DAZN News

日本代表DF板倉滉が『MARCA』によるグループ第1節のベストイレブンに選出…GK権田修一は惜しくも漏れる|日本代表

読了時間 2分
2022-11-25 Itakura Ko Japan Getty Images


▶▶▶DAZNの詳細をチェックする◀◀◀

FIFAカタール・ワールドカップのグループE、日本vsドイツでフル出場を果たした日本代表DF板倉滉。近年ドイツでプレーする同選手は、ドイツ国内でも一定の評価を得ていたが、ドイツ戦を終えてその名は世界的に知られるようになっているようだ。

スペイン語圏を幅広くカバーする大手メディア『MARCA』は、カタールW杯のグループリーグ第1節を終え、初戦のベストイレブンを公開した。その中には日本代表から唯一板倉が選出されている。そのメンバーは以下のとおり。


GK
ムハンマド・アル=オワイス(サウジアラビア)

DF
ジョルディ・アルバ(スペイン)
アンヘロ・プレシアード(エクアドル)
板倉滉(日本)
トビー・アルデルワイレルド(ベルギー)

MF
ガビ(スペイン)
アドリアン・ラビオ(フランス)
ジュード・ベリンガム(イングランド)

FW
オリヴィエ・ジルー(フランス)
リシャルリソン(ブラジル)
エネル・バレンシア(エクアドル)

なお、ベストイレブンから漏れたものの、記事ではブカ・ヨサカ(イングランド)、ダヨ・ウパメカノ(フランス)、フェラン・トーレス(スペイン)、ハッサーン・タムバクティ(サウジアラビア)、サーレム・アッ=ドーサリー(サウジアラビア)、キリアン・エンバペ(フランス)、ティボー・クルトワ(ベルギー)、権田修一(日本)も最後までベストイレブン候補にいたことを伝えている。

日本は先制点こそPKで失点してしまったものの、板倉は吉田麻也とともに強固な守備網を形成し続け、途中出場で冨安健洋が入ると3バックへとシステム変更を行い、その後もドイツ代表相手に奮闘し続け、終盤の2ゴールで試合をひっくり返した。

『MARCA』記者から見ても日本代表守備陣、とりわけ板倉の頑張りは出色の出来だと判断していた模様だ。

W杯関連情報

カタールW杯出場国情報・メンバーリスト

最新ニュース