DAZN News

【注目選手】チェルシーアカデミーが生んだ大器、リース・ジェイムズ | チェルシー | プレミアリーグ

読了時間 4分
2020-11-07-Reece-James-Chelsea (C)Getty Images

特徴的なドレッドへアーで右サイドを疾走する姿は、トップチーム1年目とは思えないほどの風格を漂わす。チェルシーユースが生んだ大器、リース・ジェイムズ。生え抜きニュースターのプレーに、チェルシーサポーターは心を躍らせている。

6歳の頃にチェルシー下部組織でプレーし始めたジェームズは、もともとストライカーとしてそのキャリアをスタートさせた。ユース時代に様々なポジションを経験し、これまでに現在の本職となった右サイドバックだけでなく、右ウイングやストッパーとしてもプレーしてきた。

もともと育成に定評のあるチェルシーアカデミーだが、近年はとりわけ欧州で圧倒的な強さを見せてきた。2017-18シーズンには、U-18プレミアリーグとともにFAユースカップで5連覇を達成。同シーズン、カラム・ハドソン=オドイらを擁していたチームの中で主将も務めたジェイムズは、ユース年間最優秀選手賞を受賞した。

2018年夏にチェルシーとプロ契約を交わし、2018-19シーズンにはウィガンへ武者修行へ。ここで公式戦45試合に出場し、秀逸なパフォーマンスを披露してチームの2部残留に貢献した。さらにファン、選手が選ぶ年間最優秀選手賞をダブル受賞し、年間ベストイレブンに名を連ねるなど、ジェイムズは国内でも屈指の若手との評価を得た。

ウィガンでの活躍もあってチェルシーに復帰したジェイムズだが、2019年の夏にU-20イングランド代表での試合で足首を負傷。手術により、飛躍を期していたシーズンのスタートで出遅れることになった。

しかし、チェルシーの新指揮官に就任したフランク・ランパード監督がユースからの引き上げを重要視したこともあり、9月にトップチームデビュー。グリムズビー・タウンとの一戦でいきなり1ゴール1アシストをマークし、見事に期待に応えてみせたのだ。

「シーズンが進むにつれて(負傷の影響がなくなり)良くなっていったし改善できてきた」

そう語ったジェイムズは順調に出場機会を増やし、チャンピオンズリーグ(CL)でもゴールを記録。今季の公式戦出場は既に26試合を記録している。新型コロナウイルスにより中断する直前には、プレミアリーグで4試合連続スタメン出場を果たすなど、レギュラーポジションを確保しつつあるほどとなった。

「チェルシーこそ自分がプレーしたいクラブ。そのためにハードワークしてきたんだ。自分の力は高いと常に信じてきたし、プレーチャンスを与えてくれた監督に感謝したい」

幼少期からのチェルシーファンで根っからのブルーズであるジェイムズ。さらなる飛躍に期待したい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Believe, work hard and trust the process.

Reece James (@rjames)がシェアした投稿 -

プレースタイル

大型ではないが20歳とは思えないほど筋骨隆々で、すでにプレミアリーグに対応できるフィジカルを備えている。また攻撃センスに優れ、推進力あるドリブルで自ら突破を仕掛けることも可能。ウインガーのサポートやクロス精度の高さにも定評がある。基本技術が高く、本職となっている右サイドバックだけでなく、右サイドハーフやセントラルMFとしてもプレー可能なユーティリティ性も売りの一つだ。

動画:プレー&ゴール集

プロフィール・経歴

リース・ジェイムズ/Reece James
1999年12月8日生まれ 182cm・87kg 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2018-19 ウィガン 45試合・3得点
2019-20 チェルシー 24試合・0得点
2020-21 チェルシー 17試合・1得点

※成績は国内リーグ(2021年2月10日現在)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース