DAZN News

クリスタル・パレスとドロー。アーセナルDF冨安健洋は及第点の評価 | プレミアリーグ

読了時間 1分
20210913_Tomiyasu (C)Getty images


📢1ヶ月お試し無料でDAZNを視聴する📢

アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋をイギリス各紙が評価した。

アーセナルは日本時間19日、プレミアリーグ第8節でクリスタル・パレスと2-2で引き分けている。試合はアーセナルが1-2でビハインドの状態で終盤まで推移したが、後半ATにアレクサンドル・ラカゼットが同点弾をマークした。

冨安はこれで加入から5試合連続の先発出場。クリスタル・パレス戦ではフル出場し、敵陣パス数、パス成功率(79.4%)、タッチ数、デュエル数、空中戦、タックル、インターセプトの回数でチームトップの選手となった。

大きく試合に関わった冨安だが、『スカイスポーツ』では「6」とまずまずの評価。『BBC』では「5.28」と、出場14人中の9番目というやや低めの採点となった。

加入直後の称賛ムードは落ち着きつつあるものの、アーセナルの主要戦力として着実に信頼を得ている冨安。加入以来無敗を続けるチームで、さらに価値を高めていくことはできるのだろうか。

関連記事

最新ニュース