DAZN News

チャビ、デンベレ代理人に「残るならプレーすることはない」と断言か…移籍先候補にはPSGの名も

読了時間 2分
dembele-barcelona-liga-20220126 Getty Images

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が現地時間26日、FWウスマン・デンベレの代理人ムサ・シッソコ氏と話し合いの場を持ったようだ。スペイン『マルカ』電子版が報じている。

バルセロナは契約延長の意思があるとしながらも、ことごとくオファーを断ってきたデンベレとシッソコ氏に対して我慢の限界を迎えた様子で、フットボールディレクターのマテウ・アレマニー氏が「この冬の移籍市場で、できるだけ早く出て行ってもらわなければ。それが両者のためだ」と断言。それからチャビ監督は、同選手を招集外として扱うようになった。

そして26日、シッソコ氏はデンベレが実際にどういった状況に置かれているのかを知るため、チャビ監督と話し合った模様だ。『マルカ』曰く、バルセロナ指揮官はシッソコ氏からデンベレが契約延長も退団もしなければ一体どうなるのかと問われ、次のように返答したという。

「そのどちらも受け入れないとしたら、バルセロナで再びプレーすることはない」

あまりにも厳しいメッセージのように思えるが、しかしチャビ監督とシッソコ氏は、緊張感がみなぎる雰囲気の中で話し合ったわけでもないようだ。両者は最善の解決策を見つけ出すことを目的に対話を行なったようで、そのために自分たちの考えやを明確にしていったとみられる。

またシッソコ氏はチャビ監督に対して、デンベレがバルセロナに尽くす意思を変わらずに持っていることを強調したようだが、チャビ監督は深く理解している様子だったという。バルセロナ指揮官は実際的に、デンベレの練習に取り組む姿勢に対しては、これまでと変わらず大きな満足感を得ているとのことだ。

デンベレの去就について、『マルカ』は「あらゆる可能性がある」としながらも、選手側がこの冬に移籍先を探す可能性が高いとの見解を示す。同紙電子版によると、このフランス代表FWに対しては複数のクラブが獲得に興味を持っており、その中にはパリ・サンジェルマンも含まれているようだ。

関連記事

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

●  【番組表】直近の注目コンテンツは?
●  【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース