DAZN News

セルティック旗手怜央が地元メディアから最高評価…指揮官「まだ多くのポテンシャルがある」|スコティッシュ・プレミアシップ

読了時間 2分
20221001-Celtic-Reo-Hatate (C)Getty Images

セルティックの旗手怜央のマザーウェル戦での活躍を受け、アンジェ・ポステコグルー監督は賛辞を送った。

1日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第9節でセルティックはホームでマザーウェルと対戦。旗手、古橋亨梧、前田大然が先発したこの試合、15分に古橋のゴールでセルティックが先制する。前半のうちに同点にされるも、64分に旗手がミドルシュートをネットに突き刺して、このままセルティックが2-1で勝利した。

セルティックをリーグ戦2試合ぶりの勝利に導いた旗手の活躍を受け、ポステコグルー監督は試合後に「彼は今日良かった。レオはしっかりと成長し、まだたくさんのポテンシャルを持っている」と話し、期待を続けた。

「彼のバックグラウンドをみんなに説明しようと思う。彼は22歳で大学を卒業し、プロ選手になってから3年余りだ。プロ1年目で彼が残したインパクトを見た後、これが彼のベースラインなのであれば、彼はもっと成長できると私は知っていた」

「終盤のレッドカードの状況を作り出したあのパスを彼は失望するだろう。これから彼はどうすれば良くなれるかを考えることになる。しかし、レオにはとても大きなポテンシャルがある。彼は自分に厳しく、もっと良いプレーを望んでいる。だから、これからもっとたくさんのものを見せてくれるだろう」

旗手はイギリス『スコティッシュ・デイリー・エクスプレス』の採点でチームトップとなる8点を獲得。寸評の中で「ポストに当たったシュートはとても不運だった。エリア外からの素晴らしいシュートにより、彼は称賛を手にした。しかし、ルーズなパスで(カラム)マグレガーの退場という惨事の原因になった」と評価された。

また、イギリス『BBC』では旗手をプレイヤー・オブ・ザ・マッチに選出。「ハタテは前半にポストに阻まれた素晴らしいシュートを放ち、ハーフタイム後に最終的に試合を決める見事な活躍を見せた。ファイナルサードにおいてセルティックで最も影響力のある選手だった」と称えている。

関連記事

●  元Jリーガ―が日本人選手のインパクトを称賛「才能や規律、献身性があり、日本はハードワークをする国だ」|スコティッシュ・プレミアシップ

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース