DAZN News

ラ・リーガ、バルセロナ会長のサラリーキャップに対する不満に…「共謀などもってのほか」「一クラブだけ贔屓にするわけないだろう」

読了時間 2分
Guti-Tebas-liga-20220526 Getty Images

スペインプロリーグ機構ラ・リーガが、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長のサラリーキャップに対する不満について言及している。

ラポルタ会長は先日、「ラ・リーガによれば、6億ユーロ収入を増やしても人件費の余裕がないらしい。彼らは私たちを助けるどころか被害を加えている」「このままでは選手を獲得できない」「ラ・リーガからは助けもコンプリシダー(共謀、共犯、加担)もない」と、ラ・リーガが敷いているサラリーキャップに対しての不満を述べていた。

コンプリシダーという強い言葉も使ったラポルタ会長は、財政規則を緩和してもらうべく今後もラ・リーガと話し合う方針のようだが、ラ・リーガ側には規則を曲げる考えはなさそうだ。ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、次のように語っている。

「コンプリシダーだと? それが不当に恩恵を得ることを意味するならば、もってのほかだ」

またラ・リーガのオスカル・マージョGD(ゼネラルディレクター)も、一クラブだけ例外を認めることはできないとの見解を示した。

「ラ・リーガからはどんなコンプリシダーも行わない」

「ラ・リーガが一クラブを他クラブより贔屓にすることはないんだ。ラ・リーガは前クラブに対して対等に振る舞っていく。一つのクラブをほかよりも助ける、なんて行為をするはずがないだろう。条件はどこのクラブも同じなんだ」

関連記事

【コラム】「亡き祖父はスタジアムにいた」変わる時代、変わらないクラブ…ビルバオに見る強固なるフットボール・クラブ文化 | ラ・リーガ

DAZNについて

DAZNなら好きなスポーツをいつでも、どこでもライブ中継&見逃し配信!今すぐ下の記事をチェックしよう。

● 【番組表】直近の注目コンテンツは?
● 【お得】DAZNの料金・割引プランは?

最新ニュース