DAZN News

リオネル・メッシ、バルセロナで最後のクラシコ? ジダン監督「残って欲しい」 | ラ・リーガ

読了時間 1分
20200308_Laliga_realmadrid_zidane (C)Getty images

レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、バルセロナFWリオネル・メッシについて語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

レアル・マドリードはラ・リーガ第30節でバルセロナをホームに迎え、“エル・クラシコ”を戦う。リーグテーブルは首位・アトレティコ・マドリード(勝ち点66)、2位・バルセロナ(勝ち点65)、3位・レアル・マドリード(勝ち点63)の順となっており、タイトルを目指す上でも負けられない一戦だ。

また、バルセロナではメッシの2020-21シーズン終了後の去就が不透明になっており、これが最後のクラシコになる可能性も。そういった注目も集まっているが、前日会見でそのことについて問われたジダン監督はライバルのエースを引き留めている。

「メッシの最後のクラシコにはなってほしくない。彼にはバルセロナにいてもらおう。あそこに残ればラ・リーガにとっても良いことだ」

また、メッシは2017-18シーズンの後半以来、クラシコでネットを揺らすことはできていない。しかし、ジダン監督に警戒を緩めるつもりはないようだ

「私たちはメッシがどのような選手であるか分かっている。得点を決めていないかもしれないが、どんな選手かわかっているんだ」

ラ・リーガのタイトル争いに大きく影響するクラシコは、日本時間11日の4:00にキックオフを迎える。

日程結果・順位表

最新ニュース