DAZN News

メッシ退団後初のクラシコにレアル・マドリードFWカリム・ベンゼマ「誰が参加しようと…」 | ラ・リーガ

読了時間 2分
20210912_Karim Benzema_Real Madrid (C)Getty Images


📢1ヶ月お試し無料でDAZNを視聴する📢

レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマが、バルセロナとの“エル・クラシコ”について語っている。『ESPN』が伝えた。

ラ・リーガ第10節を前にして消化試合の一つ多いレアル・ソシエダ(勝ち点20)に次ぐ2位につけているレアル・マドリード(勝ち点17)。続く24日のラ・リーガ第10節では、バルセロナとのクラシコが控えている。

バルセロナは勝ち点15で7位に沈んでいるが、直接対決で勝利すれば少なくともレアル・マドリードよりも上位に位置することが可能。そして、強烈なライバル関係にある両クラブの直接対決はチーム状況に関係なく重要なものとなる。

一方で、今回のクラシコはリオネル・メッシがパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍してから初の試合に。かつてはレアル・マドリードに所属したクリスティアーノ・ロナウドとのライバル関係にも注目が集まったが、現在では新時代に突入している。

ベンゼマは「僕にとっては、毎回同じようにサッカー界最高の試合であることに変わりはない。ここにいる選手も、去っていった選手も、これから入ってくる選手も関係ないんだ」と語り、以下のように続けた。

「クリスティアーノとメッシの前には、ジダンとロナウジーニョがいた。選手は替わっていくものだが、誰が参加しようとレアル・マドリーvsバルセロナは常にレアル・マドリーvsバルセロナになる」

関連記事

最新ニュース