー、ボローニャDF冨安健洋が週末のラツィオ戦に向けた招集メンバーから外れた。25日、現地メディアはふくらはぎを痛めている様子を報じていたが、これで28日2時キックオフのアウェーゲームに正式に帯同しない運びとなった。

冨安はここまでリーグ戦23試合に出場し、2ゴールを挙げている。CB、右サイドバックで異彩を放ち、前節サッスオーロ戦では左右のサイドバックをこなすポリバレント性を発揮。イタリアでの評価を高めていたが、厳しい戦いに身を投じる中で、ふくらはぎにダメージを蓄積させていたようだ。

ラツィオ戦に向けたボローニャの招集メンバーは以下の通り。

  • GK:ダ・コスタ、ラヴァーリャ、スコルプスキ
  • DF:アナン、アントフ、ダニーロ、デ・シルヴェストリ、ダイクス、ハイロティ、エンバイェ、スマオロ
  • MF:ドミンゲス、ポーリ、スハウテン、ソリアーノ、スヴァンベリ
  • FW:バロー、ジュワラ、オルソリーニ、パラシオ、サンソーネ、スコフ・オルセン、ヴィニャート

日程結果・順位表

最新ニュース