DAZN News

バレンシアで新型コロナウイルスの感染者が増加。ガライら5人が陽性反応

読了時間 2分
2020_3_16_valencia (C)Getty Images

スペインのバレンシアは15日、DFエセキエル・ガライら自クラブに所属する4人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表。いずれも深刻な状態ではなく、自宅待機をしていると明かした。

世界中で感染拡大が続く新型コロナウイルス。スペインでも日に日に感染者が増加する中、バレンシアに所属するガライがSNSを通じて自ら新型コロナウイルスに感染したことを発表し、ついにラ・リーガの選手で感染者が出たことが発覚した。

そして、それから数時間後、バレンシアはガライの他に自クラブの4人が感染したことを声明で発表。DFエリアカン・マンガラ、スペイン代表DFホセ・ルイス・ガヤ、クラブスタッフのパコ・カラマサ氏、フアン・アリアガ氏が感染したことを報告し、いずれも深刻な状態ではなく自宅で療養していると伝えた。

バレンシアは3月10日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16(決勝トーナメント1回戦)第1戦アタランタ戦を無観客で行い、練習も中止にするなど早い段階から新型コロナウイルスへの対策を進めてきた。それでも感染拡大を抑えることができず、今回感染者を出すことになってしまった。

感染者の一人となってしまったガヤは自身のSNSを更新。「SNSを活用して医療崩壊を防ぎたいと思っている。今、医療を必要としているのは高齢者であり、医療スタッフが診る必要があるのは特に深刻なケースなんだ。スペインの医療機関の全ての人たちに感謝したい。僕たちは何不自由なく過ごせているので、これを可能にしてくれた人たちを忘れることはできないね。彼らが真のヒーローだよ。一緒に勝利しよう」とメッセージを送っている。

最新ニュース