DAZN News

【注目選手】新進気鋭のストライカー、ドミニック・カルヴァート=ルーウィン | エヴァートン | プレミアリーグ

読了時間 3分
2021-02-06-Dominic Calvert-Lewin-Everton (C)Getty Images

地元クラブのシェフィールド・ユナイテッドでプロデビューを果たしたカルヴァート=ルーウィンは、10代の頃に4部リーグなどへのレンタル移籍で経験を積むと、2016年の夏に推定150万ポンドでエヴァートン移籍。当時のロナルド・クーマン監督に期待される形で、移籍初年度からリーグ戦11試合と出場機会を得た。

そして、イングランドのアンダー年代でもエースストライカーとしての地位を築くと、2017年に行われたFIFA U-20ワールドカップで7試合に出場。決勝のベネズエラ代表戦では、この試合唯一のゴールで決勝弾をマークし、優勝の立役者となった。

2017-18シーズン、エヴァートンはサム・アラダイス体制となったが、カルヴァート=ルーウィンはレギュラーを確保。リーグ戦32試合で4ゴールを挙げると、マルコ・シウバ監督が就任した2018-19シーズンもリーグ戦35試合6ゴールと結果を残した。

そして、2019-20シーズンには、途中からカルロ・アンチェロッティ体制となったチームの中で不動のレギュラーとなり、リーグ戦36試合で13ゴールと3年連続でキャリアハイを更新し続ける成長ぶりを披露。イングランドのフル代表招集も近いと言われており、2020-21シーズンにさらなる飛躍が期待されている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Back at it. Back in the goals. ⚽️

Dominic Calvert-Lewin (@domcalvertlewin)がシェアした投稿 -

プレースタイル

高身長ながら足下のテクニックにも優れる万能型のストライカー。スペースを見つける能力に長けており、センターフォワードながらもサイドに流れてボールを受け、攻撃の起点をつくるプレーが得意だ。恵まれたフィジカルを活かしたポストワークとヘディングが大きな武器だが、スピードやシュートテクニックも非常に高い。一貫性が備われば、イングランドだけでなく世界でも屈指のセンターフォワードに成長していくだろう。

プロフィール・経歴

ドミニック・キャルヴァート=ルーウィン/Dominic Calvert-Lewin

1997年3月16日生まれ 187cm・71kg 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2014-15 シェフィールド・U 2試合・0得点
2014-15 スタリー・ブリッジ 5試合・6得点
2015-16 シェフィールド・U 9試合・0得点
2015-16 ノーサンプトン 20試合・5得点
2016-17 エヴァートン 11試合・1得点
2017-18 エヴァートン 32試合・4得点
2018-19 エヴァートン 35試合・6得点
2019-20 エヴァートン 36試合・11得点
2020-21 エヴァートン 20試合・13得点

※成績は国内リーグ(2021年2月13日現在)

日程結果・順位表

最新ニュース