DAZN News

【注目選手】豪快な左足と強いメンタリティーを持つリーダー、グラニト・ジャカ | アーセナル | プレミアリーグ

読了時間 5分
2021-01-02-Granit Xhaka-Arsenal (C)Getty Images

コソボからアルバニアに移民した両親の下、スイスで生まるという複雑な環境で産声を上げたグラニト・ジャカ。1つ上の兄タウラントとともにコンコルディア・バーゼル下部組織でサッカー選手としての歩みを始めると、その2年後に再び兄と共に国内強豪バーゼルへと移籍を果たす。

2010年に17歳でプロデビューを果たし、若くしてチャンピオンズリーグ出場やリーグ2連覇を経験。評価を高めると、2012年夏にボルシア・メンヒェングラートバッハへと完全移籍。ブンデスリーガにもすぐさま適応すると、在籍4年間で140試合に出場。キャプテンを任されるなど重要な存在となった後、2016年夏にアーセナルへと4500万ユーロの移籍金で引き抜かれた。

アーセナルでもすぐさま中盤の主軸となり、クラブ内の信頼を集めて2019-20シーズンにはキャプテンにも就任した。しかしチームの不振を受けてサポーターの攻撃対象となってしまい、第10節には交代の際にブーイングを浴びると、ファンを挑発。この行為でキャプテンマークをはく奪されてしまう。それから3試合はメンバー外となったが、謝罪した後に再びチームに復帰。12月に就任したミケル・アルテタ監督の下でも重要な役割を任されており、FAカップ優勝にも貢献した。ひたむきな姿勢で戦う姿はサポーターにも歓迎されている。少なかれど批判は受けることもあるが、ピッチ内外で存在感を放つリーダーの1人だ。

プレースタイル

中盤の低い位置でのプレーを好み、ゲームメイクを担う大型MF。強烈な左足は大きな武器であり、ロングパスや豪快なミドルシュートも得意だ。また185cmという身長を活かし、セットプレーでも頼りになる。アルテタ監督の下ではビルドアップ時のキーマンとなり、幅広く動きながらチームを押し上げる役割を担う。

イングランド到着直後は、スピードのなさと判断力の悪さで不用意なタックルが目立ち、退場することも少なくなかった。それでもウナイ・エメリ、アルテタの指導を受けてポジショニングと判断力が向上。依然としてカードを受けることは多いものの、2019-20シーズンは退場なしでシーズンを終えている。

またサポーターとの衝突事件からの復帰やスイス代表でのアルバニア戦など、逆境に置かれてもひたむきな姿勢で戦う強いメンタリティーを持っており、チーム内からの信頼は厚い。これまでボルシアMG、アーセナル、スイス代表と3つのチームでキャプテンを任されている。

プロフィール・経歴

グラニト・ジャカ/Granit Xhaka
1992年9月27日生まれ 185cm 利き足:左

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2010-11 バーゼル 20試合・1得点
2011-12 バーゼル 24試合・1得点
2012-13 ボルシアMG 22試合・1得点
2013-14 ボルシアMG 28試合・0得点
2014-15 ボルシアMG 30試合・2得点
2015-16 ボルシアMG 28試合・3得点
2016-17 アーセナル 32試合・2得点
2017-18 アーセナル 38試合・1得点
2018-19 アーセナル 29試合・4得点
2019-20 アーセナル 31試合・1得点
2020-21 アーセナル 19試合・1得点

※成績は国内リーグ(2021年2月9日現在)

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース