DAZN News

【注目選手】クラブ史上最高額の男、タンギ・エンドンベレ | トッテナム | プレミアリーグ

読了時間 3分
2021-2-7-Tanguy Ndombele-Tottenham (C)Getty Images

エンドンベレはフランス生まれだが、両親はコンゴ民主共和国出身。フランスに移住し、2011年にギャンガンの下部組織に加わった。ピッチ内では実力を証明していたが、素行の問題でトップチームに昇格することができず。2014年にアミアンBへと新天地を求めることになる。

アミアンBで結果を残すと、2016-17シーズンにトップチームデビュー。1年目からリーグ戦30試合に出場し、2得点7アシストの成績を収めた。翌シーズンにはフランスの名門リヨンへとステップアップ。1年目からリーグ戦32試合に出場すると、2018-19シーズンはブレイクを果たす。チャンピオンズリーグでもマンチェスター・シティやバルセロナ相手に印象的なパフォーマンスを見せ、一気に人気銘柄となった。

すると2019年7月には、クラブ史上最高額となる移籍金6500万ポンド(約88億円)でトッテナムへと加入。だが、シーズン途中に就任したジョゼ・モウリーニョの信頼をつかめず、1年目はリーグ戦12試合の先発出場にとどまっている。

フランス代表としてはU-21でプレーしており、2018年10月に初招集。アイスランド戦でデビューを果たしている。2021年のEURO、2022年のカタール・ワールドカップでは主力に定着している可能性もありそうだ。

プレースタイル

エンドンベレは中盤の底やインサイドハーフを本職とする、“ボックストゥボックス”型の選手だ。強靭なフィジカルを生かした守備での貢献はもちろん、攻撃的なセンスの高さも見逃せない。

2018-19シーズンのリーグ・アンでは、チームトップのドリブル成功数を記録するなど、ドリブルの技術が非常に高い。シザースやキックフェイントなど足元の技術には自信を持っており、1対1でも積極的に仕掛けていく。また、パスの正確性も確かで、リヨン時代にはチーム3位のキーパス数も記録していた。

運動量も豊富で、タフなプレミアリーグでも重宝される存在。1年目は難しいシーズンとなったが、今後の活躍を期待したいところだ。

動画:プレー集

プロフィール・経歴

タンギ・エンドンベレ/Tanguy Ndombele

1996年12月18日生まれ 181cm・76kg 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2013-14 ギャンガンⅡ 0試合・0得点
2014-15 アミアンⅡ 0試合・0得点
2015-16 アミアンⅡ 18試合・1得点
2016-17 アミアン 30試合・2得点
2017-18 リヨン 32試合・0得点
2018-19 リヨン 34試合・1得点
2019-20 トッテナム 21試合・2得点
2020-21 トッテナム 20試合・3得点

※成績は国内リーグ(2021年2月10日現在)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース