DAZN News

首位は変わらずカネロ、ディパエンを倒した井上尚弥は4位|DAZN選定最新PFPランキング|ボクシング

読了時間 7分
dazn-mens-p4p-jan-2022-ftr Getty Images

▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

COVID-19のパンデミックに伴い、ボクシング界は長きに渡って中断を余儀なくされてきた。しかし最近では再び質の高いファイトが行なわれるなど、活気を取り戻している。

それでは、全階級を合わせた世界最強のファイターは誰だろうか? この記事では、DAZNが独自に選定したトップ10のファイターをランキング形式で紹介する。

結果を紹介する前に、DAZN選定PFPの選考方法を記しておこう。

DAZN選定PFP選考方法

通算成績:勝敗数は重要。順位を上げるためには、勝利が必要となる。

対戦相手のレベル:レベルの低い相手に30戦全勝しても意味はない。最大のライバルやチャンピオンを下してこそ勝利の価値が大きくなる。

勝利した試合のクオリティ:格好良く勝つことも印象を高める要因。格上の対戦相手を乗り越えて、大きな勝利をもぎ取るというのも重要な要素だ。

活動量:ランキングに載った選手がしばらく試合を行わなかったからといって、すぐに選手としての価値が落ちるわけではない。一方で直近の大一番で勝利を挙げた選手からの突き上げを受けるリスクがある。

DAZN選定PFP最新ランキング

1. カネロ・アルバレス(変動なし)

Canelo-Alvarez-110721-GETTY-FTR.

アンディスピューテッド王者となった偉業に伴い、現在のカネロの順位は誰もが認めるところとなっている。168ポンド(スーパーミドル級)を完全制覇した今、2022年もPFP王者に居座れるかどうかは、対戦相手に誰を選ぶかにかかっている。さらにカネロは、クルーザー級への挑戦も狙っているようだ。

2. オレクサンドル・ウシク(変動なし)

Anthony Joshua vs. Olexandr Usyk

元クルーザー級アンディスピューテッド王者のヘビー級挑戦に懐疑的な声があったのは、チャズ・ウィザスプーン戦やデレック・チゾラ戦のパフォーマンスに課題があったからだった。だが、3団体王者でかつてPFPにランクインしていたアンソニー・ジョシュアから王座を奪い、自身の力を見事なまでに証明することができた。

3. テレンス・クロフォード(変動なし)

Terence-Crawford-getty-ftr

12月度のランキングでは、第2位を誰にするかについてDAZN内で熱い議論が交わされた。クロフォードはポーター戦の内容でウシクを上回ったと主張する者もいたが、投票の結果わずかな差で3位となった。クロフォードとウシクの両者が強く臨むビッグマッチが実現すれば、この議論は重要ではなくなるだろう。それどころかアルバレスの1位の座まで賭けられることになるはずだ。

4. 井上尚弥(変動なし)

2020-12-10-Boxing-INOUE

無敗の3階級世界王者であり、現在バンタム級統一王者である井上は、12月にアラン・ディパエンを倒してトップ5を確保した。だが、「ザ・モンスター」が再び3位以内に浮上するためには、ノニト・ドネアとの統一王座をかけたリマッチや、ジョンリル・カシメロ、ギレルモ・リゴンドーのような、より知名度の高い相手とのビッグファイトをこなす必要があるだろう。

5. エロール・スペンスJr (変動なし)

ErrolSpence_0408

もう一人のウェルター級王者は、8月にレジェンドのマニー・パッキャオに勝利してランキングを上げるつもりでいただろうが、運命のいたずらに遭ってしまった。来年、クロフォードとのビッグマッチに合意すれば、どちらか一人はトップへの道を突き進むことになる。だがもう一方は大きく順位を落とすことだろう。

6. ジョシュ・テイラー(変動なし)

josh-taylor-undisputed-champion-getty-ftr

140ポンド(スーパーライト級)のアンディスピューテッド王者であるジャック・キャタロールとの指名試合は、2022年2月に延期されてしまった。将来トップ5に入る絶好のチャンスがあるとすれば、テイラーが集めたベルトを統一したもう一人の男、テレンス・クロフォードとのドリームマッチしかないだろう。

7. タイソン・フューリー(変動なし)

TysonFury post Wilder 2_2020

デオンテイ・ワイルダーとの第3戦までの過程は必要以上に既視感があったが、スリリングな乱打戦となったこの試合は20カ月のブランクを見事に埋める内容だった。「ウシク-ジョシュア2」の勝者との統一戦に勝利すれば(もしくは直接ウシクと戦って勝利すれば)、2022年にはトップ3入りに向けて攻勢をかけられるかもしれない。だが今の所は、2021年12月にテオフィモ・ロペスが順位を大きく下げたことに伴い順位を一つ上げただけにとどまっている。

8. ジョージ・カンボソスJr (変動なし)

george-kambosos-jr-matchroom-ftr

カンボソスはテオフィモ・ロペスに挑戦するまで無敗行進を続けており、強い印象を残してきた。だが、これまでビッグネームとの対戦がなかったため、トップ10入りは議論されてこなかった。しかし2021年の試合で見せた見事なパフォーマンスはライト級新統一王者にとって、自身の実力を示すのに十分だった。この一戦をもって2021年最後の更新でランキング入りを果たした。カンボソスがライト級でさらに知名度の高い選手と戦っていくことになるのであれば、2022年はこのオーストラリア人の実力が明確になる一年になるだろう。

9. ステファン・フルトンJr (変動なし)

Figueroa-FultonJr_2711

「クール・ボーイ・ステフ」は素晴らしい成果を残し、2021年をエンジョイした。1月にはアンジェロ・レオを倒してWBOスーパーバンタム級王者となり、初めてのタイトルを獲得したかと思えば、WBC王者ブランドン・フィゲロアに勝利し、王座統一を果たしたのだ。この2試合ではフィラデルフィアのファイターの敗戦を予想する者もいたが、予想に反してレオとフィゲロアの両者にキャリア初の敗戦を味わわせ、2021年末のランキング更新に伴いエリートボクサーの仲間入りを果たしたのだった。

10. ワシル・ロマチェンコ(新)

Vasiliy Lomachenko

ウクライナ人は2021年に復活を遂げ、ランキング復帰を果たした。2020年にテオフィモ・ロペスを相手に失意の敗北を喫したが、2021年6月には中谷正義にレフェリーストップ勝ちを収めると、12月にはコンテンダーのリチャード・コミーを相手に完勝を収め、自身の実力を見せつけた。ロマチェンコを確固たるPFPトップファイターであると根強く支持するファンは多い。カンボソス、デヴィン・ヘイニー、ガーボンタ・デービスのようなライバルを倒し再びライト級王座に就くことで、高い順位への復帰を狙っていくだろう。

DAZN 関連記事


DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース