DAZN News

リヴァプールOBが南野拓実に見解「トッププレーヤーになる素質がある」 | プレミアリーグ

読了時間 1分
minamino (C)Getty Images

リヴァプールOBのマーク・ローレンス氏が、日本代表FW南野拓実についての見解を示した。『LFC TV's Preview Show』で語っている。

2020年1月にザルツブルクからリヴァプールに完全移籍加入した南野。しかし、選手層の厚さも影響して出場機会をなかなか増やすことができず。それでも、2021-22シーズンはここまで公式戦10試合で4ゴールを記録しており、徐々にプレータイムを伸ばしている。

また、南野は同僚やユルゲン・クロップ監督から、練習や準備に対する姿勢が称賛。OBのローレンス氏の目にも、ハードワークが目立って見えているようだ。

「私はこれほどまでによく走る選手を知らなかった。彼は走り回っている。1分ぐらいペースを緩めて、喋って、試合の状況を観察してもいいんじゃないかと彼に対して思う時もあるだろう」

一方で、トッププレーヤーになるポテンシャルがあると認めながらも、リヴァプールで輝きを放てるかどうかについては疑問符をつけた。

「彼にはトッププレーヤーになる素質がある。ただ、ここでそうなれるかはわからない。最悪の場合、そうなることはないとクラブが判断すれば、彼から多くの資金が得られるはずだ」

関連記事


DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース