DAZN News

バルセロナ加入のオーバメヤン「スペインでのプレーは子供の頃からの夢だった」 | ラ・リーガ

読了時間 3分
aubameyang-barcelona-liga-20220203 Getty Images

バルセロナは3日、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの入団会見を開いた。

バルセロナ、もっと言えばチャビ・エルナンデス監督が熱望していた点取り屋として、同クラブに加わったオーバメヤン。会見に出席したガボン代表FWは、ラ・リーガ挑戦が夢であったことを強調している。

「ラ・リーガでプレーすることをいつだって夢見てきた。子供の頃からの夢だったんだ。バルサは世界最高のクラブの一つだし、僕の人生におけるチャンスとなる」

オーバメヤンは過去、今は亡き祖父とレアル・マドリードでプレーする約束を交わしたと発言していた。バルセロナ加入は、裏切りにならないのだろうか。

「それはスペイン・アビラ出身の家族に関する話だね。祖父はアトレティコの大ファンだった。だから、僕はいつももう一つのクラブでプレーすると言っていたんだよ。だけど、いつも言ってきたように自分にとって家族の存在は大切で、彼らは僕がラ・リーガでプレーすることを喜んでくれている。祖父も幸せに感じてくれてるんじゃないかな」

チャビ監督が率いるようになり、かつてのポゼッションフットボールを復活させつつあるバルセロナだが、オーバメヤンは適応への自信を示す。

「ここにやって来る選手は適応することが必要だ。バルサは素晴らしいフットボールを実践しているからね。でも、自分はそうできると思っている。このチームの試合を見てきたけど、素晴らしいクオリティーがあるね」

「監督と少しだけ話をしたけれど、彼は僕のことを9番と見ている。でも、もしサイドでプレーする必要があるときには、問題なくそうさせてもらうよ」

アーセナルではミケル・アルテタ監督との確執があったとされるオーバメヤンだが、そのことについて問われると、次のように返答した。

「問題があったのは彼とだけで、その後に彼が決断を下した。これ以上言うことはできないけど、僕は満足していなかった。この数カ月は難しいものだったけど、もう過ぎ去ったことだ。僕は今だけを考えたい」

オーバメヤンはまた、自身に欠けているタイトルであるチャンピオンズリーグ(CL)を、来季以降バルセロナと勝ち取る意欲も示している。

「バルサとともにCLを勝ち取る? もちろん、そうできると思っているよ。バルサは偉大なクラブだし、チャンピオンズを勝ち取らないといけない。だからこそ、僕にとってバルサにやって来たのはチャンスなんだ。再び成功をつかむため、がんばっていきたいね」

関連記事

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース