DAZN News

【注目選手】超一流の舞台に上がった日本代表アタッカー、南野拓実 | サウサンプトン | プレミアリーグ

読了時間 3分
2021-02-06-Takumi Minamno_Southampton (C)Getty Images

U-15年代からセレッソ大阪の育成組織で育った日本代表FW南野拓実は、2013年にトップチーム昇格。同年、18歳10ヶ月5日でクラブの最年少得点記録を塗り替えるなどインパクトを残し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞した。

15年1月には欧州挑戦を決意。オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクに渡り、経験を積んでいく。15-16シーズン、16-17シーズンにリーグ2年連続2桁得点をマークすると、19-20シーズンには初めてチャンピオンズリーグ(CL)の舞台へ。グループステージ第2節の前年王者リヴァプール戦で鮮烈なボレーを決め、世界中の注目を集めた。

そして、20年1月にリヴァプールに完全移籍。移籍にあたっては、DFフィルジル・ファン・ダイクら選手たちが獲得を進言したことが知られている。その後、21年2月の移籍市場最終日、シーズン末までの半年契約でサウサンプトンに期限付き移籍した。

プレースタイル

攻撃的なポジションであればどこでも起用可能な南野は、高度なドリブルテクニックとアジリティを備え、アグレッシブな姿勢で積極的にゴールを狙う。ディフェンスラインと中盤の間でボールを引き出す動きや裏への抜け出しを使い分け、両足のキックは中・長距離からも枠を捉えることができる。

また、ストライカー気質の強い南野だが、守備への貢献度も高く、90分間休まずに前線でチェイス。さらにパスで決定的なシーンを演出することも多く、トータルで勝負するアタッカーだ。

動画:プレー&ゴール集

プロフィール・経歴

南野拓実/Takumi MINAMINO
1995年1月16日生まれ 174cm・67kg 利き足:右

シーズン 所属クラブ 出場・得点
2012 セレッソ大阪 3試合・0得点
2013 セレッソ大阪 29試合・5得点
2014 セレッソ大阪 30試合・2得点
2014-15 ザルツブルク 14試合・3得点
2015-16 ザルツブルク 32試合・10得点
2016-17 ザルツブルク 21試合・11得点
2017-18 ザルツブルク 28試合・7得点
2018-19 ザルツブルク 27試合・6得点
2019-20 ザルツブルク 14試合・5得点
  リヴァプール 10試合・0得点
2020-21 リヴァプール 9試合・1得点
  サウサンプトン 2試合・1得点

※成績は国内リーグ(2021年2月18日現在)

日程結果・順位表

最新ニュース