DAZN News

DFBポカール決勝の延期が決定…6月30日までの開催目指すも先行きは不透明

読了時間 1分
dfb-pokal-logo-trophae-trophy (C)Getty Images

ドイツサッカー連盟(DFB)は、来月開催予定だったDFBポカール決勝の延期を発表した。

新型コロナウイルスの影響で、ドイツでは他国と同様に国内サッカー全日程が3月から中断していた。しかし、ブンデスリーガでは各クラブのトレーニングがスタートし、無観客試合で5月9日からの再開を目指していることが明らかとなっている。CEOのクリスティアン・ザイファート氏も「再開の準備ができている」と言及した。

だがその一方で、もう1つの国内大会は先行き不透明な状況が続いている。DFBは24日、来月23日にベルリンのオリンピアシュターディオンで開催されるはずだったDFBポカール決勝戦の延期を発表。具体的な日程は明らかにしなかったが、6月30日までの開催を目指していると複数メディアは伝えている。

DFBのフリッツ・ケラー会長は、決勝について「この特別な試合はおそらく無観客で開催しなければならない」とコメント。ベルリン州政府は、10月24日までスポーツイベントすべてを無観客にすることを義務付けており、ドイツの2019-20シーズンを締めくくる一戦は、ファンの入場が認められない可能性が高いようだ。

関連記事

最新ニュース